見出し画像

真夜中の中のほう

すべて朽ちろ
記憶のなかの甘い妄想だけのこして、
自分自身で歪めた人生と連動するように。
発した言葉の大半は本音や本質なんかじゃなく
どこかで借りてきた半端な仕立ての毛布みたいなもんだ
どこまで行っても身体の芯は温まらず、寸足らず
眠りに落ちる数秒間で人生のすべてを語ってみせろよ
そんなペテンも今日でさよなら
終わりよければ全て良し、
ノーブレーキでコンクリートの壁に突っ込む車
ドイツ+トルコソサエティーのストリートキャスティング
たつとりは後足で煙幕を巻き上げて
まるで最初から存在してなかったみたいに世界を変える





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
毒を食らわば...
39
単純に心に浮かんだ言葉、詩や短文、散文、フィクション、たまに自分にとってとても重要ことを書き記しています。 本分は音楽家、名前カタカナ表記はワタナベアニさんのまねとあこがれです。 http://www.shinichi-osawa.com/

こちらでもピックアップされています

詩、短文、フィクション
詩、短文、フィクション
  • 47本

主に詩、フィクション

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。