第65回

熟女になると、悩みも熟成するからややこしい。

あたしは悩まない女だ。
正確には、大小悩むことはあれど、3日以上引きずることがない(むしろできない)タイプである。

だから何ヵ月も(場合によっては何年も)悩んだままの人を見ると、正直びっくりする。悩むことが趣味なんじゃないかと思う。もはやその悩みが解決してしまったら、この人は生き甲斐をなくしてしまうのでは……と心配になる。

あたしが悩まないのは、実に単純な原理だ。
悩んでる時間がもったいなくて、素早く対処法を編み出すからだ。

たとえば「ブスな顔」に悩んだとしよう。
実際あたしは思春期の入口である13歳当時、ふと鏡に映る自分の顔が(周りの友達より)ブスだと気づいた。しかし悩んだのはたった1日だった。

ブスな自分に悩み始めたその日、たまたま観たTVドラマで、美人な女優が変顔をしていた。
その時あたしは「顔の美醜は造作より表情なのか!」と悟り、すぐに鏡の前でいろんな表情を作ってみた。「可愛く見える笑顔」を顔の筋肉に記憶させ、ここぞというときに発揮できるようになった。

もはや自分がブスだという認識すら「それがどうした」と思えてしまえば、悩むことはなくなる。顔の造作は1ミリも変わってないのに、だ。

あるいは「妻帯者を好きになったしまった」としよう。
しょせん不倫は不倫。刹那に王道を持ち込んでしまったら、楽しい関係も苦しくなってしまう。

この続きをみるには

この続き: 2,732文字
記事を購入する

熟女になると、悩みも熟成するからややこしい。

島田佳奈(Kana Shimada)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
2
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

この記事が入っているマガジン

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。