見出し画像

キャリアの可能性から、リアルなお金の話まで——【編集者・ライターキャリアの未来をともに考える】を開催しました<アーカイブ配信付>

11/13(水)、sentenceでは、「編集者・ライターキャリアの未来をともに考える」を開催しました。

フリーランスライターの長谷川賢人さん、sentenceを運営するインクワイア代表のモリジュンヤに登壇いただき、編集者・ライターとしてどのようなキャリアを積んできたか、どのような選択肢があり得るのか、そして今後のキャリアをどう考えていけばよいのか等が共有されました。

当日は、noteやcakesを運営する株式会社ピースオブケイクのイベントスペースを会場としてお借りし、数十名の編集者・ライターキャリアの方と場を共有。「ともに考える」というイベントタイトルにもあるように、参加者と登壇者との距離を可能な限り近くし、より身近な疑問とも向き合える場作りをおこないました。

画像1

イベントは二部構成。前半のパネルトークでは、「お二人の今までのキャリア」「現在のお二人のお仕事の話」「これからのライター・編集者のキャリアの可能性」の三つをトークテーマに用意しました。

画像2

新卒からフリーランスとして編集者・ライター、そして今は経営者へとキャリアを意図的に築いてきたモリ。対して、学生時代から小説賞を受賞するなど文章と向き合いつつも、新卒では紙の商社へ就職。三年目に転職を経て、Webメディアの編集部へ入り、多様な媒体での編集・執筆経験を積みつつも、自らのキャリアを「計画的ではない」と表する長谷川さん。

画像3

考え方は対照的でありながらも、第一線で活躍する両者。イベントでは、今のキャリアを築くまでの経緯から、ライティングスキルを鍛える術、仕事の幅を広げるための方法など、多岐にわたるテーマが語られました。

画像4

パネルトークの後は、参加者を交えた質疑応答の時間へ。ピースオブケイクさんによる配信は一旦ここで終了のため、ここからは、オンラインには流せないコアな話も展開されていきます。人脈やお金などにも話はおよび、会場がどよめく場面もありました。

当日の様子はTwitterでも実況。こちらのモーメントにもまとまっています。

また、noteにレポートをまとめていただいている方もいらっしゃいました。こちらも是非ご参照下さい。

当日の様子は、ピースオブケイクにアーカイブ配信いただいています。ご興味ある方は、是非以下からご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=oQ1So7LCZaY

sentenceでは、今後も編集者・ライターの方向けの講座やイベントを開催予定です。告知は公式Twitter、Facebookで発信しますので、興味がある方はぜひフォローしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
「sentence」は、「書く」と共に生きる人たちのためのコミュニティです。「書く」ことについて共に学び合う仲間を見つけ、知識や経験をシェアし、実際に書く機会に触れる環境をデザインしています。 ▽ご入会はこちら https://form.run/@sentence
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。