見出し画像

ノースキルだった僕がロサンゼルスで創業するまでの物語

コンピュータサイエンス(以下CS)を学習できるプラットフォーム「Recursion」を起業するまでの経緯を僕のバックグラウンドやアメリカでの出来事と共に記事にまとめました。

まずは僕の大学生活まで遡ります。

はじめてプログラミングに触れたのは?

僕がプログラミングと初めての出会ったのは、大学1年生の時になります。僕は大学で経済学部専攻だったのですが、1年生の時にプログラミングが必修科目でこの時に初めてC言語を触りました。この当時は2013年で、大学が田舎にあったこともあり、今のようにプログラミングブームでは全くなかったことを覚えています。また「プログラマー = オタク」という固定概念があり、そもそも全く興味がなかったですし、C言語の勉強自体全く楽しく感じませんでした。シリコンバレーも名前を聞いたことがあるレベルでした。

この授業が終わってから大学卒業までこれから一切プログラミングには触れることはありませんでした。それくらい全く興味がない学問でした。

大学卒業、そして就職。

画像2

大学を卒業し、上京しメーカーに就職します。しかし、入社してからおよそ3ヶ月で「このままでは何もスキルを持っていない人材になってしまうんではないか?」という焦りから英語を勉強し始めます。(大学卒業するまでは超意識低い人間だったんですが、この頃から少しずつ変わり始めます。笑)そして、「アメリカでもっと経験積んで来よう」という安易な考えで渡米を決意し、親や友達から猛反対されましたが、わずか7-8ヶ月で新卒で入った会社を辞めてしまいます。

この頃から、外国人の友達と接する機会が多く、会話の中で「コンピュータサイエンス」という言葉を少しずつ耳にするようになりました。中身は全く理解していなかったのですが、「カリフォルニア大学」や「シンガポール国立大学」等でCSという科目が勉強できるんだなというぐらいの認識でした。

スキルゼロでアメリカへ

画像3

会社を辞めたのが12月頃、渡米したのが6月末で、準備期間があったので、英語はそこそこ話せるようになったのですが、この時点で他に何もスキルもありません。アメリカでビジネスを勉強する予定だったこともあり、「英語そこそこ話せるし、何とかなるでしょう」という今となっては信じられないほど甘い考えを持っていました。それは今まで日本で大学受験も就職も特に問題がなく通過し、日本の新卒採用文化が僕の中に根付いていたからだと言っても過言ではでしょう。

しかし、留学して数ヶ月後、僕の頭の中に思い描いていたプランは見事に壊されます。それは、僕が留学した米カリフォルニア州は特に世界中から人が集まり、競争が激しく、会計士(USCPA)以外のビジネス職では移民としてほとんど仕事を取ることができないと知ったためです。特に僕のように社会人経験が少なく、特化したスキルのない外国人の需要はありません。

アメリカは日本と違ってスキルベースで人を雇用します。したがって、たとえ英語がそこそこ話せたとしても、アメリカ人と比較するとそれは最低レベルなわけで、何か他にスキルのない移民には仕事はないわけです。この頃から、「何か英語以外のスキルを!」と学校外で「プログラミングの勉強」をオンラインで始めます。この時、最後にC言語に触れた時から約5年経過しています。笑

進まないプログラミング学習

まずはGoogleで「プログラミング 勉強方法」等ググって、記事にある通りに日本にあるサービスのいくつかの中にあるHTML、CSS試しました。コンテンツ自体はわかりやすく、サイト内で指示されたことはできるようにはなったんですが、1-2週間経てばほとんどを忘れており、結局自分で何もできるようにはなりませんでした。また同様にJavaScriptやjQueryなども試しましたが、もっと定着率は悪く、根本から何も理解できていないという状態でした。

それから英語のサービスや動画を主としたサービスにも手をつけましたが、自分にあったものは見つからず、プログラミング学習にはかなり苦戦しました。特によく分かっていないものを英語で学習するのはかなり定着率が悪かったです。

こうして完全にstuckしていた頃、Co-FounderのJeffryと出会います。この出会いが僕の人生の大きな分岐点の1つであると言っても過言ではないでしょう。

Co-Founder、Jeffryの出会い

画像4

Jeffryがたまたま日本に興味があり、アニメを見ながら日本語を勉強していたこともあり、僕たちはすぐに仲良くなりました。そんな中、ある日、Jeffryの大学での専攻がCSだったこともあり、「今プログラミングを勉強しているんだけど、どの言語を勉強した方が良いの?」と質問しました。すると、「CSを勉強すれば、言語なんて関係なくなるよ。」と返され、そこからCSがどれほど世界にインパクトを与えて、アメリカの経済成長に貢献しているかを1時間ぐらい熱弁されました。

そしてある日の会話で「日本の大学にはCSの学部がほとんどない」という事実に彼は衝撃を受けます。なぜなら彼は日本に行ったこともなければ住んだこともないため、アニメを通してしか日本の姿を見たことがないからです。彼にとって、日本はテクノロジー国家であり、そこにはCSは当然存在するものなのです。アメリカのほとんどの大学にはCS専攻が存在しており、修士や博士のカリキュラムが充実しているので、日本の現状が理解できないのはわからなくはないでしょう。1ヶ月同じことを言っても信じてくれなかったのを覚えています。

シリコンバレーと日本の差

画像5

Jeffryと出会って僕の価値観は大きく変わっていきます。恥ずかしながらそれまでは、AmazonがただのEコマースサイト、FacebookがただのSNSサイト、Teslaがただの電気自動車のようなイメージを持っていたのですが、Jeffryと会話する度に、これらの企業がバックエンドに到底真似することができない技術を持っていることを学びました。それまではシリコンバレーというと、「オフィスがオシャレ」「イノベーション」「柔軟な働き方」のようなぼんやりとしたイメージだったのですが、Jeffryと会ってからは最先端なソフトウェア技術によって常に世界をリードしている企業群という風に見方が変わりました。

ソフトウェア技術の根幹とも言えるのがCSであり、この部分が欠けているとどうしても開発力が落ちてしまうのです。シリコンバレーではCSを学習していない人材はまずエンジニアとして雇われることはほぼないと言っても過言ではありません。つまり、シリコンバレーでは常にトップレベルのソフトウェアエンジニアを世界中から雇っているため、今の現状では日本がどれだけオフィスや働き方を模倣したとしても、ソフトウェア開発で圧倒的な差がある限り、勝算は低くなってしまうわけです。

Jeffryと出会ってからこのように僕の考えは変わっていきました。「CSがソフトウェア開発に非常に重要な役割を果たしている」という事実を、日本から知ることは容易ではありません。それは、日本からアメリカのソフトウェアエンジニアにアクセスすることがほぼ不可能で、私たちには米国大学/大学院へCS専攻で留学する以外の選択肢がないからです。

また僕がアメリカで生活していてわかったのは、アメリカ人の数学力に比べて日本人の数学力がかなり高いことです。Jeffryに日本の高校数学のカリキュラムを見せるとそのレベルの高さに驚いていました。高校数学IAからIIICまでを理解していれば、問題なくCSを学習することができます。つまり、数学に関して言えば、皆さんはアメリカ人よりすでに大きくアドバンテージを取っているのです。

このような現状から、数学の得意な私たちが日本語でCSにアクセスできる環境を作りたいという感情が僕の中で少しずつ芽生えてきました。

日本におけるプログラミング学習の課題

画像6

また、プログラミング学習者を観察していると、「What you want(欲しいもの)」と「What you are getting(実際に受け取るもの)」の間に大きな差があることを感じました。

「CSを勉強したくてもアクセスできない」
「アウトプットできる環境がなくて困っている」
「アメリカ人のエンジニアから日本語で教わりたい」

上のような問題を抱えている方は僕を含め、日本に一定数存在します。これらの課題を解決するために、Jeffryと「Recursion」を立ち上げることを決意しました。「Recursion」とはプログラミングにおいて「再帰」「繰り返す」という意味を持っています。アウトプットの学習を繰り返すことで、高い定着力を実現したいという思いで2人で命名しました。

ソフトウェアエンジニアになるために必要な知識をJeffryが提供し、またUX/UIについては僕がユーザーとして使いたいように作成しました。Recursionは「会社員として働きながらリスクを一切取らず、皆で楽しくCSを勉強できる」「アメリカで最も評価が高いスキルの1つを日本語で学習できる」「日本語ができるアメリカ人ソフトウェアエンジニアから教わることができる」プラットフォームです。

現状、日本にいながらアメリカのソフトウェアエンジニアにアクセスすることは容易ではありません。留学したとしても簡単なことではないでしょう。日本で友達をたくさん作るのが難しいように、アメリカに留学しても、アメリカ人の中でコネクションを増やすのは至難の技だからです。しかし幸運なことに、Jeffryは比較的若い頃からプログラミングを始めており、CSに関する多くの書籍を読んできました。大学はCS専攻で、本格的なCSの経験が10年ほどあります。加えて、Jeffryは日本語の読み書きができるので、日本人とコミュニケーションすることができます。

また、私たちは米カリフォルニア州に在住していることから、GAFAやNASAで働くソフトウェアエンジニアや米国大学教授に容易にアクセスすることができます。Recursionは日本人がCSを学ぶのにかなり適した環境を提供できると言えます。

こうして、僕とJeffryが手を取り合って、2020年8月7日にサービスを正式ローンチしました。

Recursionとは

スクリーンショット 2020-09-18 午後4.45.49

Recursionは「世界で通用するエンジニア」を理念とした、コンピュータサイエンスをアウトプットによって学習できるプラットフォームです。米カリフォルニア州のソフトエンジニアが、MITやスタンフォード大学などを始めとする米国大学に沿った、オリジナルのカリキュラムを作成しており、ゼロからエンジニアスキルを身につけることができます。Recursionは短期的な教育ではなく、米国大学で学習するような長期的な学習で、開発力の高いソフトウェアエンジニアになるためのノウハウを提供しています。

https://recursionist.io/

最新のアップデート

Recursionは新しいコンテンツや問題をアップデートを毎週行っており、現在は以下のコンテンツを持っています。

- 初級(データ/プリミティブ型/変数/関数)
- 中級(関数の抽象化/再帰/制御フロー/スコープ/オブジェクト/リスト)
- 上級(データ構造入門/木構造)
- コーディング問題200問
-  プロジェクト5個

つい最近、Jeffryの友人であるBrianというソフトウェアエンジニアがチームに加わりました。大学ではCS専攻で、今は大学院でA.I.の研究を行っており、過去には教授と一緒にCSを教えていた経験もあります。

また、今後ある特定のトピック(Machine LearningやReact.js、Vue.js等)に対しては、クオリティを保証するため、それ専用のプロフェッショナルエンジニアや大学教授にコンテンツを執筆してもらう予定です。

また、今月からコミュニティで定期的にLive-Streamingでコーディングを行うことで、ユーザーが抱えている問題を解決し、Recursionユーザー全体として成長していくことを目標にしています。

最後に・・

Recursionはまだまだ認知度が低く、集客に苦戦しています。もし僕らのビジョンに共感して頂ける方がいれば、この記事をシェアして頂けると大変助かります。

長文でしたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
293
アメリカで得た気づきを書いていきます

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18921本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (4)
プログラマとして働いていますが、素敵な記事だと思いました!
ぜひ、記事シェアしたいと思います~~
同業者に勧めたい!!
@Ryuuu
コメントありがとうございます! そう言って頂けて非常に嬉しいです。ユーザーをhappyにできるようなサービスを目指して頑張ります :)
サイト見てちょっと気になった事がありました。
スマホで見ると、トップページや登録フォームからプライバシーへアクセスできません。あと、運営者情報が無かったのと、画面上の文字率の多さから面倒くさそう、難しそうな印象を受けました。
@taos
ご指摘いただき、大変ありがとうございます。皆様に信頼していただけるサービスにするべく、これからも改善を続けてまいります。今後とも宜しくお願い申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。