見出し画像

VTuber最協決定戦を続ける理由

いらっしゃいませー!どうも、渋谷ハルです!

さて、今回は「VTuber最協決定戦を続ける理由」ということで、自らが主催となる大会をなぜやってきたか、なぜそれをまだ続けているかといったところを書いていきたいと思います。

大会主催の始まり

まず、約2年と少しさかのぼります。
2018年5月6日、渋谷ハルがバーチャルYouTuberとして活動を開始しました。
活動開始直後は特に目立つところもなかったのか、数いるVTuberの中に埋もれていきました。
そんなある日、こういったツイートを行いました。

スクリーンショット 2020-07-21 9.57.24

このツイートに3名のVTuberさんが反応してくれたことをきっかけに、僕含めた4人で大会運営チームが発足しました。
その後、一緒に運営していくにあたって、僕なりの大会のあり方や立ち位置、目指すべきところを共有し、その上で渋谷ハルが大会の主催として音頭を取っていくことが決まりました。

そこからは毎日ひたすらに大会について語り合いました。
・どうすれば盛り上がるのか
・参加者どうやって集めるのか
・大会の見え方どうするか
・サイトの作りどうするか
etc...

特に「大会がどうすれば盛り上がるのか」に関してはまだまだ活動始めたばかりで手札も少ない中、とにかく色々な意見を出しあって、相談しあい、徐々に作り上げていきました。懐かしい。
振り返ってみると圧倒的に今のほうが大会周りのこと1人で考えて進めてることが多いね。

そんな小規模な状態から始まり、大会本番は細かい反省点はあったものの成功を収めました。
この大会に関わって頂いた方々、本当にありがとうございました。

何もかもが手作りで、何もかもが始めての大会だったのがVTuber最"強"決定戦でした。

大会開催を続ける理由

さて、大会を開催するとなると途方も無い労力、そしてやり方次第ではありますがお金も必要になります。
どうして好き好んで開催するかに関してはもちろん理由があります。
ただ、実は過去と現在では理由も大きく異なっているので分けて書きます。

まず、初回の最強に関しては、渋谷ハルの知名度向上が1つの大きな理由でした。
大会成功の結果としてチャンネルは成長し、渋谷ハルの知名度も向上しました。
色々あったので大会のみの影響ではありませんが、単純に大会告知前と大会後を比較すると、チャンネル登録者数は200人前後だったのが5,000人ほどまで増加しました。
配信の同接に関しても10人程度→200〜300人程度となりました。

その後、第1回最協・第2回最協と大会を行っていきますが、この辺りは知名度の向上は狙いつつも、自分で作り上げた一大コンテンツである「VTuber最強・最協決定戦」がどこまでいけるのかを見るのがとにかく楽しかったです。
特に第2回最協決定戦ではオフライン会場でパブリックビューイングを行うことまでできて、大会が終わった日の夜本当に最高の気分だったのを今でも覚えています。
その日の僕が何を感じたかは、大会後の「大会お疲れ様配信」を見返せば細かいところまで思い出せるだろうけど、ちょっと恥ずかしい部分もあったから自分では見返せないね。

そして迎えるのが次の第3回最協決定戦でもある「VTuber最協決定戦 ver APEX LEGENDS」です。
余談ですが、今回冠を少し変えたのはゲームタイトルが変わったこともあり、今回の大会が初視聴になる方が混乱しにくいようにです。

本筋に戻りますが、大会を開催している理由が回を重ねるごとに少しずつ変わっていっています。
最初は知名度向上といった、自分のためという側面が強かったのですが、とにかく面白いコンテンツが作りたい、面白いコンテンツを作り上げたときに皆がどんな反応をしてくれるのか、そしてこのコンテンツの行き着く先はどこなのか、そういったものを見届けるためといったことにグラデーションのように変化をしていっています。

目指すべきところ

「VTuber最強・最協決定戦」は他のどこも、誰も真似ができないものだと思っています。
過去の初開催である、VTuber最強決定戦の構想を練っていた頃から考えると既に驚くくらい大きなコンテンツになっています。
これが今後どうなっていくのかは僕自身もわかりませんが、大会コンテンツの特異点としてさらに大きな催し物にしていきたいと考えています。
特にオフライン周りの何かは、規模を大きくしてまたやりたいですね。(お金が絡むと色々大変だから難しいと思いますが)

そして、
参加した人が「また参加したい」と思える
参加してない人が「参加してみたい」と思える
見ている人が「最高に熱い大会」と思える
関わった人が皆「本当に良かった」と思える
そういった大会であり続けたいと思っています。

以上、そういえば大会周りのことあんまりnoteに書いたことないなと思って書いてみました。
書いてるうちに色々思い出してきて、なんなら過去の各大会ごとに1記事書きたくなりましたが途中で投げちゃいそうなので、今回の大会と過去のことを良い感じに混ぜました。

では、またのご利用お待ちしております!渋谷ハルでした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
渋谷ハル

もしよかったらサポートお願いします!

大吉!ありがとうございます!
バーチャルYouTuber(VTuber)の渋谷ハルです。 YouTubeを主軸としたお金の話を記事を作成していく予定です。