第56回

熟女には「頭皮のニオイを嗅いでくれる男」が必要だ。

先日、あるテレビ番組で「1週間【湯シャン】した頭皮は赤ちゃんの匂いがする」という説の真偽を検証していた。
実験台にされたのは、アラサーの可愛い女子タレント。だが結果は「赤ちゃん」どころか「オジサン」のニオイだった(笑)

アラサー女子でさえ、1週間シャンプーを使わなければ、堆積した皮脂が酸化し、頭皮がオジサンのようなニオイになってしまう。加齢臭がプラスされる熟女が同じことをしたら、想像を絶するかぐわしさを発するに違いない。ただのスメハラだ。

いくら世間で自然派が支持されようと、人間も獣である以上、さまざまなニオイをその体内から発する。シャンプーをはじめ、ソープ類はなるべく使ったほうがいい。水やお湯のみで済ませていたら、そのうちオジサンどころかホームレスと同じ系統の体臭になってしまうだろう。

+ + +

熟した肉体は、発酵どころか腐敗している可能性だってある。
皆口にこそ出さないが、いくら友人知人であっても、相手から漂う微妙な体臭や口臭はなるべく嗅ぎたくない。
同様、自身の肉体から「以前は絶対になかったはずの微妙な体臭(加齢臭)や口臭」が漂うことを恐れ、たとえ匂っている自覚がなくても消臭には念を入れる。中年になるほど香水を多用するようになるのは、そのせいだ。

この続きをみるには

この続き: 1,631文字
記事を購入する

熟女には「頭皮のニオイを嗅いでくれる男」が必要だ。

島田佳奈(Kana Shimada)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
2
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。