「鎌倉学び舎」通信

11

「鎌倉学び舎」ができるまで⑩〜文化人と子どもをつなぐ〜

今回は 鎌倉学び舎が どうやって文化人と子どもを つなごうと考えているのか について綴ります。 鎌倉学び舎の柱の1つに 「文化人・職業人からの学び」 というものがあります。 鎌倉にゆかりのある 文化人や職業人と 子どもたちが出会える場をつくること。 それにより、子どもたちが さま…

「鎌倉学び舎」ができるまで⑨〜問題解決能力について〜

今回は 鎌倉学び舎における 「問題解決能力」の育成 について綴りたいと思います。 「学童保育施設」として 子どもたちが放課後を豊かに過ごす お手伝いをしようと考えたとき その可能性の大きさに わくわくしました。 全国学童保育連絡協議会(2007)によれば 低学年が小学校で過ごす時間は…

「鎌倉学び舎」ができるまで⑧〜ロゴ〜

今回は 「鎌倉学び舎」のロゴ について綴りたいと思います。 これまでロゴについては どこでも語ってきませんでしたが 実は意味が込められています。 このロゴは クリエイターの方々に ご提案いただいた中から 選んだものです。 いろいろなご提案がありましたが その中で一番気に入ったのが…

「鎌倉学び舎」ができるまで⑦〜名称〜

今回は 「鎌倉学び舎」という名称 について綴りたいと思います。 前回まで綴ってきたように、 物件も見つかり 先生方も賛同して下さり ようやく構想が形になってきました。 さて、 じゃあ学童の名前はどうしようか。 そう思ったとき、 自然に浮かんで来たのが 「かまくらまなびや」 という…

「鎌倉学び舎」ができるまで⑥〜先生方との出会い〜

今回は 鎌倉学び舎の伝統文化を担当して下さっている 先生方との出会い について綴りたいと思います。 前回書いたように 想いを持って 伝統文化のお稽古を 取り入れようと考えた訳ですが その時点で 伝統文化の先生で 知っているのは三味線奏者の 友人のみ。 他には知りませんでした。 で…

「鎌倉学び舎」ができるまで⑤〜なぜ伝統文化のお稽古を取り入れたのか〜

今回は、 なぜ伝統文化のお稽古を取り入れたのか について綴りたいと思います。 近頃 大人になってから 日本の伝統文化を学びたいと 考える方が増えているそうです。 私もそうでした。 仕事に追われる日々の中で いかに心豊かな生活を送るか と考えたときに 「お花の活け方、学んでおけばよ…

「鎌倉学び舎」ができるまで④〜なぜ「学童保育」なのか〜

今回は、なぜ「学童保育」なのか について綴ります。 これまでの記事の中で私は 「鎌倉の文化人と子どもたちが出会える場」 の構想について書いてきました。 この構想と「学童保育施設」をかけあわせたのが 「鎌倉学び舎」 なわけですが…。 私は前職の大学講師時代に、 児童館や学童保育施設…

「鎌倉学び舎」ができるまで③〜物件との出会い〜

今回は物件との出会いのエピソードを 綴りたいと思います。 私はもともと古民家が好きでした。 自然素材だけでできている 昔ながらの日本の家。 そこにいるだけで心が穏やかになるような 「場」の力に魅了され、 友だちと古民家めぐりをしたり 古民家雑誌を読みふけったり そんなちょっとした…

「鎌倉学び舎」ができるまで②〜再会〜

前回は学童保育施設「鎌倉学び舎」の アイディアが生まれるまでを 綴りました。 今回は、そのアイディアが どうやって実現に向けて動き出したのか について綴りたいと思います。 2015年。ひょんなことから それまでやっていなかった facebookを始めました。 そして それをきっかけに、久しぶ…

「鎌倉学び舎」ができるまで①〜自己紹介に代えて〜

はじめまして。今日からnoteを始めることにしました。 私は現在学童保育施設「鎌倉学び舎」を経営していますが、 昨年の3月までは大学で専任講師をしていました。 そんな私が「鎌倉学び舎」を構想し、実現し、 現在に至るまでの道のりを何回かに分けて 綴っていきたいと思います。 私は鎌倉生ま…