見出し画像

【畠山理仁】選挙古今東西①

選挙を取材し続ける理由

「選挙は最高のドラマである」

 これが20年以上にわたって選挙を取材してきた私の持論だ。

 選挙の基本は「勝てば天国、負ければ地獄」。だから候補者も支援者も血眼になって当選を目指す。

 ドラマの登場人物は多種多様だ。スーツ姿の選挙コンサルタントもいれば、普段は何をしているのかわからないジャージ姿の人もいる。物静かな人もいれば騒々しい人もいる。若い人も年配の人もいる。

 もちろん候補者もさまざまだ。定番の選挙運動をする人もいれば、斬新すぎる選挙運動をする人もいる。なかには、まったく選挙運動をしないまま落選していく人もいる。

 「いったい、あなたがたは何のために選挙をやっているのか?」

 そんな素朴な疑問が選挙取材を続ける私の原動力になっている。

 思い起こせば、私は国内外でさまざまな選挙の取材をしてきた。

 海外の選挙でいえば、アメリカ大統領選挙、上院議員選挙、カリフォルニア州知事選挙、ロシア大統領選挙、台湾総統選挙。

 日本の選挙でいえば、衆議院議員総選挙、参議院議員選挙などの国政選挙はもちろん、全国各地の知事選挙や市長選挙、区長選挙、町長選挙などの首長選挙も見てきた。

 いまでは都道府県議会選挙、市区町村議会選挙にとどまらず、村議会の補欠選挙(無投票)にまで足を運ぶようになった。もちろん、福島県内の各種選挙も取材してきた。

 その経験から言えることがある。選挙は積極的に参加したほうが絶対に「得」だ。参加しなければ「損」をすると言っても過言ではない。

 今、日本人は収入の4割以上を税金や社会保障費として負担している。これは「国民負担率」という数字で表されるが、令和2年度の見通しは44・6%。このお金の使い道を決めていくのが政治家だ。

 幸いなことに、日本は独裁国家ではない。民主主義国家だから、有権者は自分たちの代表である政治家を選挙で選ぶことができる。18歳以上で日本国籍を有していれば、性別や学歴、収入や職業的地位に関係なく、誰もが同じ力の「1票」を持っている。実はこれはスゴイことだ。

 もっとわかりやすく言う。

 「無収入の人も年収1億円の人も平社員も社長も同じ1票しかない」

 それを誰に投じるかは有権者次第であり、1票でも多くの票を得た候補が当選する。これがルールだ。

 つまり、選挙に積極的に関わらないでスルーしていると、自分の理想とは違う社会がやってくる可能性がある。考えようによっては、かなりヤバイ。自分の収入の約4割をドブに捨てることにもなりかねない。

 今は国政選挙でも投票率5割を切る時代だ。地方選挙ではもっと低いこともある。つまり、「確実に選挙に行く人たち」の力が相対的に大きくなっている。貴重な1票を捨てている人は、あっという間に社会から切り捨てられる存在になるだろう。

 もし、「選挙はつまらない」と思っている人がいたら、ぜひ私の書いた『黙殺』を読んでほしい。全く別の世界があることに気づくはずだ。


 はたけやま・みちよし 1973年生まれ。愛知県出身。早稲田大在学中より週刊誌などで取材活動開始。選挙を中心に取材しており、『黙殺 報じられない〝無頼系独立候補〟たちの戦い』(2017年、集英社、2019年11月に文庫化)で第15回開高健ノンフィクション賞受賞。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします!!

ありがとうございます!ツイッターのフォローもお願いします!
6
月刊『政経東北』|株式会社東邦出版(福島県福島市)が発行|東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌|1972(昭和47)年7月1日に第一号を発行|注文はコチラからhttps://seikeitohoku.base.shop

こちらでもピックアップされています

畠山理仁の選挙古今東西
畠山理仁の選挙古今東西
  • 3本
コメント (3)
初めましてでしょうか…以前,コロナ関連のnoteでコメントした記憶がありますが、
そう言った履歴を探すことが出来るのか,機能を使いこなせず、
分かりません^^;
畠山理仁さんが、イコール月刊政経東北サンなのですか?

畠山さんは、不正選挙と言うモノを信じますか?!

この度の都知事選挙において,わたしの情報仕入量が少ないのかも知れませんが、
宇都宮さんて,印象的に勘で言うと、
選挙が目的的になっている人と言うイメージしかなく,それが拭えないので、
リベラル派が投じるとか言われていましたが、絶対に入れたくないと思いました。
彼は、立候補が目的で都知事になると言う姿勢ではないでしょうか???
コメントありがとうございます。こちらの記事は月刊政経東北に毎月掲載されているコラムを転載したものであり、畠山さんがこちらを運営したり閲覧しているわけではございません。コメントいただいた件、編集部から伝えておきます。なお、畠山さんはツイッター(@hatakezo)などでも情報発信しております。
ご返信下さり、恐縮です!
畠山さんが運営していらっしゃると勘違いして,大変失礼致しました。

畠山さんが運営していらっしゃることを前提に,以降述べてしまっていまして、
月刊政経東北さんとしては、不正選挙と言うモノをどうお感じになられるか,
改めて、お尋ねしてもよろしいでしょうか…。

また、その後の文章にあるように,
宇都宮氏の件も、「東北」とあるくらいですから、
あまりその点では、お詳しくないでしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。