見出し画像

オンラインビジネス作りの教科書vol.2

オンラインビジネスの教科書ということで、今日は、具体的にオンラインビジネスを始めるために必要な3つのステップについてお話していきましょう。

※オンラインビジネスの教科書vol.1はこちらをご覧ください。

オンラインビジネスを始めるうえに大事になるのは、次の3つのステップ。

ステップ1.ビジネスモデルを作る

ステップ2.マーケティングフローを描く

ステップ3.集客する

では、一つひとつ詳しくみていきましょう。

ステップ1.ビジネスモデルを作る

そもそもですが、提供する商品やサービスがクソならば、どんなに頑張ってお客さんと集めてもどんなに頑張ってセールスしても売れるようにはなりません。

逆に提供している商品やサービスが素晴らしければ、集客さえできればセールスに力を入れる必要がなく、勝手に売れるようになっていきます。

マーケティングの権威であるフィリップ・コトラーの言葉にもあるように

「マーケティングとは販売を不要にすること」

そのためには、セールスに力を入れなくても、人が集まりさえすれば、

「それ欲しいです」

という商品やサービスを準備することが重要になるのです。

では、そんな商品やサービスはどうやって作ればいいのでしょうか?

それは、「常にお客さんの視点で考えること」。

商売をしているとどうしても、自分が売りたいものや利益が取れそうなものを販売しようとしがちです。

それは悪いことではないですが、自分視点だけでは売れるようにはなりません。

たとえば、コロナの影響を受けて、

「自分もオンライン講座を作ろう」

と考えるのは自分視点。

そうではなく、

「お客さんが家でもオンラインで受けることができる講座を作ろう」

こういう視点から物事を考えれるようになれば、お客さんに選ばれる商品やサービスのアイデアは勝手に湧いてきます。

ですので、常にお客さん目線に立つことを意識していきましょう。

で、お客さん目線に立つことができれば、おのずとお客さんが求めるものが理解できるようになります。

マーケティングとは顧客理解

なので、これさえわかれば、売れる商品やサービスを作ることができるようになるでしょう。

そして、お客さんがどんなものを求めているのか?

がわかれば、

・反応が取れるコンセプトの設計

・断れないオファーを作る

と、コンセプトとオファーを作りましょう。

これさえキチンと作れれば、オンラインビジネス化の8割はできたも同然です。

ですので、ここはしっかりと時間を取って、考えてみてください。

ただ、これだけでは成功するビジネスモデルとはいえません。

ビジネスを永続的に続けていくためには、しっかり利益も出さなくてはいけないからです。

どんなに売れるからといって、売れるたびに赤字になるようなビジネスモデルでは生きていくことはできませんよね?

ですので、顧客一人あたりの売上を最大化していかなくてはいけません。

一人のお客さんがどれだけお金を使ってくれたか?

というのをLTV(ライフタイムバリュー)と言いますが、このLTVが高ければ高いほど、優秀なビジネスモデル。

LTVは

単価×頻度

で出すことができるのですが、僕たちのような小さなビジネスを行うには、単価を上げることが必須です。

薄利多売のようなビジネスモデルでは集客数が必要になりますし、時間対効率はメッチャ悪くなってしまいます。

なので、単価を高くして買ってもらうこと。

これを意識するだけでグンと商売が楽になることでしょう。





この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた費用は、世の中をよくするためのお金として使わせていただきますので、ぜひ、サポートをお願いします!

スキありがとうございます!
6
累計売上8億円をクライアントにもたらしてきたマーケター|小さな会社や個人事業主の味方|大学卒業後、パチプロ▶月収11万円会社員▶情報商材屋でコピーライター▶クライアントのLTVと利益を最大化させるフリーのマーケター|それぞれが生まれ持った才能を光り輝かせる世界を目指しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。