見出し画像

セールスコピーライターとは依頼者と協力してプロポーズする仕事であーる。

さっそくですが、セールスコピーライターという仕事はどんなものだと思いますか?

キャッチコピーを考える仕事?

商品の説明を書く人?

ライターは書く人だと思うけど、そもそもセールスコピーってなに?

間違いではありませんが完璧な正解ではありません。

セールスコピーライターとは、文章を書くだけではなく、商品をプロデュースすることを意味します。

、、、、、、、、、、、、どゆ意味???

ってなりますよね?笑

もう少し詳しく説明していきますね(^^)

セールスライター(セールスコピーライター)= 売るスキルを持つ人のことを定義したいと思います。 コピーとは、広告のキャッチフレーズや説明文案を意味し、ライターは、書く人を意味します。これまでのセールスライターというのは、ブログを書いたり、キャッチコピーを書いたりするなど「文章を書く人」と意味してきました。

ですが、ここで言うセールスライターとは、セールスコピーライターのことだと考えています。セールス=売るためのスキルを持つライターをセールスコピーライターと呼びます。そしてセールスコピーライターの最大の役割として、

「商品を文章を持って販売する役割」


そのためには、どのような売り方をするのか、依頼者とヒヤリングも必要です。現状の業界のこと、競合他社の情報もリサーチしなければなりません。

ターゲットを絞ってメリットを伝えるためには、マーケティングや人間の行動心理を学ばなければなりません。

その上で、文章を持って販売するために、「売れる仕組み」を作る必要が出てきたり、人が反応する文章の型や人の欲求を刺激する言葉を応用して、「動画」や「画像」を使い、提供している商品やサービスをひとりでも多くの方に届けることが、セールスライターという仕事内容です。

例えば、プロポーズでも、恋人に指輪を渡せばOKじゃありませんよね。相手に響く素敵な言葉で綴ったほうが良いし、朝より夜の方がムードが出て良いと言われますし、夜景が見える場所で伝えたり、相手が好きな形の指輪の方が喜ばれるので、相手に喜んで貰うために、リサーチしたりシチュエーションをいろいろと考える必要がありますよね?

コピーも同じで、まず自分が商品に惚れ込んで、事前にたくさん調べて、商品を研究して、どの形がみんなに届くのかを考えて、最後にラブレターを書くというお仕事なんです。

まとめると、セールスライターに必要なことは、文章を書くだけの能力より、お客さんに対してサービスに対する意識や関心を高め、購買を促進するプロモーション力を身につけることが大切です。

オシャレな言葉を考えて、ササっとセンスある文章を書く仕事だと思ったら、地道でめっちゃ大変そーじゃん!!


そう思いませんでしたか?笑

では、次にセールスライターの重要性とメリットをお伝えしますね!


コピーライティングを学べば、営業力が爆上がり!!!!?


人には誰にも価値観があり、それは人それぞれです。商品にも価値があり、顧客と商品やサービスの価値がカチッとハマったときモノが売れます。

悲しいことにどんなに良い商品でも価値が伝わらなければ売れないんです。

その価値を伝えるために、何と言われたら「欲しい」と思うのか?また、「欲しい」から「買いたい」と思わせるにはどんな伝え方がよいのか?
また、この人から買いたい!と思ってもらうにはどんなフレーズを入れたいいいのか?を学ばなければなりません。

ターゲットが抱いている悩み、疑問、欲しい未来、ストレスといった様々な価値観に応じて、心を揺さぶる表現をコピーライティングで持ち入り、相手に合わせた形で届けるだけで、成約率(目的を達成できた人数の割合)を上げることが可能になります。

コピーライティングを学べば、あなたの商品やサービスを最大限に伝えることができ、お客さんの方から求められるようになります。

コピーライティングを学べば、【売れるスキル】という最強の能力を身につけることが出来ます。そして、売ることが出来る人は、どんな仕事でも求められるので、あなたの価値が上がります。

(※マジで最強だと思っています。)


でも結局は、文章書くんだから必要なのはセンスじゃん!?


と思いました?(笑)二度目。笑

ご安心ください!商品を売る為のプロセスにはパターンがあるんです。そのプロセスを知るために、マーケティング、顧客の人間心理、問題や悩みに響く様な文章のコツを学ばなければならないと言うわけです。

心理学の番組ってついつい観ちゃいませんか?あれと同じで人間ってこんな風にされると商品を買いたくなるんだっ!って心理を科学でヒモ解かれていくので、学ぶことが楽しくなって、きっとハマりますよ?笑

知ってました?スーパーでおばちゃんがしている試食コーナーも、返報性の法則という人間心理を利用したマーケティングなんですよ。

知ってました?お客さんにメリットよりベネフィットを伝えてあげたほうが商品はより売れるんです。

このように身近でも利用されている、知識やテクニックを勉強して身に付ければ、センスや才能や資格がなくても「欲しい」と思ってもらえるコピーが書けます。


こんな人はいませんか?


自分の仕事にこだわりや好きだと言える人たちであっても、売るという行為が好きではない。

むしろ直接会ってセールスする行為は、イヤとか罪悪感すら感じてしまう。

コピーライティングを学べば、「人前で上手く商品の説明が出来ない」とか「直接では自分の想いを上手く伝えられない」とか、そんな悩みを解決してくれます。

炎天下の中、汗をかきながらセールスしていたのが、カフェで涼みながらコーヒーを飲み、FAXで100通もセールスをすることも可能です。お客さんに会わずとも、契約を成立させることもできます。

あなたの商品への想いは、代わりにチラシやHPでの商品説明と言ったコピーが届けてくれます。商品やサービスの魅力を最大限に伝えることができます。そしてお客さんの方から求められるようになります。

セールスコピーライターとは、パソコン一台で、多くの方の悩みや問題を解決して、多くの方を幸せにすることが出来る仕事なんです。


Twitterもしていますので、良ければフォローよろしくお願いします!^^

【Twitterアカウント】
サトル@スポーツクラブ×セールスライター

#セールスコピー #マーケティング #セールスコピーライター #沖縄

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたのスキが励みになります!!
17
保険営業マンからフリーランスとして、スポーツクラブのスタッフとセールスコピーライターの仕事をしています。失敗も成功も、着飾らずにありのままの姿を、サトルのままで表現しようと思い、このnoteを自分の原点にしたいと思います。ひよっこから飛び立つ時を、楽しくお読みください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。