見出し画像

男たちが熟女に期待するものとは

あたしが若かった頃、自分より20年くらい先輩の女性は「オバサン」に属する人ばかりで、「熟女」系な人は、玄人(水商売や風俗や芸能界など「女」を売りにする商売)しかいなかったように思う。

だが今の40~50代あたりの女性は、ほぼ「熟女」系ばかり。「オバサン」にしか見えない女性のほうが、少数派ではないだろうか。

そもそも熟女の定義があやふやなので断っておくが、当マガジンにおける熟女規定は「女として『現役』っぽい中年女性」を指す。
具体的には、恋愛やセックスをエンジョイしているとか、美魔女になる努力を惜しまないとか、男女問わず若い子から「オバサン=圏外」扱いされていない女性の総称だ。
逆に「もうオバサンだから」と自虐に走ったり、女を捨てて楽な生き方をすることばかりを選ぶような女性は、もはや立派な「オバサン」である。

「女」として生きることは、決して楽ではない。性別が女であろうと「女扱いされる」カテゴリーに属するためには、努力が必要な場面も多い。哲学者ボーヴォワールも言っていたが、人は女に生まれるのではない。「女になる」のだ。

それでも若いうちは、スカート穿いて髪を伸ばしてピンクのリップでもつけておけば、まず男扱いされる心配はなかった。何のケアもせずとも髪は健康で美しく、肌は毛穴ひとつ見えず、食べすぎてもすぐやせられた。

だが熟女にさしかかる年頃になると、女でいるためには、並々ならぬ努力が必要となる。

この続きをみるには

この続き: 2,272文字
記事を購入する

男たちが熟女に期待するものとは

島田佳奈(Kana Shimada)

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
4
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。