見出し画像

いつもお世話になっている皆様へ 大切なご報告

ご報告


お久し振りです。CCSOBのしろです。

突然のご報告になりますが、私しろは、本日12月4日に婚姻届を提出したこと(虚偽)(脳内設定)を、スマートフォン専用アプリ「トロとパズル~どこでもいっしょ~」のトロに報告させて頂きました。

『トロとパズル~どこでもいっしょ~』 公式サイト | トロとパズル~どこでもいっしょ~

本作はスマートフォン専用のパズルゲームですが、主人公(人間)としてネコのトロに人間の言葉を教える、といったシリーズ定番の遊び方が可能です。
お陰様で弊家のトロもこんなに立派な子に育ちました!

画像3

画像4

画像5

画像6

これを機に今後とも精進して参りますので、これからも何卒ご支援の程よろしく願い致します。

ガチのご報告

書いたところで新婚さんの気分にはなれませんでした。

なんでこんなことしたのかというと、クソブラック学科から脱出したし時期も時期だしアドカレ書くか~ってなって
一応需要の調査しようかな、と思ってTwitterでアンケとったら

画像8


正直技術系の方がまだ書きやすかったんですがね…
なんとなく近況を候補に入れたけど、近況そんなに面白い事があったかと言われるとそれほど…って感じだったので、タイトル詐欺に走りました。

一応近況の報告をしておくと、どこにでもいる社会人になって半年ほどが経ちました。色々な支援があって、自分なりにやりたいことを仕事にできたかなあといった感じです。周りの方々も優しく、精神状態は学生時代と比べて大分改善の傾向にあります。

真面目なのはこの辺にして、社会人になったオタクくんの近況を紹介します。

最近なんかあった?

* 通勤途中にエンカしたネコとかハトと遊んでた
* 田舎のクッソ狭い道のど真ん中歩いてるチンパンカップルの後ろでチャリの鈴ガン鳴らしした(1年振りn回目)
* 電車かアニメの話になったら僕に振るのやめろ

以上です。

陽キャ化するためにやったこと

激辛グルメ祭りに行った

画像7

俗にフェスに分類されるもの(脳内調整)に行くことで圧倒的健常者に!

「激辛」というワードに謎の頭痛を覚えながらも、無論ソロで乗り込んだ。会場は完全食券制で、会場前の券売機に行列ができていた。

買った食券で好きな屋台の料理と交換してから、簡易的な屋根とテーブルのある食事スペースで飯を頂ける仕組みだった。水含め飲み物が軒並み200円以上で良い商売してんねぇ!って感じだった。

画像8

↑実際に現地で食べた激辛麻婆豆腐+白飯(確か800円くらい)

想定はしていたが、ファミリー&カップルしかいない…マジでソロなのぼくだけじゃないか?状態だった。まあもう慣れたけどね…と思っていると、テーブルを挟んで斜め前にいたカップルの片割れ(男)が急に話しかけてきた(マジでビビった)

男「お兄さん大丈夫っすか…?(ドン引き)」

一応食レポをしておくと、この麻婆豆腐、辛いもの好きの自分でも汗をかくレベルの辛さだった。(美味しかったけど)

ファミリー&カップルだらけの会場で、おっさんが一人で汗かきながら辛いもの貪ってるのは健常者からしたらやっぱアレだよね…ごめんね…

ぼく「ダイジョウブッスヨ(早口)」
男「それ…どんくらい辛いんすか?」
ぼく「うーん…えー…ちょっと辛めの……麻婆豆腐って感じですね(ばか)(あほ)(再帰)」
男「えぇ…(困惑)」
女「(無言でスマホ弄り)」

今思うとこの人普通にぼくのこと心配してくれたのかもしれない(ポジティブ) 

その後普通に麻婆豆腐を平らげ、いつも通りオタクタウンに寄ってから家に帰った。マジで行く必要なかったんじゃないかな(悟り)

地元のバーに行った

画像2


価格帯はカクテル系・ビール系で一杯400円弱くらい。高いお酒は高い(至言)
味はやっぱりいつも飲んでる缶チューハイより美味しい…

バーってもっと一人でしんみり飲むところかと思ってたら、意外と他のお客とかマスターとかとガンガン話すんだね…(向こうから話しかけてくれる)

年齢層は若干高めだった。30~40代がメイン層。マスターは30くらいのサーフショップにいそうな陽さんだったけど、仕事とはいえ陰キャにも優しい人だったので助かった。(ゲーム好きで、モンハンやり込み勢らしい)

地元の常連が通うタイプのバーらしく、素直に近辺住みであることを白状すると地元トークに。近所にあるけど見るからに怪しくて入ったことのないラーメン屋の話等、地味に有益な情報を得た。

詳細は省くが話しているうちに一瞬で彼女いないのがバレたので、速攻で色恋トークに発展。

お姉様(客)「ちょっと、この辺でいい人紹介してあげなよ。20くらいの娘」
マスター「〇〇ちゃんとかかな~? でも彼氏いたような…いたっけ…?」
ぼく(客)「アハハ…(小声)」

まあ今度(その娘が)来たら声かけとくわ、ぐらいの軽い調子でマスターが流して、微妙な感じになってしまった。
地元密着型のバーだとそういう出会いのきっかけもあるそうなので、気になる方は参考にしてみてね。

その後もコミュ障を発揮しつつ会話は続いたけど、ほとんどは常連さんの自己紹介だったかな…
そんな感じの話をしていると

お兄様(客)「チェックで!(財布を取り出す)」
ぼく「!?」
マスター「〇〇円ね!」
ぼく「!!?」

一瞬なんのことかわからんかったけど、お会計のこと「チェック」って言うのね…オシャレ…
会話も途切れたので、この陽空間から抜け出すには今しかねえと思ったが、抜け出すには「チェックで!(陽度100%)」とかいうオシャレワードを発声しなくてはならない。しかしこの場から今すぐ逃げたいという思いが勝って

ぼく「チェックデ…(小声)」
マスター「はい、〇〇円(確か2000円強だった)ね!」

なんとか大義を成した自分は、なんとも言えない感情とともに家に帰った…
ちなみにあれから3ヶ月位経つけど、2回目は行けてない。なんか気まずくて…

 まとめ


近況書けって言われてめちゃくちゃ困ったけど、手持ちのネタでさっと書けるやつがこれぐらいしかなかった…
技術系のことも書こうかと思ったけど、公開していいやつなのかが微妙だったのでまたの機会に。

今後またRoad to 陽キャ的な内容の記事を書くかはわからんけど、今現在誘いがかかっているのが

* 新宿二丁目
* 相席屋

である。実現させたくないけど。特に前者は怖すぎるだろ…
ただ、親しい人からの誘いだと断りづらい・付き合い上の問題があるのでその辺で苦しんでいるのが現状…

近況としてはこんな感じです。

タイトルを見て一瞬でも焦ってくれた皆様と、貴重なアドカレの1枠を老害のクソ記事に割いてくれた後輩達に感謝を。


追記:本当は婚姻届の上に指輪2個置いた画像とか貼りたかったけど、流石にそういうフリー素材がなかった…




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。