新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

頑張れ。負けるな。

「忙しいから」は言い訳ですが・・・

週一で更新とか宣言したにも関わらず、やはり投稿が滞ってしまいました。ほんと、自分に甘いやつです俺は。

去年から色々と動いた成果が、今年に入り少しづつ芽を吹いてきました。新しい取引先からの案件が増え、年明けから挨拶・打ち合わせ・撮影とバタバタしています。撮影の仕上がりはみなさん喜んでいただけてるのですが、合間合間で集中力が途切れることがあり、恥ずかしながら2月に車を2回もぶつけてしまい(幸いにも人ではなく、壁とかポールとかです)、仕事用の車を買い換える羽目になってしまいました。トホホ。でも、悪いことは出尽くした、断捨離の時期なのだと、自分に言い聞かせています。

おそらく、これから想像できない状況が待っている。

コロナウイルス、収束する気配はありません。花粉症の季節も始まるので眼や鼻を触る回数も増え、気をつけていても感染するリスクは高まるでしょう。世の中がリスクに備え、一時的に経済活動を自粛縮小することは確実なので、商業カメラマンとしての撮影案件も一時的に延期・中止・縮小するのだろうなあと。夏までそれが続くと、やはり死活問題です。俺は生き延びれるのだろうかと、やはり不安です。こればかりは、努力にも限界があります。

でも、生き延びるしかない。

やれること・しなくてはいけないこと、それは個人や会社の方針によって違うだろうし一概には言えませんが、結論としては「死ぬな、生きろ」としか言えません。この言葉はほぼ100%自分自身へのエールです。もし、撮影の案件が激減しても、泥水すすってでも生き残ろうと思います。僕だけではなく、皆が苦しいのですから。TOPの写真は、今月に富士宮で足場会社さんの撮影をした時のカットです。間近で見る富士山、ほんと綺麗でした!

                      


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
「写真と力」は、仕事をする姿・環境・創り出すモノなどを通して、あなたの持つこだわり・誇り・生き様を写真に収めることを目指します。 ここでは、WEBサイトでは語りきれなかった想いや撮影時の思い出など書いていきます。 https://shashintochikara.com