見出し画像

withコロナの時代に求められるインテリジェンス

先日、Facebookにて
こういう投稿をしました。

「新型コロナは5Gが原因」
誤った陰謀説がネット上で広がる。
コロナ関連の偽情報SNSで増加


という記事のシェアですが、


僕が目にするところでも、
たびたびこれ関係の情報

(5Gの健康被害関連)


を見聞きすることがあって、


最初は『そうなのかな?』
とも思ったんですが、


そういう情報を発信してる人は、

大体、陰謀論にアタマが
支配されてるな、

って印象だったので、
これ関係の情報は、


一歩引いた目で冷静に見るようにしてます。


昔、ユダヤ陰謀論に興味が出て
いろいろ調べてるときにも
感じたんですが、

陰謀論にアタマを支配された人は、


『悪の秘密結社』ありきで
自論を組み立てる傾向にあります。


世界の構造を単純化して、

一部の邪悪な人たちが、

善良な大衆を操作して、
思い通りの世界を創ろうとしてる、


そういうフィルターで
現実世界を見て、

すべてを『こじつけ』
紐解いていこうとします。



僕はユダヤ陰謀論について
調べていく中で、

『ポグロム』
(ロシア革命の要因にもなった、
 帝政ロシアにおけるユダヤ人の虐殺)

『ホロコースト』


を引き起こす原因にもなった、

『シオンの議定書』


の存在を知りました。

上記のWikipediaから転載すると、


「秘密権力の世界征服計画書」
という触れ込みで広まった会話形式の文書。

1890年代の終わりから
1900年代の初めにかけてロシア語版が出て以降、

『シオンの議定書』
『シオン長老の議定書』
とも呼ばれる。


内容はユダヤ人が
世界支配するという陰謀論であり、

ヘンリー・フォードや
ヒトラーなど世界中の
反ユダヤ主義者に影響を与えた。


結果的に国家社会主義
ドイツ労働者党政権のドイツにおいて
ユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)
を引き起こしたともいえることから

「史上最悪の偽書」、
「史上最低の偽造文書」


ともとされる。



この議定書のことを知って、
陰謀論の怖さ、

迷惑度の高さを知って、


それ以降、
こういう関係の情報は、

必ず一歩引いてフラットに
見るようになりました。


結局、大衆扇動の道具なんですよね。



人々の恐れや不安を煽り、
怒りの感情を増幅させ、

無知なる大衆の心を
悪魔に支配させ、


悪魔的な所業に走らせる、
というのが『陰謀論』です。


冒頭で語った5Gに関する
疑惑にしても、


一部の邪悪な勢力が、
世界中の良識ある人たちを、
完全に押さえ込んで、


人体に悪影響のある
5Gの通信網をを無理やり
世界中に設置しようとしている、


という構図自体に
ムリがあります。


世界はそんなに単純じゃないし、

5Gの技術に関わって、

日夜研究をしている
科学者たちの知性や理性を
バカにしてる、


もっと言えば、


人類は愚かだから、
そういう悪い方向に抵抗できずに
流されていってしまう、


と見てるワケで、


人類の叡智をバカにしてる、

と感じます。


確定的に人体に悪影響のあるものを
世の中に蔓延させようとしてる勢力がいて、

世界の中にその勢力に立ち向かえる
優秀な人がまったくいない、


なんて、人類をバカにしすぎだし、


世界の最先端の知性を持った
研究者や科学者の人たち、

有識者の人たち、

人類の未来に対して
責任のある立場にいる人たち
(支配層という呼び方は妥当じゃない)


に対して失礼だなぁ
、と感じます。



人間はそこまで愚かではないですよ。



もちろん、完全にシロだ、
と決めつけはしませんが、


完全にクロだ、と決めつけて、

人々の不安や恐れ、憎悪の感情を
増幅させるような情報の拡散に
加担するのは、

迷惑行為でしかないなぁ、と思ってます。


影響力のある発信者でも、

こういう情報を安易に
シェアする人もいるので、

そこの危険性は認識すべきだと思ってます。


昔は、マスメディアを支配している
国家や抽象度の低い金持ちが
なんの情報を拡散するのかを決めてましたが、


今は情報世界にも民主主義が広がり
(GoogleやFacebookが築こうと
 してるのは、そういう世界です)



一介の個人でもやり方次第で

大きな情報拡散力を
持てるようになりました。


こうなると、
玉石混合の情報が、

ネットのインフラに乗って、
容易に人々に届くようになります。


GoogleやFacebookが
実現しようとしているのは、

『真の民主主義』

の社会です。



民主主義というのは、

『大衆』を脱して、

市民意識に目覚めた人々が
社会の中心にならないと実現しません。



コロナの騒動は、
人々の生活をサイバー空間に移行させ、

『サイバー民主主義』の社会の
到来を前倒しで進めている、
と感じます。



これからの時代、
僕らに求められるのは、

『インテリジェンス』
『情報リテラシー』


情報というものを理性的に扱う能力です。


僕がネットで配信している
コンテンツは、

いろいろ切り口はありますが、
すべて、

『インテリジェンス』

を高めるための情報、
とも言えます。


政府とか国家のあり方以前に、

僕ら一人ひとりが、
社会にどう向き合うのか?

のスタンスを確立する方が
大事だってことですね。



そのために何をやっていくか?

ですが、


とっかかりとしては、
感情に支配されず、

理性優位の状態を
定着させるために、

『瞑想』

に取り組むことが、


誰にとっても
進めやすいことなのかな、と思ってます。


ちょうど先日の配信で、
『瞑想』に関する、

基礎理論の部分の講義が終わったので、
『再生リスト』にまとめておきました。


【瞑想の真実】第1段階と第2段階



これプラス、
先日から無償提供している、

【The Answer】のプログラムで、
『ゴール設定』をしっかりやっておけば、


人々を惑わすノイズ情報に対しても
結界が張られて耐性がつくはずです。


【The Answer】はこちらから
無償提供版で学べるので、

まだ未受講の方はぜひ、
この機に学んでみてください。

【The Answer】無償提供版


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
『賢い遊び人になろう!』が活動理念。『悟りの書』ブログを運営しつつ『遊び人』として生きてます。コーチ、コンサルタント、著者、編集長、YouTuber、マイクロ教育ビジネスオーナー、サイバー空間の式神使い。自由気ままに人生を遊ぶ。