音楽制作の見積もり

ふと思い出したので、書いておきます。 

とある仕事。「こういう案件だといくらくらいでやってもらえますか?」とメールが来ました。今回のクライアントである映像制作の会社のプロデューサーから。

見積もりというのは難しい。

僕は特に単価を決めてなくて、最初に制作費を聞いて、その予算内でできることを提案することが多いです。それ以上のリクエストが出て来たら追加予算で...という感じ。追加で作業が来ても追加でもらわない時もある。ほとんどの場合がグロス受けなので、その中でやりくりを考える。まぁ、むちゃくちゃなこと言ってきたら追加してもらいますけども。

で、冒頭の見積もりの話。

こちらから金額を提示するのは結構難しいです。

・宅録で完パケする場合
・ミュージシャンを使ったりスタジオを使ったりする場合

ざっくりとしたこの2ケースだけでも幅があります。見積もりを2つ出すこともあります。制作方法によってかかる費用が変わりますよと。

あと期間の問題もあります。急ぎで作るのか、一週間くらいで作るのか、二ヶ月書けるのか。何回くらい修正がありそうか。例えばCMの場合だと、

・撮影時に1stデモ
・編集入る朝までに修正(オフライン)
・編集が上がった後に修正(編集が変わることによる尺調整)
・で、完成

みたいな感じで1から2ヶ月くらいかけて何度か修正を行います。

僕が今年仕事したこのCMは6秒くらいの曲ですが、制作期間は1ヶ月半くらいです。修正は2回くらいだったと思います。(編集の都合で)

となってくると、1曲単価いくらが相場?って話がすごく曖昧なことに気付きます。その他にも、最初からプロジェクトの総制作費が決まってることが多いです。映像制作会社がクライアントに見積もりを出して制作がスタートしてるとするなら、すでにそこには「音楽制作費」が入ってるわけです。たまに音楽制作のことを考えてなくて別途で話をすることも多いみたいですけども。

で、話戻ります。

「こういう案件だといくらくらいでやってもらえますか?」に対する返事。

--------------------------------------------------------------------------

だいたいこういう案件で音楽作る時は1曲単価○○円くらいからです、と伝えた後に、

映像制作でいうと、
・あり素材でFinalcutだけで編集して動画を作る
・スタッフを何人も使っていろんな素材を撮影してから編集室で動画を作る

というパターンがあると思うので音楽も同じなのです。金額によって目指せるところが違うので、だいたいの想定予算を教えてもらえれば、そこで何ができるかご提案します!

--------------------------------------------------------------------------

こんな感じの返信しました。映像制作やってる人に説明すれば間違いなくイメージ湧きます。トラックダウンがとか、打ち込みが...みたいな項目の話をしても、あまり伝わらないのです。相手の目線になって想像しやすい言葉で説明するといいんじゃないかなと思います。

という感じでしょうか。

見積もりとか交渉のパターンって山ほどあると思うので、他にも自分でいろいろと考えてみてください!僕はギャラ交渉とかあまりうまくない方なので今の所、これが僕の精一杯です。笑


スキャット後藤の番組。
#02 【12,000投稿してるInstagramの中身について話してます】https://www.youtube.com/watch?v=0XxnMiX9r9Y&t


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
26
フリーランスの作曲家、南房総在住。テレビ番組などの音楽作ってます。「来世ではちゃんとします」「青春高校3年C組」「徳山大五郎を誰が殺したか?(欅坂46)」「きらきらアフロ」など。かわいくてたのしくてちょっといじわるな音楽をつくってます。Twitter : scatgoto

こちらでもピックアップされています

アート×デザイン=クリエイティブ
アート×デザイン=クリエイティブ
  • 1901本

アートとは「自己表現を通じて鑑賞者の感情を励起する装置」であり、デザインとは「機能や目的に向けてユーザーの行動をアフォードする装置」である。故に両者の総和たるクリエイティブとは「暗黙知を通じて人々に新しい知見や体験を与えるプロダクトを生む活動」に他ならない。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。