第38回

女の熟成度を測る3つの要素

世間の方々は「熟女」という言葉に桃色的なイメージばかり持っているようだが、あたしは「熟成した女」の略だと思っている。

熟成というのは肉体ばかりではない。メンタル的にも大人として成熟していることを、熟女には定義したい。肉体が老いただけの女、メンタルが幼稚なままの中年女は、ただの「オバサン」だ。なお、性別的には女でも、女を捨ててしまった中年は「オッサン」である。

あたしが「理想的な熟女」としてイメージするのは、喪服の似合う「脱がなくてもそこはかとなく色っぽい」肉体と、男の弱さを包み込む母性と、賢さを誇示しない謙虚な知性を兼ね備えた女である。
残念ながら、あたしは脱いでもあまり色気のある肉体ではなく、頭の悪さを見透かされないよう無駄に知性をアピールしがちなので、およそ理想には遠い。

同じ人間として生まれてきても、半世紀も経てば、女は実に多様化する。

この続きをみるには

この続き: 1,575文字
記事を購入する

女の熟成度を測る3つの要素

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
4
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

この記事が入っているマガジン

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。