見出し画像

[Learning English]方針改め

あれやこれやとやっているうちに秋になりました。

秋は一瞬ですぎます。今年に入ってから時間が一瞬で過ぎており

時間の使い方を考え直しているshinonです。



最近の英語学習について記録します。

私はAEONで英会話を習っており、現在GEAR UPというレベルに達し

現在は後半戦に入りました。


ところで皆さんは、

英会話のレベル感についてどういうイメージがありますか?


もしかしたら半数くらいの方は

「日常英会話」→「ビジネス英会話」

みたいなイメージが多いのではないでしょうか。


私は無意識に

中級までが日常英会話、上級がビジネスでも使える英会話

となんとなく考えていました。


でも考えたら、必ずしもそうとは限らないんですよね。

高校英語でも会話はできるし、

ルールさえ知ればメールだってやりとりできます。



再掲載しますが、私はこの数ヶ月で以下のレベルの英会話を学んでいます。

TAKE OFF -> TOEIC400-450以上
 Ex:未来を表現する文(will)、時を表す語句(beginning of〜)など

GEAR UP -> TOEIC450-500以上
 Ex:助動詞(could,shouldなど)、経験を表す現在完了形など

この後、その上のレベル(Breakthrough、CHECKPOINT...)に進む予定でしたが…


方針を改めて、文法等の英語レベルでは同程度の、ビジネス英会話用のコースを始めることにしました!


AEONでは定期的にカウンセリングをしてくださるのですが、

私の目的やペース、そして現在の進捗状況から

今まで担当してくださった外人の先生にアドバイスをいただきました。


TOEIC500〜くらいのレベル感の文法を定着させつつ、本来一つの目的であった実践的なビジネスで利用する英会話力をなるべく早く身につけ始め、少しでも自信に繋げたいなと思っています。



また、TOEIC対策はこちらを進めています!

https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep/lr_ud_05.html


なんだかんだこのシリーズが最も効率的に進められるのと、

公式で出している本で対策していることで安心感が生まれます。笑


気をつけているのは、解く時は必ず

・マークシートを本番と同様に印刷したマークシートを用意

・自身で決めている大門ごとの時間内で解く

といった点です。先生にも教えていただきました。


私はCBT形式でない”The 試験”では

雰囲気が苦手だったりもするので、こういった対策が有効だなと感じます。




最後に単語力。

夏に投稿した、毎週行なっている英単語テストのおかげか、

長文問題で出てくる基本動詞ボキャビルわからん問題は減ってきました。

でも、正直まだまだだなと感じます。

専門用語は分からなくても仕方ないと感じますが、TOEIC頻出のビジネス系の言い回しや単語、リスニングで出てくるシンプルな熟語が時折つまづきます。

しかも熟語って、単語が簡単なワードで構成されているので

わからないことにちょっとむかつきます。笑




…今までだったら、読み書きだけの英語学習は挫折してましたが

今は毎週の楽しい英会話タイムがあります。

正直なところ、あの50分は大事なリフレッシュタイムにもなっています。



気持ちで負けることなく、現状維持で学習を継続していきます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
YUMEMI Inc.のインフラエンジニア。 働き方、組織の考え方に強く共感し、2019年7月から株式会社ゆめみでAWSインフラ業務を勤める。

こちらでもピックアップされています

アウトプット
アウトプット
  • 644本

ゆめみの【勉強し放題制度】を活用したアウトプット、その他に、メンバーが自分自身で学んだことをまとめています。 ゆめみの独自制度である「勉強し放題制度」は、あらゆる学習費用を100%会社が負担します。書籍、社外セミナー、実験機材、認定資格の受験など、成長のためのコストは会社が全て負担。また、業務時間の10%は自由な活動に使うことができます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。