マガジンのカバー画像

霧とリボン企画展|スクリプトリウムvol.3〜植物図譜

33
オンライン開催|2021.9.16〜24 *9/19〜21休|「スクリプトリウム」とは修道院の写字室のこと。本展では、修道院の営みを彩る「植物|ハーブ」を題材に、13組のアーティ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【別便】スクリプトリウムvol.3|維月 楓 & 永井健一 & Du Vert au Violet《2》|プライヴェート・ポプリ〜アンソロジー・シリーズ

Text霧とリボン  六日間に渡りお送りしたオンライン開催 霧とリボン企画展は、一昨日無事閉幕致しました。アーカイヴはいつでもここスクリプトリウムに保管されていますので、折に触れて、馨しい植物標本をご高覧頂けましたら幸いです。  本日は、菫色の写字室の残り香として「別便」をお届け致します。 *  小壜シリーズに続き、プライヴェート・ポプリの《アンソロジー・シリーズ》をご紹介致します。  はじめてプライヴェート・ポプリに触れる方に、特におすすめのシリーズです。ての

スキ
10

スクリプトリウムvol.3|DAY 6

★別便配信のお知らせ 【9/25】Serène Kato & keino glass & Du Vert au Violet《Tear Catcher》全9点をオンラインショップに掲載 【9/25〜26】維月 楓 & 永井健一 & Du Vert au Violet《アンソロジー・シリーズ》全3種、別便にて配信 最新情報は霧とリボン ツイッターでお知らせします 本記事は、オンライン開催の霧とリボン企画展《スクリプトリウムvol.3〜植物図譜》最終日、DAY 6の配信記録です

スキ
8

スクリプトリウムvol.3|Serène Kato & keino glass & Du Vert au Violet|Tear Catcher

Text|霧とリボン  夜の帳が降りるスクリプトリウムでひらいた一冊の詩集。涙を詠んだアルベール・サマンの詩が、薔薇の蕾の芳香となり、Tear Catcherの中へと封印される——  スクリプトリウム最後の夜にご案内するのは、翻訳、調香、ガラス工芸が綾なす涙を巡る一篇です。  原詩の言葉ひとつひとつに誠実に寄り添い、意味の揺らぎをも留めようとしたSerène Kato様の訳詩から、その美を蒸留しようと試みた調香。  涙を薔薇の蕾に擬えたポプリに安らぎを与えようと待

スキ
11

スクリプトリウムvol.3| keino glass & Du Vert au Violet |ポプリ・ボンボニエール

Text|霧とリボン  美しい光を奏でるリキュールグラスでスクリプトリウムを彩ったkeino glass様より、Du Vert au Violetのプライヴェート・ポプリのための特別なガラス作品が届きました。  最初にご紹介するのは、ペーパーサシェ・シリーズを楽しむためのポプリ・ボンボニエール。修道院で捧げられる祈りのように凛とした佇まいがひときわ美しい、洗練のシリーズです。  漆黒と透明のアレンジメントがシックなポプリ・ボンボニエールは、ミニマリズムと装飾性が流麗

スキ
8

スクリプトリウムvol.3|Arii Momoyo Pottery & Du Vert au Violet|薬草を摘む手のポプリポット

Text|霧とリボン  先にご紹介したArii Momoyo Pottery様の「薬壷をイメージしたポプリポット」3種に加え、Du Vert au Violetとのコラボでも、アンティークの薬壷風ポプリポットを制作して頂きました。  薬草を摘む手からポプリ時間がはじまるオリジナルのポプリポットです。  Arii Momoyo Pottery様が得意とされるアンティーク風かつ宗教モチーフの作風に、Du Vert au Violetのイメージを絶妙なバランス感覚で重ねて頂

スキ
4

スクリプトリウムvol.3|Arii Momoyo Pottery|薬壷をイメージしたポプリポット

Text|霧とリボン  高く澄んだ美しい秋空が、スクリプトリウムの植物たちを祝福しているような一日。最終日となる本日は、香り高い工芸品をお届け致します。  まずご紹介するのは、アンティークの風合いと宗教的なモチーフで知られるArii Momoyo Pottery様の薬壷をイメージした陶製ポプリポット。Du Vert au Violetの「プライヴェート・ポプリ」を楽しむためのポプリポットとして、特別に制作されました。  Arii Momoyo Pottery様ならで

スキ
4

スクリプトリウムvol.3|DAY 5

本記事は、オンライン開催の霧とリボン企画展《スクリプトリウムvol.3〜植物図譜》DAY 5の配信記録です 最新の配信情報は霧とリボン ツイッターでお届けしています Text霧とリボン  終幕が近づき、スクリプトリウムに咲き誇る植物たちがいっそう濃い香りを漂わせています。訪れて下さいました皆様に深くお礼申し上げます。  本展にて、霧とリボンのポプリブランドがローンチ、DAY 5の本日は、ブランド設立に関する記事をお届け致しました。  巡る季節の美しさを窓越しに眺めなが

スキ
6

スクリプトリウムvol.3|維月 楓 & 永井健一 & Du Vert au Violet《1》|プライヴェート・ポプリ〜小壜シリーズ

Text|霧とリボン  ブランド設立を記念して調香したポプリは、ヴァージニア・ウルフ『オーランドー』冒頭より、少年オーランドーが自然の中で詩作する3つの光景が題材です。  「Nature and Letters|自然と文学」「Sixteen|16歳」「A Summer’s Evening|夏の夕暮れ」と題した3つのポプリを、「小壜シリーズ」と「アンソロジー・シリーズ」2つのパッケージで展開します。  本日は小壜シリーズのご紹介です。  永井健一さまのドローイングを

スキ
6

スクリプトリウムvol.3|永井健一&Du Vert au Violet|トワル・ド・ジュイ

Text霧とリボン  一篇の詩、一冊の書物に綴られた光景を辿って、ポプリを調香する——本展にてローンチしたポプリブランドの調香コンセプトを「Private Pot-pourri Library」の花冠に込めました。  書物の頁をひらけば物語の風景が広がるように、ポプリの小壜の栓をあければ香りの風景が広がるよう願いを込めて——  頁からひろがる物語の風景で、ポプリ時間を演出したい——そんな想いから、オリジナルのトワル・ド・ジュイを制作しました。  題材はヴァージニア

スキ
11

スクリプトリウムvol.3|Du Vert au Violet|プライヴェート・ポプリ

Text|霧とリボン  Du Vert au Violetが提案する「プライヴェート・ポプリ」について、その特徴から制作方法、楽しみ方まで、詳しく解説致します。  日々の暮らしの中で、香りを起点に、文学やアートなど多彩な世界に関心が広がっていくよう工夫されたプライヴェート・ポプリの世界をどうぞお楽しみください。 * このような方に特におすすめ ・生活に「香りの時間」を取り入れてみたい方に ・天然のやさしく深い香りがお好きな方に ・ポプリならではの熟成してゆく香りの変

スキ
8

スクリプトリウムvol.3|Du Vert au Violet|ポプリブランド設立に寄せて

Text霧とリボン *  本展「スクリプトリウムvol.3〜植物図譜」にて、霧とリボンのポプリブランドをローンチします。  今春より「架空のアブサン酒」として発表してきたポプリ・シリーズが「プライヴェート・ポプリ」として生まれ変わり、Du Vert au Violetは新しいスタイルのポプリブランドとして本格スタート致します。  ブランド名《ドゥ・ヴェール・オ・ヴィオレ|緑色から菫色へ》は、ベル・エポックの巴里に生きた詩人ルネ・ヴィヴィアンの同名散文詩集から。霧とリボ

スキ
8

スクリプトリウムvol.3|DAY 4

本記事は、オンライン開催の霧とリボン企画展《スクリプトリウムvol.3〜植物図譜》DAY 4の配信記録です 最新の配信情報は霧とリボン ツイッターでお届けしています Text霧とリボン  三日間のお休みを経て、スクリプトリウムの菫色の扉が再びひらかれました。心地よい風が通り抜けた一日、アーティストが育てた植物たちをご高覧下さいました皆様に感謝申し上げます。  「修道院」「写字室」——重厚な歴史と厳かな祈りに満ちた聖なる場所は、文学作品や映画、紀行文やネットで検索できる写

スキ
4

スクリプトリウムvol.3|永井健一《2》|詩作するオーランドー

Text霧とリボン  秋風がカーテンを揺らし、スクリプトリウムにひらかれた一冊の書物のページの上を過ぎりました。  月桂樹、楢の木、サンザシ、シダ——夏の追憶と共に、ページから、様々な植物の青々しい香りが漂ってきます。  ひとりの少年が詩作する風景を、ひとりの画家が描きました。  本ドローイング・シリーズの題材は、ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』。  本展にてローンチする霧とリボンのポプリブランドとのコラボで発表する、オリジナルのトワル・ド・ジュイのため

スキ
10

スクリプトリウムvol.3|松下さちこ《2》|薔薇のメッセージ

Textヨネヤマヤヤコ  金いろの円環に封じ込められた薔薇はまるでヌーメラルカード。  花弁の陰影で表現された薔薇は発光するかの如く鮮やかに染められ葉も棘も茎の断面までも慈しむように繊細に描かれています。  松下さちこ様の紡がれるチャーミングなスクリプトとともに黒いろのリボンが踊ります。薔薇をやさしく包み込むように、別れた枝葉を結びつけるように、メルクリウスの杖のように。  平面作品だけではなく老舗百貨店のウィンドウディスプレイやアパレルブランドとのコラボレーション

スキ
10