島田正樹|公務員ポートフォリオワーカー

地方公務員としてさいたま市役所に勤めながら国家資格キャリアコンサルタント/NPO二枚目の名刺メンバー/地域活動/執筆/講演/認定ワークショップデザイナーもやっている“公務員ポートフォリオワーカー”。2人の娘の父親。発言は所属組織ではなく個人の見解。目標はフリーランスの地方公務員。

島田正樹|公務員ポートフォリオワーカー

地方公務員としてさいたま市役所に勤めながら国家資格キャリアコンサルタント/NPO二枚目の名刺メンバー/地域活動/執筆/講演/認定ワークショップデザイナーもやっている“公務員ポートフォリオワーカー”。2人の娘の父親。発言は所属組織ではなく個人の見解。目標はフリーランスの地方公務員。

    マガジン

    • 公務員の働き方デザイン

      『仕事の楽しさは自分でつくる!公務員の働き方デザイン』(島田正樹著、学陽書房)に関連する記事や、その内容から派生した「公務員の働き方」に関する記事などを束ねています。 https://amzn.to/3cWVbEU

    • 係長の働き方デザイン

      はじめて係長になって1年。係としての「事業」のマネジメントをしながら、係員という「ひと」のマネジメントに取り組むも悪戦苦闘中。そんな係長初心者🔰だった私が、初級者になりこれから中級者になれるのか? その学びと挑戦の記録です。1か月に2本程度の記事を書いていきます。係長初心者や小さなチームをマネジメントすることになったけど、どうしたらいいのか分からない、そんなひとたちの支援になれば嬉しいです。

    • 島田正樹自選選集~おすすめ10選~

      島田正樹|公務員ポートフォリオワーカーのnote(https://note.com/shimada10708/)の中から、自らおすすめの記事を10本選んでご紹介しています。初めて島田のnoteをご覧になる際などに、参考にしてください。 (選書はときどき入れ替えるかもしれません)

    • あたらしい意味を紡ぐインタビュー

      島田正樹がおこなったインタビュー記事をまとめています。個人的にお話をお聴きしたいと思った方々と、キャリアのことであったり公務員のことであったり文章を書くということであったり、その都度興味を持ったテーマでインタビューをおこない記事としてまとめます。

    最近の記事

    固定された記事

    「問い」のチカラで「当たり前」から自由になりたくて ~自己紹介記事~

    はじめまして。 島田正樹(しまだまさき)と申します。 この記事は、私の自己紹介の記事です。 はじめて私の文章に触れる人も、これまでに読んでくださっている人も、お立ち寄りいただけたら嬉しいです。 1.何をしている人なの?日ごろは、さいたま市役所の職員として働いています。 並行して、地域での活動であったり、公務員のキャリアをテーマにした活動などにも取り組んでいます。 こちらの図は、株式会社リンクアンドモチベーションの創業者の小笹芳央氏が提唱する「アイ・カンパニー」という

    スキ
    89
      • オンラインに助けられた私のリスキリング(日経新聞掲載報告)

        先日、ご縁があって日本経済新聞に取材をしていただきました。 新聞に自分の写真が載り、自分が話したことが書かれるというのは不思議な感覚です。 お話したのは公務員のリスキリングについて。 上の記事でも、公務員こそリスキリングでキャリア自律を実現する必要性について書かせていただきました。 日経新聞の記者さんの取材でも、基本的には同じようなことをお伝えしました。 ひとつ、今回の取材で特徴的だなと感じたのは、新型コロナウイルス感染症が広がりを見せる中で「オンライン」での学びが増

        スキ
        9
        • 新しい「2枚目の名刺」

          今日、新しい「2枚目の名刺」をつくりました。 市役所職員としての名刺とは別に、地方公務員ではない私のことを伝える「2枚目の名刺」は、これまで任意団体を立ち上げたときや、NPO二枚目の名刺の広報担当としての名刺などを持っていたことがあります。 今回は、昨年登録した「国家資格キャリアコンサルタント」と、今年認定を受けた「認定ワークショップデザイナー」という大切な要素をお伝えできるように、新しくつくることにしたのです。 実は、もう何か月も前から「つくりたいな~」と思っていたの

          スキ
          19
          • 実はそれ、大丈夫です~キャリアコンサルタントの使い方~

            市役所職員として働きながら、週末にキャリアコンサルティングを実施している島田正樹(国家資格キャリアコンサルタント)です。 2021年に試験に合格し、本業が休みの週末を中心にボランティアでキャリアコンサルティングに取り組んでいます。 キャリアコンサルティング(個別キャリア相談)のご案内や、私が本来フィー(料金)をいただくべきところをボランティアで取り組んでいる理由などはこちらの記事をご参照ください。 この個別キャリア相談を始めてちょうど1年が経ちました。 モニターとして

            スキ
            24

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 公務員の働き方デザイン

            • 11本

            『仕事の楽しさは自分でつくる!公務員の働き方デザイン』(島田正樹著、学陽書房)に関連する記事や、その内容から派生した「公務員の働き方」に関する記事などを束ねています。 https://amzn.to/3cWVbEU

          • 係長の働き方デザイン

            • 5本

            はじめて係長になって1年。係としての「事業」のマネジメントをしながら、係員という「ひと」のマネジメントに取り組むも悪戦苦闘中。そんな係長初心者🔰だった私が、初級者になりこれから中級者になれるのか? その学びと挑戦の記録です。1か月に2本程度の記事を書いていきます。係長初心者や小さなチームをマネジメントすることになったけど、どうしたらいいのか分からない、そんなひとたちの支援になれば嬉しいです。

          • 島田正樹自選選集~おすすめ10選~

            • 10本

            島田正樹|公務員ポートフォリオワーカーのnote(https://note.com/shimada10708/)の中から、自らおすすめの記事を10本選んでご紹介しています。初めて島田のnoteをご覧になる際などに、参考にしてください。 (選書はときどき入れ替えるかもしれません)

          • あたらしい意味を紡ぐインタビュー

            • 20本

            島田正樹がおこなったインタビュー記事をまとめています。個人的にお話をお聴きしたいと思った方々と、キャリアのことであったり公務員のことであったり文章を書くということであったり、その都度興味を持ったテーマでインタビューをおこない記事としてまとめます。

          • 公務員の働き方デザイン

            • 11本

            『仕事の楽しさは自分でつくる!公務員の働き方デザイン』(島田正樹著、学陽書房)に関連する記事や、その内容から派生した「公務員の働き方」に関する記事などを束ねています。 https://amzn.to/3cWVbEU

          • 係長の働き方デザイン

            • 5本

            はじめて係長になって1年。係としての「事業」のマネジメントをしながら、係員という「ひと」のマネジメントに取り組むも悪戦苦闘中。そんな係長初心者🔰だった私が、初級者になりこれから中級者になれるのか? その学びと挑戦の記録です。1か月に2本程度の記事を書いていきます。係長初心者や小さなチームをマネジメントすることになったけど、どうしたらいいのか分からない、そんなひとたちの支援になれば嬉しいです。

          • 島田正樹自選選集~おすすめ10選~

            • 10本

            島田正樹|公務員ポートフォリオワーカーのnote(https://note.com/shimada10708/)の中から、自らおすすめの記事を10本選んでご紹介しています。初めて島田のnoteをご覧になる際などに、参考にしてください。 (選書はときどき入れ替えるかもしれません)

          • あたらしい意味を紡ぐインタビュー

            • 20本

            島田正樹がおこなったインタビュー記事をまとめています。個人的にお話をお聴きしたいと思った方々と、キャリアのことであったり公務員のことであったり文章を書くということであったり、その都度興味を持ったテーマでインタビューをおこない記事としてまとめます。

          記事

          記事をすべて見る
            • 公務員こそ「リスキリング」で自律的キャリアを

              『LIFE SHIFT 2: 100年時代の行動戦略』(アンドリュー・スコット, リンダ・グラットン、東洋経済新報社)に、会計事務所を解雇されてしまう50代のインという人物が登場します。 彼は解雇が通告されてからコーチングについて学び、フリーランスの会計士をしながらプロのコーチとして独立しようとします。 このときのインのコーチングについての学び、これがリスキリングです。 キャリア上の大きな変化に見舞われたとき、もしくはその変化に備えて、新たに必要となるスキルを身に付ける

              スキ
              26
              • 係員と係長の最大の違いは○○のマネジメント

                昨年、2021年の春に係長になった私が、係長としての日々の学びを備忘録兼成長(?)の記録として書き残しています。 前回は、係長になったからといって誰も手取り足取り係長の務め方を教えてくれるわけではないということについて書きました。 今回は「係長と係員との違い」について考えてみたいと思います。 課長や係長になりたくないという職員が一定程度いるそうです。近年増えているとの説もありますが、私自身は具体的な一次情報に触れていません。 でも、何となく感覚的には間違っていないよう

                スキ
                15
                • 「係長」を教えてくれるひとはいない

                  昨年、2021年の春に初めて係長になった私。 着任1カ月後くらいに集合研修がありましたが、それまで係長として必要な知識やスキルを誰かから教わることはありませんでした。 加えて、研修で学んだこともどこまで実際の係長としての業務で使える知識・スキルなのか、正直あまりピンときませんでした。 「やっぱり、係長の担い方って、誰かから教わるものではないんだな」 「やっぱり」というのは、係員時代に私が仕えていた係長さんたちも、OJT的に係長としての仕事を教わっている様子を見たことがな

                  スキ
                  42
                  • 本棚で表現したいのは、どんな「私」ですか?

                    SNSではちょいちょいご紹介していますが、5月から旧大宮図書館のBibli内のハムハウスさんでシェア本棚のオーナーになりました。 ハムハウスとは…… ハムハウスが入居するBibliは旧大宮図書館をリノベーションして、民間企業が運営する公民連携拠点。 この施設がまだ公立図書館だった頃、私はまだ十代で、よく3階の自習室で勉強していました。そこで時折見かけて気になっていた女の子がいたのですが(結局、最後まで声をかけることはできませんでしたが)、そんな思い出の場所が舞台となるこの

                    スキ
                    49
                    • 公務員のキャリアを考える日

                      「公務員を辞めるまでにやりたいこと」 そんなふうに書くと大げさかもしれません。 そもそも辞める予定もないですし、すぐに辞めたいと思っているわけではないのですが、そんな私には現役公務員のうちにやりたいことがいくつかあります。(一つではない) その一つが「公的機関のキャリアを考える日」です。 「公的機関のキャリアを考える日」とは? 公的機関というのは、省庁や地方公共団体、独立行政法人など。 そこで働くひとたちのキャリアについて、みんなで考えませんか? という趣旨です。

                      スキ
                      35
                      • 不確実さに堪える能力「ネガティブ・ケイパビリティ」~みつまめ放送後記#01~

                        月イチで出演させていただいている「大人の学びにきく(聴く・効く)みつまめチャンネル」で、昨日の朝もパーソナリティのみつさんとお話をしました。 みつまめチャンネルは、stand.fmという音声配信サービスで毎週土曜日の朝7時からライブで配信していて、かれこれ1年ほど聴かせていただいています。 私が「大人の学び」に役立つお話なんて……と思いつつ、この春から毎月第4土曜日を担当させていただいています。 昨日、5月28日は「ネガティブ・ケイパビリティ」というテーマで、みつさんと

                        スキ
                        12
                        • 「夢を見つける手伝いをするよ」ではなく「夢はなくても大丈夫だよ」でいたい

                          今日は「夢」の話です。 皆さんは子どもの頃「夢」ってありましたか? 私にとって夢と言えば、こちらの記事で書かせていただいたような「物書き」です。 でも、物書きになりたいというのは20代に芽生えた夢で、小中学生の頃の私には夢なんてありませんでした。 今度関わらせていただく場づくりに関連して、最近、小中学生のキャリア教育のことを調べたり、学校で取り組んでいる「キャリアパスポート」のことを娘たちと話したりしています。 聴いてみると、学校で「将来の夢を書いてください」と言わ

                          スキ
                          21
                          • 「係長になるのは係長になる準備ができている職員だ」ってどういうこと?

                            私が勤める市役所では、係長級(3級)に昇任するためには試験に合格しなくてはなりません。毎年夏頃に出願し、秋に試験があり、年度末までに結果が発表されます。 昇任試験を設けている団体はけっこう多いですよね。係長に昇任するタイミングの場合もあれば、課長(管理職)に昇任するタイミングの場合もあるようです。 私も随分前に試験に合格して主査になり昨年からは係長(うちは主査も係長も同じ3級)を務めているわけですが、noteなどで発信していることもあって試験対策の相談をいただくことがあり

                            スキ
                            42
                            • 「後工程はお客様」で組織の中にしあわせな働き手を増やしたい

                              皆さんは、自分の仕事が、どこから来てどこへ流れていくか考えることはあるでしょうか? ひとによってこの意識の持ち方は様々だと思います。私はこの意識が結構強いのかもしれません。 工場の製造ラインで働いていれば、ベルトコンベアの上流から組み立て途中のパーツが流れてきて、自分の手元で担当する部品を組み込んで、次の工程へと流します。 「公務員はこういう仕事」と言えないくらい、役所には様々な部署があり、それぞれ多様な業務に取り組んでいます。 でも、私はこの「上流から次の工程へ」とい

                              スキ
                              12
                              • 異動したモヤモヤ、異動しなかったモヤモヤ

                                間もなくゴールデンウイーク。 新しい年度が始まって1か月あまりが経ちますが、皆さん、お仕事やプライベートでの変化に疲れが出てきたりしていませんか? 私たち地方公務員の世界では年度の切り替わりの際に「人事異動」というお祭り騒ぎがあります。 人事異動が内示されると、「なんであの部署に異動するんだろう?(モヤモヤ)」「なんで異動するのが今なんだろう?(モヤモヤ)」などとモヤモヤを感じる人が多い、ということで、3月にはこちらの記事でご紹介したモヤモヤと向き合うためのワークシート

                                スキ
                                20
                                • その囚われはあなたのせいじゃないから~育児休業復職支援研修実施報告~

                                  ホント、当日までどうなるか心配でしたが、引き受けてよかったです。 3月上旬に勤め先で「育児休業復職支援研修」の講師を務めました。 この研修は、育児休業から復職した職員を主な対象としていて、育児をしながら働くことの不安を軽減したり、自分らしい働き方について考えたりすることを狙いとしたものです。 私がキャリアコンサルタントの資格を持っていること、そして他の自治体などで研修の講師を務めたりしていることを知っている担当課長さんが、「初めての試みだから予算もないし、内部講師で島田

                                  スキ
                                  22
                                  • 係の運営方針はありますか?

                                    1年前にできなかったこと 1年前にはじめて係長になったときにはできなかったことがあります。 それが係の運営方針を決めて、係員の皆さんと共有することでした。 あった方がいいなと思いながら、はじめて配属される部署だったこと、係内で私ひとりが転入者で係員は全員残留組だったこと、前任が長いこと係長を務めていて絶大な信頼を得ていたことなどから、「新しく係の運営方針をつくります!」とは言い出せなかったのです。 言い訳が多いですが、結局のところヘタレだったということ。 最初は「郷

                                    スキ
                                    19