見出し画像

水道光熱費が2倍?! 物価高騰で生活困窮の技能実習生が春闘賃上げ要求

総合サポートユニオン

 総合サポートユニオンは、昨年の9月から、ベトナム人技能実習生の組合員10名とともに、彼女たちの職場でおきている労働問題の解決に取り組んできました。以下では、事件の概要と賃上げ要求に至った経緯について紹介します。

◆事件の概要

 20代から30代のベトナム人技能実習生たちは、ベトナムの家族の生活を支えるため、およそ60万円前後の借金をして、山梨県の縫製工場で外国人技能実習生として婦人服などを製造する仕事をしてきました。

 この職場では実習生11人が3LDKの一軒家に住まわされていました。一人分の生活スペースは狭く、お風呂場・洗面台は1つ、エアコンはなく、キッチンも1つで、十分な設備環境ではありませんでした。その上、家賃は一人2万円+水道光熱費8千円で、11人分の合計額を計算すると一軒家の月額の相場よりも高い金額が徴収されていました。

 これらに対し、10人の技能実習生たちは、総合サポートユニオンに加盟し、会社との交渉を続けてきました。その結果、家賃の割引、エアコンの設置などを会社に認めさせることができました。しかしながら、昨年の12月に、実習生たちの生活に多大な影響を与える新たな問題が発生しました。

◆水道光熱費用の一方的な値上げ?! 8000円→14000円へ

 実習生たちが来日前に交わした契約では毎月固定で8000円となっていた水道光熱費が、今年1月になんと14000円と約2倍の値上げになっていたのです。

 ことの発端は、12月に会社側が一方的に水道光熱費の計算を固定制から実費精算方式に変更したことにあります。技能実習生たちに対し事前の説明や告知はなく、彼女たちがこの事実を知ったのは給料明細を渡されてからでした。

 労働者の合意無しに労働条件を変更することは、不利益変更となり労働契約法違反になりえます(労契法第3条・第8条)。会社に対し契約通りの金額に戻すよう求めていますが、会社側は状況を是正する兆しをみせていません。

◆物価高騰で節約の日々、春闘賃上げ要求へ

 また、会社による水道光熱費の値上げが起きる以前から、インフレによって実習生たちの生活は大きな打撃を受けてきました。物価があがる一方で、賃金はあがっていなからです。実習生たちの賃金は山梨県の最低賃金898円の水準で、手取りは約15万円ととても少ないです。そこから仕送り額として毎月8-10万円をベトナムの家族に送っていましたが、インフレと円安の影響でその額は現在1-2万円減少しています。4-6万円だった生活費も、節約のために以前の金額から1-2万円減らしてやりくりしており、実習生たちは食費を削るためにスーパーなどの半額商品で暮らしています。

 来春からは電気代が2割から3割引き上げられる予定であるという報道もあり、その負担額はこれからさらに増加していくことが見込まれます。食費などもこれからさらに高騰するでしょう。このままでは実質賃金は減少の一途を辿っていきます。そうなれば、もとより最低賃金の水準で暮らす技能実習生たちの生活は、今以上に深刻な影響をうけ、生活困難に陥ることは避けられません。これからの物価高騰の流れをみれば、生活崩壊は時間の問題だと言えます。

 そこで、組合員たちは会社に対し、水道光熱費の値上げに抗議するだけでなく、労働者の生活維持のために、春闘賃上げ要求を行うことを決めました。1月17日には、総合サポートユニオンは、会社に対し「従業員の賃金を10%引き上げることを求める」要求書を送付しました。

 これからの会社の対応を注視していきたいと思います。

◆一緒に技能実習生の状況を変えませんか?ボランティア募集中

 今回の山梨の縫製工場で起きた問題は、氷山の一角に過ぎません。技能実習生の給与は最低賃金の水準であることがほとんどですから、物価の上昇で生活困窮に陥っている人は多くいると考えられます。また、技能実習生の全体の約9割が会社が提供した寮や宿舎で暮らしていることから、契約の一方的な変更で水道光熱費用の値上げに苦しんでいる実習生も多くいると予測できます。

 しかしながら、多額の借金を負わされていたり、転職が許されていない仕組みの中で、泣き寝入りするしかない実習生の状況は、表にでることはとても少なく社会全体の共有の問題として認識されづらいです。その状況の中で重要になってくるのは、実習生たちの権利行使を支える活動だと思います。

 私たちは一緒に技能実習生が置かれている状況を変えるための取り組みに参加したいという仲間を募集しています。アウトリーチ活動、相談対応、通訳・翻訳作業、広告・宣伝資料の作成など、現場で力を活用しませんか?国籍や性別、年齢などは問いません。ボランティア参加を希望される方は、こちらまでご連絡ください。

◆寄付の願い
私たち運営費の大部分は寄付で成り立っていますが、費用の不足が私たち総合サポートユニオンの課題となっています。総合サポートユニオンの活動に賛同し、寄付をいただける方は、下記の振込先をご利用ください。ご協力をお願い致します。

[みずほ銀行での振り込み]
みずほ銀行 北沢支店
普通預金 3024622
口座名義 総合サポートユニオン

[ゆうちょ銀行での振り込み]
(a)郵便局で振込用紙を使って納入する場合
  郵便振替口座:00150-8-765273 口座名義:総合サポートユニオン
(b)銀行などから振り込む場合
  ゆうちょ銀行 預金種目:当座預金 店名:〇一九店(ゼロイチキユウ店) 口座番号 0765273
※通信欄または振込者氏名欄に寄付である旨を記載いただけますようお願いいたします 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
総合サポートユニオン

総合サポートユニオンの活動を応援してくれる方は、少額でもサポートをしていただけると大変励みになります。いただいたサポートは全額、ブラック企業を是正するための活動をはじめ、「普通に暮らせる社会」を実現するための取り組みに活用させていただきます。