進歩党

中道左派新党 |正式名称「社会民主進歩党」 | 象徴天皇制と公選の大統領制が共存する日…

進歩党

中道左派新党 |正式名称「社会民主進歩党」 | 象徴天皇制と公選の大統領制が共存する日本型大統領制の導入 | リベラルな統治機構改革 |グリーン・ニューディール | 脱原発 | 安保法制を見直しつつ着実な防衛力整備 | 代表:鈴木しんじ

最近の記事

ロシアによるウクライナ全面侵攻から2年が経過して【党声明】

 本日でロシアによるウクライナ全面侵攻開始から2年が経過しました。ロシアによる侵略行為で犠牲になった全ての方々に哀悼の意を捧げると共に、侵略行為によって被害を受けている全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。  この2年間で、ウクライナの民間人死者数は1万を超え、ウクライナ・ロシア両軍併せて50万人以上の戦死者が出ているという推計があります。ウクライナの国内避難民は約370万人、国外に逃れた難民は約650万人と、合計で約1/4の同国民在住民が家を追われました。  ロシア軍

    • 東京国際空港での日本航空機と海上保安庁航空機の衝突事故について:党コメント

       東京国際空港(羽田空港)で本日発生した日本航空機と海上保安庁航空機の衝突事故について、日本航空機に乗っていた乗員・乗客全員が避難に成功したことに安どしています。しかし一方で、海上保安庁航空機に乗っていた6名の内、5名の方々の死亡が確認されました。同機は被災地への支援物資を運搬する途中だったと言うことで、胸が痛む思いです。亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に重体である機長のご回復を心よりお祈り申し上げます。  能登半島地震発生という非常時において誰かを責めるわけでは決

      • 令和6年能登半島地震に対する党声明

         昨日発生した能登半島大地震から一日以上が経過し、被害の状況が明らかになってきました。  被災地域は少なくとも北陸全域におよび、余震が続き、津波による家屋等の流出、家屋の倒壊、停電・断水が広範囲で発生するなど深刻な状況が発生しています。現在、倒壊した家屋では必死の救助活動が行われていますが、今夜遅くから雨が降る見込みであり、二次被害の発生が懸念されています。  私たちは、亡くなられた方々に心より哀悼の意を表すと共に、少しでも多くの方々が救出され、二次被害の発生が最小限に留

        • 年頭のご挨拶(世界的な「大混乱」が危惧される一年に向けて)

           皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。    昨年の国際政治に関しては、ウクライナ戦争の長期化とパレスチナのガザ地区を支配するハマスによるイスラエルへの攻撃により勃発したパレスチナ・イスラエル戦争が最大の重要課題でした。国内政治に関しては、岸田首相は、緊迫化する国際情勢への対応という名目で、敵基地攻撃能力の保有と防衛費の大幅増額を決定しました。その後、それらの財源を増税で賄うのではないかという懸念が国民の間で高まると、首相は突如「減税実施」

        ロシアによるウクライナ全面侵攻から2年が経過して【党声明】

          関東大震災発生から100年を迎えて【党談話】

           本日9月1日の「防災の日」で、関東大震災発生から100年が経過しました。この震災による死者・行方不明者は10万5千人以上と推定されています。私たちは、震災でお亡くなりになった方々に心から哀悼の意を示すと共に、今後発生することが予想される南海トラフ巨大地震などによる地震災害、さらに気候変動がもたらす自然災害の深刻化に対して、国家主導でより綿密な対策を進めることを強く訴えます。  さて、関東大震災に乗じて朝鮮人、中国人および日本人が虐殺される事件が起きたことを忘れてはなりませ

          関東大震災発生から100年を迎えて【党談話】

          福島第一原発の処理水の海洋放出に対して【党談話】

           岸田政権は東京電力福島第一原発の処理水(アルプス処理水)の海洋放出を行うことを決定し、本日午後より、海洋放出が開始された。  自公政権及び東京電力は、2015年に福島県漁業協同組合連合会に対し、文章で「関係者の理解なしにいかなる処分も行わない」と約束したが、海洋放出に関して関係者の理解が十分に得られたとは言い難い。それゆえ、約束が反故にされたことは非常に遺憾である。  しかしながら、たまり続けてきた処理水が来年にも満杯になる可能性があること、国および国際原子力機関(IA

          福島第一原発の処理水の海洋放出に対して【党談話】

          新憲法草案(第一次版)を作成しました

            この度、進歩党は党の新憲法草案の第一版を公開しました。私たちは、現行の日本国憲法の価値を十二分に認めながら、それを時代に合わせてより進歩的・合理的にアップデートさせた日本国憲法Ver.2を、立憲主義に則って制定すべきだと考えています。  今回の案は、党の政策調査会で作成し、党の中央委員会で了承されたものです。内容としては現在の党としてベストを尽くしたものですが、人的リソースの問題から内容的な不備があるかもしれません。今後、皆様に広く意見を募集しますので、コメントを頂け

          新憲法草案(第一次版)を作成しました

          クラウドファンディングによる政治資金集めに関する法的規制について,総務省による回答

           進歩党代表の鈴木しんじです。私たちのような、国政政党でないベンチャー政治団体は、党勢を拡大するのに政治資金規正法により資金面から大きな制約を受けます。寄付を受ける際にも、国政政党は会社・労働組合などの団体から制限なく献金を受けることができるのに、その他の政治団体は一切禁止され、さらに個人献金に関しても同一の相手方に対して年間150万円を上回る額の献金を受けることができません。  国政政党に対する上記の優遇は妥当性を欠くものであり当然是正されなければいけませんが、それを実現

          クラウドファンディングによる政治資金集めに関する法的規制について,総務省による回答

          入管法改正案の可決・成立に対する党声明

          政府提出の出入国管理及び難民認定法の一部改正案が、自民公明維新国民各党の賛成により参議院本会議で可決・成立しました。 今回提出された政府案は、2年前に提出され大きな批判を浴びて廃案となった旧法案の内容をほぼ維持したものです。国際的に見て極めて低い難民認定率という根本点的な問題を改善せず、入管の強制送還機能を強化したのが特徴であり、送還が停止される難民認定の申請を原則2回までに制限し、退去命令違反に対する罰則を設けました。 しかしながら、法案提出の根拠となった政府側の立法事

          入管法改正案の可決・成立に対する党声明

          憲法記念日にあたっての党談話

           日本国憲法が施行されてから、本日で76年となりました。「基本的人権の尊重」、「国民主権」、「平和主義」という日本国憲法の三大基本原理は、第二次世界大戦後の日本の平和と発展を築き上げた基礎です。私たちは今後とも三大基本原理を尊重し、守り続ける必要があります。しかしながら私たちは、日本という国家が予想される困難に対応できるようにするためには、既存の政治システムをより合理的なもの変えることが不可欠であると考え、「日本国憲法Version 2」の制定を訴えます。  私たちは、ウク

          憲法記念日にあたっての党談話

          統一地方選挙の結果について

          こんにちは、進歩党幹事長代行の中野まさひとです。 この度、進歩党が推薦・支援を行った統一地方選挙の結果をお伝えします。 推薦候補 当選 石原よしのり(市川市議会議員選挙)2,459.9票  65人中21位 当選 片谷洋夫 (青梅市議会議員選挙)1731票   30人中16位 落選 岩川ひとし (練馬区議会議員選挙)212票   72人中71位 支持候補 落選 岡高志 (大田区長選挙)65,501票 得票率は24.8% 3人中3位 落選 込山洋 (渋谷区議会議員選挙)1,

          統一地方選挙の結果について

          「進歩党の経済政策2023」を発表しました

           進歩党は「経済政策2023」を発表し、その後オンラインで経済政策懇談会を開催しました。    社会民主主義を掲げる私たちは、国民の生活が保障される社会の実現を目指していますが、その一方で、人々が高い労働意欲をもって持続可能な経済発展が実現されることの必要性についても十分認識しています。そこで、私たちは「競争と安心が共存する新しい経済システムの構築」を目指します。相反すると思われる要素を両立させることこそ21世紀の課題です。    私たちは、日本経済を復活させるには、多くの人

          「進歩党の経済政策2023」を発表しました

          東日本大震災発生から12年を迎えるにあたって:党談話

           本日で東日本大震災の発生から震災から12年が経過しました。犠牲になられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。そして、これまで被災地の復興のために支援をされた方々に心からの敬意を表します。  トルコ南部で2月6日に発生した地震では、隣国シリアと合わせて5万人以上の方が尊い命を失い、多くの方々が避難生活を強いられています。地震や大規模な火山噴火の発生は防ぐことはできず、日本においても南海トラフ地震などの大地震はいつ来てもおかしくありませ

          東日本大震災発生から12年を迎えるにあたって:党談話

          ウクライナ戦争勃発から一年が経過したことに関する党声明

           本日でウクライナ戦争が始まってから一年が経過しました。 この侵略戦争により被害を受けた全ての方々にお悔やみ申し上げます。特にロシアによる攻撃により尊い命を失われた全てのウクライナの人々に心より哀悼の意を表します。ウクライナの勝利という形で一刻も早く同国に平和が訪れることを願うと共に、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチン以下、侵略戦争の責任者全てに厳正な法の裁きが下されることを願ってやみません。  侵略によって奪われたウクライナの領土は完全に取り戻されなければならず、その

          ウクライナ戦争勃発から一年が経過したことに関する党声明

          新型コロナウイルスの5類への変更決定についての党声明

           岸田政権は27日、新型コロナウイルスの感染症法上の分類を現在の「2類相当」から5月8日に「5類」に引き下げることを決定しました。新型コロナウイルスに関してはオミクロン株の流行後、致死率は大幅に低下したものの、感染力は強まり日本における第8波における死者数はパンデミック発生以降最多となっています。また今後、致死率が高い、新しい変異株が発生する可能性がないとは言えません。  これまで「2類相当」見直しが求められ続けていたにもかかわらず、安倍・菅・岸田と3内閣に渡って議論が一向

          新型コロナウイルスの5類への変更決定についての党声明

          新春トーク。今年の国際情勢はどうなる?

          ウクライナ戦争や中国による台湾侵攻の懸念が高まるなど、国際情勢が緊迫化しています。今回は、国際情勢に行方と世界秩序のあるべき姿について、私たち進歩党の鈴木代表と本党の友党である新国民同盟の中原剛秀理事が対談を行いました。 鈴木:「明けましておめでとうございます。今年も宜しく御願いします。」 中原:「宜しく御願いします。」 鈴木:「まず、早速なんですが、中原さんはどうして政治に興味を持ったのですか?」 中原:「僕が中学頃に、生活が苦しかった父方の祖父が倒れたときに色々あ

          新春トーク。今年の国際情勢はどうなる?