柴田秀一郎(写真家)しばやん

写真家の柴田秀一郎です。講談社「バスマガジン」で「バス停のある風景」を5年目連載中です。写真集「バス停留所」を2010年にリトルモアから出版しました。このテーマとしてライフワークとして継続しております。 映画大好きで洋画、邦画問わず、古今東西の映画のことも書きます。

「バスマガジンWEB」で新規連載スタートしました

執筆/写真:柴田秀一郎(バスマガジンvol.74より) <初訪2007年4月・再訪2015年8月> 誌面の連載は、5年目連載中です。今回はWEB版です。これまでの誌面の連載を中心に、…

<シリーズ「バス停探訪の旅」アーカイブ編です。VOL11になります>講談社「バスマガジン」の連載3回目の記事です。

上記の写真は2001年12月の撮影 昨日の記事が連載一回目だったから、どうして2回目が無いの?と思うかたいますよね。誌面の連載2回目は、既にnote上で昨年6月17日にアップ…

<シリーズ「バス停探訪の旅」アーカイブ編・復活させます。VOL10になります>まずは講談社「バスマガジン」の連載一回目のアー…

記念すべき連載初回は北海道留萌市三泊町のバス停でした。掲載号はVOL73、2015年9月号になります。 バス運行会社は「沿岸バス」で、初訪は2007年4月で再訪は2015年8月でし…

閑話休題で大学時代の部活同期生作家の伊東良の2冊目の著書

なんと大学時代の部活の同期生の伊東良の二冊目の著作が出版された。2冊目出せるって、ことは1冊目が売れたとのことである。なかなか素晴らしいことだ。

「写真学校1年目で、巨匠に褒めてもらったこと」

閑話休題して、写真学校1年目の写真がでてきたので、披露シェアしてみる。 96年度の写真学校の授業中などの写真だ。もう四半世紀近く前の写真である。 いかにも威厳がある…

<突然ですが、阪神タイガースのファンになりました。そのわけは?>

これまで実は12球団の中で2番目に嫌いだったのに、突然好きになりました。 それには理由があります。一昨年ドラフト2位指名された小幡竜平選手がきっかけです。 写真は…