神山 皐月(かみやま さつき)

ヨガやストレッチ、ボディワークに興味があります。日々、感じたことを綴ります。

神山 皐月(かみやま さつき)

ヨガやストレッチ、ボディワークに興味があります。日々、感じたことを綴ります。

    マガジン

    • 愛することは知ること。知ることは愛すること。

      日々の生活の中で、興味を持ったものについて少しずつ書いてゆきます。

    • ちょこっとだけメモしてみよう───人生を味わうために

      マガジンのトップ画像は、+NOION+様からお借りしています。(記事のトップ画像は、noteの皆様の画像をお借りしていることが多いです) ごくごく短いメモを書いています。 (時々、長いかもしれません) 忘備録だったり、日記だったり。 楽しいこと、興味深いことを少しずつ集めてゆけたらいいな。

    • この本を読んで、どう感じましたか?ー往復書簡

      • 10本

      皐月とぷーあるちゃの本の感想の往復書簡です。近くに同じ本を読んでいる人がいないというつぶやきからはじまることになりました。まだ実験段階です。 週一ぐらいのペースで更新したいです。 全6回予定です。

    • 小さなことで自分を褒めてみようかと

      できるだけ、小さなことで自分を褒めると自己肯定感が上がる、とのことだったので、試しにちょっとやってみようかと思います。

    • 今日もこつこつ、舟を癒やす

      長い人生を旅するうえで、舟……自分、を癒やすことは必要で。毎日、いろいろなことを少しずつ、していたり。+++photo credit: javiernoval+++http://www.flickr.com/photos/66031636@N00/49988700712+++Venecia+++via photopin+++https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/+++

    最近の記事

    少しずつ、変わってゆく。

    異動してきてから、約五年経ちました。 最近、ずいぶん今の職場にも馴染むことができたな、と感じます。 最初に異動をしてきたときには、どことなく女子高っぽいノリの人間関係に馴染めず、大変でした。 (無理に一緒にいてもあまり良いことはないので、会社を脱出して近くの定食屋さんに通っていた頃もありました) ですが、同僚と一緒にいくつも仕事の山を越えてゆくうちに、どうにか、もしかしたら仲間になれているのかもしれない、と感じる瞬間が増えました。 毎日、仕事をする上で交わしているなに

    スキ
    2
      • Twitterとnoteだと、何が違うんだろうか。

        Twitterとnoteを利用していて、その違いが最近気になります。 Twitterだと、1ツイートは短くても複数のツイートをすることで思ったよりも長い文章が書くことができます。 けれど、noteに載せる長い文章をエディタに向かって書こうとすると、とたんに筆が進まなくなってしまうのです。 文章を書く、という点ではあまり違いはないと思うのですが、どこが違うのでしょう。 自分なりに、少し考えてみました。 ■Twitterとnoteの違い 【Twitterの場合】 Tw

        • キジ白くん、こんばんは。

          初挑戦です。キジ白くんの絵を描いてみました。 我が家によく遊びに来る猫です。 三年くらい前から、餌をもらいに来ています。 夏の間は、我が家のスチール製の階段が熱く焼けてしまうので姿を見せなかったのですが、約二か月ぶりにやってきてくれました。 キジ白くんのために買ってある、猫餌のカリカリを、ひとつまみ階段の踊り場に出してあげると、夢中になって食べていました。 彼は、たぶん飼い猫です。 お腹の部分が白いのですが、あまり汚れておらず、綺麗に真っ白になっているので、おそら

          • なぜ、自分は説明し続けているのだろうか。

            毎日、電話やお問い合わせフォームから、質問が舞い込みます。 メールでお返事することもありますが、折り返しお電話を差し上げて、ご案内するケースが多いです。 途中、事務職に就いていた時期もあるのですが、一番長く続いているのは現在の職場です。 自分としては、質問された内容について、裏付けを取って確認したり、電話で再度、ご要望を詳しく伺ってから、順序よく必要なことをご案内してゆく、一連の作業がとても好きだったりするのですが……。 でも、どうして好きなんだろう。 急に、自分か

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 愛することは知ること。知ることは愛すること。
            神山 皐月(かみやま さつき)
          • ちょこっとだけメモしてみよう───人生を味わうために
            神山 皐月(かみやま さつき)
          • この本を読んで、どう感じましたか?ー往復書簡
            神山 皐月(かみやま さつき) 他
          • 小さなことで自分を褒めてみようかと
            神山 皐月(かみやま さつき)
          • 今日もこつこつ、舟を癒やす
            神山 皐月(かみやま さつき)
          • いろいろ振り返り─ブログ記事、読書、仕事のことなど
            神山 皐月(かみやま さつき)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            一時間が限界のようです。

            最近、iPadで絵を描くようになりました。 土曜・日曜の夕方に、約一時間ほどかけて線画の練習をしています。 iPadの画面はつるつるしているので、紙に線を引くのとは感触が全然違います。 なめらかな線を引こうとすると緊張するので、まだ一時間ぐらいしか絵を描くことができません。 でも、慣れるともう少し、長い間作業ができるようになるのでは、と期待しています。 絵は、もともと中学生の頃に、美術部で描いていました。 入部したときには、三年生の先輩しかいない状態でした。 三人いた

            スキ
            5

            時々、地雷を踏んで爆散することがあります。

            昨日は、かなり強めに怒られました。 仕事上、こちらの部署ではできない作業を、他の部署にお願いすることがあります。 このとき、正しい依頼先がわからないことが時々あります。 自分なりに考えて、おそらくここだろうと思われる依頼先へお願いをしたのですが……。 結局間違っており、怒られたのでした。 (お客様対応を行う窓口なので、実際にシステム上の処理を行う部署は別になっているのです) システムが複雑なので、実際に処理を行わない部署にいると、詳細がよくわからない場合が時々あるので

            歌を歌って、別れを告げる

            最近、少しずつ自分の持ち物を整理しています。 暑くて本もあんまり読めないし、それなら少しいろいろ片付け物をしよう、と思ったのです。 でも、捨てる時に、なんの抵抗もなく平静な気持ちで捨てることができるものと、実際に捨てるまでずっと不安感のような、罪悪感のような、微妙な気持ちにさいなまれるものとがあるんですよね。 たとえば、ティッシュの空き箱とか、カップスープの空き箱とか、中に入っていたものがすっかりなくなったものは、捨てやすいです。 別に、取っておかなくても、スーパーで

            スキ
            2

            まぁ、とにかくやってみる。

            今日、三つ折りにできる薄いブルーのマットレスと、古くなって薄くなった羽毛布団を大型ごみの回収に出しました。 先にマットレスをゴミ捨て場の近くまで持ってゆく。 あとから羽毛布団を持ってゆく。 鋏と紙紐、大型ごみの処理手数料のシールを持ってゆく。 マットレスと羽毛布団のそれぞれに、十字に紐をかける。 さらに、ふたつをまとめて真ん中一本で縛る。 マットレスの左上の見えやすいところに大型ごみのシールを貼る。 最後に、はさみと紙紐を持って部屋に戻る。 実際に作業をしてから手順を書き

            スキ
            2

            【感想】『疾風怒濤精神分析入門』

            片岡一竹さんの『疾風怒濤精神分析入門』を読みました。 書店で注文をしたら、たまたまそのときは版元でも在庫がなかったそうで、重版された分が届くまで約十日ほどかかりました。 入荷したと電話で連絡を受けて取りに行ったところ……あれっ、思ったよりも、本が大きい!?と感じました。 そう、よく書店で山積みになっているようなハードカバーの本よりも、ひとまわり大きかったのです。 レジの人に、ヨーロッパの街の片隅にあるような、少し崩れかけた、でもツタがその欠けたところを美しく這っている

            スキ
            1

            『疾風怒涛精神分析入門』中盤まで読み進めることができました

            片岡一竹さんの『疾風怒涛精神分析入門』を読んでいます。 ジャック・ラカンの精神分析について、とてもわかりやすく書かれたご本なのですが、中盤まで読み進めたところで、立ち往生してしまいました。 第一章、第二章、第三章……と読み進めてゆくと、だんだん、頭の中に知識が詰まってゆく感じがするのですが、あるところで、「もうこれ以上入らない感じ」になってしまうのです……。 うーん……。 少しメモを取りながら(あんまり細かくメモを取ると、それが負担になって読み進められなくなってしまうの

            スキ
            1

            書けているときの状態について

            最近、かなり調子よくnoteを書くことができています。 私の場合は、「いきなりnoteの編集画面に文章を打ち込む」作戦が功を奏しています。 でも、この方法で書くことができているのは、ふとそのときに思いついたことだけかもしれません……。 いろいろ調査して、読者にたくさんの情報を順序よく伝えてゆくような文章は、この方法では書けないのではないか、と思います。 WorkFlowyのようなアウトライナーか、もしくはScrapboxのような情報ツールに、読者に伝えたい情報をいった

            スキ
            1

            もうひとつの世界

            記事を書くときに、アイキャッチにつかう写真を「みんなのフォトギャラリー」から選ぶのが楽しいです。 最近写真を選ぶときには、「もうひとつの世界を覗き込んでいるような写真」を選ぶことが多いみたいです。 写真だから、現実の世界が写されているはずなのに、まるで私のいる世界とは違う別世界を覗き込んでいるような気持になる、そんな作品を選んでいます。 ここではないどこか。 なので、実は「ちょっと怖い写真」は選べなかったりします……。 ホラーが苦手なんです。 怖い世界は、覗き込み

            スキ
            2

            「曇り」の選択肢

            曇っているけれど、空が明るいです。 部屋のカーテンを開けたら、曇っているけれど空が明るくて、この状態を表現するには「薄曇り」という言葉で良いのだろうか……とふと気になって、「デジタル大辞泉」で調べてみました。 気象用語としては、雲量が9以上、という一節がありました。 雲量、って、なんだろう?と、さらに調べてみました。 雲の量の単位もあるのですね。 知らなかった……! すっかり空が覆われていると10、とすると、雲量9、は少しだけ雲に隙間が空いていて、青空が見える状態なの

            スキ
            1

            シンプルな料理でいいのかもしれない

             今はインターネットがとても発達しているから、Google先生に尋ねるとたくさんお料理のレシピが検索できます。  私は、あまり料理が得意ではないので、ついレシピを検索してしまって、できるだけレシピ通りに作ろう……としてしまいます。  でも、先日お友達と料理の話をしていて、「えっ!?そんな、いちいち計量さじではかるんですか?」という話になりました。  そのお友達は、私よりもうんとたくさん本を読んでいて博識で、話しているとまったく話題が尽きない人なのですが、料理の話になると

            スキ
            4

            幸せを感じるとき

            今日は、お仕事をお休みにしました。 昨日ワクチンの接種を受けたので、解熱剤を飲んでおとなしくしています。 ふと、自分は幸せなんだろうか、と考えていました。 今日は、たしかに、解熱剤を飲んで体の痛みや熱が引いているときには、幸せだなぁ、と感じていました。 もしかして、幸せを感じるには、その前に苦痛を感じている時間が必要なんでしょうか。 いや、できれば幸せ単体で感じていられるようになりたいな、と思いました。 少しずつ、幸せを感じたときを書いてみるといいのかな。 書き

            スキ
            3

            箱の中で今日も働く。

            リモートワークになってから、時々、「ああ、自分は箱の中で働いているな」と思うときがあります。 我が家は木造住宅なので、なんとなく、菓子折りの紙の箱の中にいるような感じかも。外と内をへだてている壁が薄くて、通気性がいいような、そんな雰囲気です。 気軽にお昼ごはんをスーパーに買いに行けるし、仕事の合間に柔軟体操をしても人目が気にならないし、かなり……慣れてきました。 ふと、そういえば、リモートワークに切り替わる前に何か月も治り切らないアヤシイ風邪をひいていて、こっ、これはっ

            スキ
            3