あなたのためだけの_特別なクラフトビール__1_

【初心者必見】画像で理解する!サイト立ち上げから収益化まで必要なSEO基本知識の全て。

こんにちは。SEOのきつねです。

前回は僕の実際の手法を公開しながら、なぜそういう風に運営を行なって行くのかや、施策のロジックを細かなところまで解説させていただきました。

購入していただいたみなさま本当にありがとうございました。

しかし、前回のnoteは始めたばかりの初心者の方にはなかなか難しい内容になっており、すぐに役立つ内容ではなかったなと、思いました。

ちなみに前回のnoteはこちらです。

そこで、今回初心者〜中級者の方向けのnoteの執筆を決めました。

ネットで調べてみても、本当に自分で試してみたのか疑問なものや、
必要事項が網羅されていないものが多くあります。

そこで、僕の実際に行なっている手法を含めながら、1つでSEOの基礎が網羅できるようなnoteを作りました。

1からブログやメディアを立ち上げる際は、このnoteをバイブルにすると基本的なSEOを抑えたサイトができると思います。

さらに知りたい方は、本note→以前リリースしたnoteという流れで読んで頂くと僕の知っているSEOはだいたい理解できるようになっております。

このような方におすすめ!

ブログやメディアを始めたばかりの方、これからサイトを立ち上げようと考えている方、ブログを始めてはいるけどSEOの知識が十分になく順位が取れていない方に最適な内容です。

とにかく!

「基本的なSEOを抑えておきたい」

という方はこれを読めば大きく外してしまうことはないと思います。

もちろんこの通りにやったからと言って100%成功すると言った内容には
なっておりません。

ですが

確実にレベルアップには繋がると思いますし、成功する確率を上げ、
失敗しないようなサイト作り
の参考にはなるんじゃないかと思います。

noteの構成の詳細


サイト立ち上げ時期に欲しい情報をすべて詰め込みました。

SEOライティングに関してもこのnote1本で十分な知識を得られると思います。

構成は以下の通りです。

1. カテゴリーの分け方
2. タグの重要性
3. キーワード選定のやり方
4. 見出しの作り方
5. タイトルの作り方
6. サイト内の画像について
7. クリック率を上げるボタン(色・数・配置の仕方)
8. 1記事あたりの文字数
9. 1サイトあたりの記事数
10. noteとブログどっちの方がいいの?
11.おすすめのワードプレスのテーマ


「検索すればこれくらい出てくるんじゃないの?」

と思う方もいるかもしれませんが、Googleが公式に発表していない部分
(どいう風にサイトを作って行くのかとか、どんな色がいいのかとか)
は経験則で語るしかない所なんじゃないかなと思います。

・「見出しの作り方」
・「キーワード選定のやり方」
・「クリック率を上げるボタンの色や文言、配置」
・「1記事あたりの文字数」
・「1サイトあたりの記事」

は特に僕のオリジナルの方法・考え方です。

一般的な手法に限らず、僕が実際に今まで成果を上げてきたやり方を
今回みなさんに伝授したいと考えています。


カテゴリーについて


まずはカテゴリーについて解説します。

カテゴリーの前にサイトのジャンルの選定はかなり重要ですので、ジャンルの選定にお悩みの方、新しいサイトをこれからされる方、なにかしらの
ヒントが欲しい方はこちらの僕の運営するサイトの記事も参考にしてみて
いただけると意外と面白い情報が転がっているかもしれないです。

カテゴリーはサイト構造を決める上で非常に重要なので、しっかりと抑えておきましょう。

カテゴリーとは・・・

・縦の階層構造
・1つの記事は1つのカテゴリーにしか属さない
・記事を分類させるために使う

カテゴリーの構造は以下のようになります。

画像1

子カテとは子カテゴリーの略で、カテゴリーの中のカテゴリーということです。

トップページからいくつかのカテゴリーがあり、その下に子カテ、その中に記事がある階層構造です。

各記事は1つのカテゴリーにしか属さないことに注意してください。

カテゴリー分けをする主なメリットは2つあります。

・ユーザーが認識しやすいサイト構造になる
・検索エンジンが認識しやすいサイト構造になる

ユーザーの良い体験に繋がり、検索エンジンにも認識されやすくなるということは、SEO的にも効果があるということです。


例えば、転職サイトを運営するときのカテゴリー分けは次のようにすることができます。

画像2


職種ごとにカテゴリー分けをした例です。

「営業」「IT」「事務」「企画」というカテゴリーを作成しました。

「営業」というカテゴリーの中には営業の転職情報の記事を入れ、「IT」というカテゴリーの中にはITの転職情報の記事を入れるという具合ですね。

カテゴリーを分けるときの注意点は以下の通り。

・関係あるカテゴリー名にする
・1記事1カテゴリー
・記事と重複しないようにする
・最初に設計する

特に注意して頂きたいのは

・記事と重複しないようにする
・最初に設計する

という点です。

カテゴリーのタイトルや検索意図が個別のページと同じだと、カテゴリーと記事のどちらの評価も下がってしまうので、被らないようにしましょう。


(2019/03/28追記)
例えば、「SEOとは」というカテゴリーページを作ったとして、その中に「SEOとは」という記事があると、Googleがどちらも同じ検索意図をもつページだと判断し、どちらのページも順位が上がりにくくなります。
そのため、この場合は「SEO」カテゴリーの中に「SEOとは」という記事を入れたり、「SEO」カテゴリーページで「SEOとは」の内容の記事を書かないようにしたりして、検索意図・タイトルが重複しないように気をつけます。

この続きをみるには

この続き: 11,953文字 / 画像11枚

【初心者必見】画像で理解する!サイト立ち上げから収益化まで必要なSEO基本知識の全て。

SEOのきつね

6,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
120
SEOのきつね(@__seofox__)というアカウントでTwitterをやっています。コンタクトは上記のTwitterアカウントにてお願いいたします。 web reachというwebマーケティングに特化したサイトもしています。 https://mediafox.jp/

こちらでもピックアップされています

買う予定のマガジン
買う予定のマガジン
  • 44本

面白そうな有料noteをメモっていきます

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。