Swift Days Fukuoka に参加した備忘録

皆さまご無沙汰しております。しんじです!

この2ヶ月間swift学習から離れておりましたが、また1月度から学習を再開していきたいと思います!

画像4

今回、1月25日にLINE福岡で開催されたHAKATA.swiftとswift愛好会の勉強会および懇親会に参加させていただきました。このイベントはSwiftに何らかの関係があるエンジニアが全国から福岡に一斉に集まって情報共有をするイベントで当日は40名近くの方が集まっておりました。

画像5

今回は2部構成となっており、昼の部では勉強会および談議枠登壇、夜は懇親会という内容でした。

お昼の勉強会から参加させていただいたのですが、さすが現役エンジニアの方達の発表会ともあって談議内容に関しては5%も内容がわかりませんでした!笑

画像6

しかし、今回のメインは懇親会で現役swiftエンジニアの方達と交流させていただくことだったため、全く問題なし!

懇親会では現役エンジニアの方達に、様々な話を聞くことができ大変有意義な時間を過ごすことができました!

画像1

今回の会での収穫としては

・現役のエンジニアの方に現場の生の声を聞けた

・ツイッターをフォローさせていただいたりと多少なりとも繋がりを広げることができた

ことです!

画像2

やはり現役エンジニアの方はObjective-Cから経験を積み、Swiftに転向された方が多かった印象でした。しかし、中にはSE→Swiftエンジニアにいきなり転向された方や、現在はフリーランスで案件をとられている方などエンジニアへのキャリアプランは色んなパターンがありどれが正解かは特にないのだなと感じました。

画像3

印象的だったのが僕が自己紹介をする時に「30歳未経験からエンジニアを目指してるんですけど…」というとどのエンジニアの方も「エンジニアになるのに年齢は関係ないよ」と口々に言っていただけたことです。

まあこれにはもちろん「継続した学習とある程度の基礎や自走力」が含まれていることが大前提であるとは思いますが、それでもこれを聞いて大きなモチベーションアップになりましたし、いつからでも勉強を始めることは遅くないし無駄にはならないと強く感じることができました。

今回の勉強会に参加したことで、現場で使われている最新の技術に触れることができ、今勉強していることが未来に繋がっている実感が湧きエンジニアになる未来をより鮮明にイメージすることができました。「私なんかが勉強会に参加していいのかな?」と参加を迷われている方はぜひ勇気を持って参加されてみてください!皆さん暖かく迎えいれてくれますよ!次は3月にSwiftUIの勉強会があるみたいで、そちらも参加のお誘いをいただけたので参加してみようと思います!

今後も持ち前のポジティブさを武器にエンジニア転職に向けて学習を頑張っていきたいと思います!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
プログラマーへの転職を目指すアラサー営業マンです。主にSwiftを学習中。IT業界の方、プログラマーを目指している方、現役プログラマーの方がいれば繋がりたいです、よろしくお願いします!無言フォロー大歓迎です、無言フォロー失礼します。カレーと犬が好き🐕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。