新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SpatialChat を使った、リモート・チームビルディング

Covid-19が終わったら、対面でキックオフをやるんだ・・・!と思っていても、まだしばらくはそういった機会はなさそうです。パンデミックの下でも、来る人居れば去る人も居て、2021年のチームでスタートダッシュをしっかり切っていきたいと願う人は多いのではないでしょうか。

僕はカミナシという会社で技術顧問をしています。カミナシは東京が本社ですが、僕はシンガポールに在住している、フルリモート技術顧問です。

技術顧問として何をやっているか書くことで、同じように副業をやってらっしゃる皆さんや、未曾有の状況下でリーダーをやらねばならない皆さんのお役に立てないかなと思っています。

ところが僕は筆無精で・・・。技術系の重たい記事を出す前に、まずはライトなこちらのトピックからスタートさせてもらおうと思っています。

リモートミーティングの味気なさを、ツールで解消しよう

一般的なビデオ会議ツールは、一方通行の情報共有系には大変有効なのですが、チームアップとして「2021年の目標を一緒に議論する!」とか「新しいメンバーを入れてゲームをする!」とか、そういう目的にはあまり使えません。そこで、SpatialChat のご紹介です。

画像5

画像1

SpatialChat も、ビデオ会議ツールの一種です。ただ、普通のツールとは違って、部屋のなかを自在に動き回れるUIをしています。人に近づくとその人の声が大きく聞こえ、人から遠ざかると声がきこえなくなります。

これを使うと、グループワークがとてもやりやすくなるのです。部屋を何班かにわけてグループで話し合い、結果をみんなであつまって共有する、みたいなことが簡単にできるようになります。

他にも似たようなビデオ会議ツールがありますが、参加の手軽さ、操作の滑らかさは、SpatialChat が今のところダントツだと思います。

25人まで、3000分/参加者/日まで無料で使えますので、スモールスタートでまずは使ってみることをおすすめします。

カミナシでやったこと

カミナシは今のところ、プロダクトが徐々に世の中に受け入れられ、個々人が超忙しく、人がフルタイム・パートタイム共にどんどん増えるという良いモメンタムの最中にあります。

新しい仲間を迎え入れたとき、あるいは新しいチームを組織したとき、気軽にチームビルドをしたいですよね。コロナ禍でもなるべく楽しく、お互いを知る機会を作ってみたいと思って、今回はNASAゲームというグループワークをやってみました。

NASAゲーム

NASAゲームは、グループで行うと楽しい合意形成ゲームです。概要は下のようなものです。

あなたは宇宙飛行士で、月面で待つ母船に向かっていましたが、300km 離れた場所に不時着してしまいました。船には下記10個のアイテムがあります。母船にたどりつくために、アイテムを優先度順に並べてください。
・マッチ箱
・濃縮された食べ物
・パラシュート
・太陽熱利用の携帯暖房機
・50kgの酸素タンク
・月面で使う星座表
・20リットルの水
・宇宙用照明弾
・注射器の入った救急箱
・太陽電池のFM受信送信機

まずは個人で優先度順にならべてみてください。食べ物は要るよな・・・いや、多少腹が減っても、照明弾の方が大事か?というように、大切だと思うものを選んでいきます。

次にチームメンバーで集まって話し合いです。お互いの回答をみながら、チームとしての優先度を決定します。Google Spreadsheetを活用すると、同時編集しながら議論できて良いですよ。

画像2

チームでの作業が終わったら、チームごとに発表会です!理路整然と、何故その重要度にしたのか、相手に説明してください。

最後に、NASAの回答と比べてみます。自分たちの回答がNASAの回答に最も近かったチームが優勝となります。(個人の予想が優秀でも、チームの合意形成に失敗すると、チームの成績は優秀にならないかもしれません。)

合意形成を行う課程で「誰が口火を切ったか」「誰が議論を上手にまとめたか」「自分は納得するまで発言したか」など、チームで仕事をする上で欠かせない要素を、ゲームを通じて体感できるというのがミソです。

画像3

カミナシの皆も大変楽しんでくれたようで、開催した当の本人もずっと笑ってました。議論を振り返ってみると、口火を切る人はいつものミーティングで最初に話す人と同じでしたが、まとめたり発散させたりできる人は意外な人も多く、お互いの理解が深まった印象でした。

それにしても、とんでもない発想が出てきたので、今後のカミナシのプロダクトは非連続成長を遂げていくかもしれません・・・!

画像4

ちなみに、長野からポケットWiFiで接続していたメンバーは、通信料を食い過ぎて離脱してしまいました。うーん・・・電波塔がんばってたてよう。

おわりに

みなさんも是非、SpatialChat を使いつつチームアップをやってみてください。NASAゲーム以外にも、「リーダーズインテグレーション」など、チームアップをやる方法論はたくさんあるので、いろいろ調べると良いと思います。単なる飲み会より絶対に楽しいです!

技術顧問といっても、技術のことばかり話すだけでなく(もちろん技術の談話もしているよ!)チームビルディングや全社戦略の話など、いろんなことをやっています。僕やカミナシに興味が出たら、是非気軽に遊びに来てみてください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
21
技術顧問 @カミナシ、グローバル開発責任者 @ポーターズ