朝ドラ「エール」の登場人物たちがやけに人生に絡んでくる件
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

朝ドラ「エール」の登場人物たちがやけに人生に絡んでくる件

さとなお(佐藤尚之)


いわゆる「朝ドラ」、NHK「朝の連続テレビ小説」を、よっぽど面白くない限り、わりと見るほうである。

いままでどうしても合わなくて見なくなったのは、「半分、青い」「べっぴんさん」「まれ」「純と愛」かな。

これらはね・・・辛かったw
理由はここでは書かない。

ちなみに、いままでのベスト3はこんな感じ。

1. ちりとてちん
2. あまちゃん
3. あさが来た or カーネーション



このあと、「てるてる家族」「ひよっこ」「ひらり」「なつぞら」「スカーレット」あたりが続く感じかなぁ。

そういえば、今ふと思い出したけど、1986年にやった「都の風」という超マイナーな朝ドラがあるんだけど、新入社員のとき、このヒロイン・オーディションになぜか同席したことがある(オーディション会場の隅っこにいただけだけどw)。

で、ヒロインが加納みゆきに決まって、その後わりと親しくなってカラオケとかも一緒に行ったんだけど、最近は見ないなぁ。どうしているかなぁ。



それはともかく。

いまやっている「エール」


リアルなモデルがいる朝ドラなのだけど、そのリアルな人々が、なんかいちいちボクの人生に絡んでいるので、わりと自分ごと的に熱心に見ている。


主人公の古関裕而。
その友人の古賀政男。
そして大御所、山田耕筰。


この三人の曲がね、やけに人生に絡んでる。
もちろん会ったことはないけど、やけに人生に絡んでる。


まず、主人公の古関裕而(こせきゆうじ)(役名は古山裕一)。

彼は、それはそれは名曲をたくさん残しているんだけど、ボクの人生的にはやはり母校早稲田のこれだ。

「紺碧の空」!


いやぁ、いったい何百回歌ったことか。


そして、1985年に社会人になって関西支社に配属になったんだけど、その年に優勝した阪神タイガースのこれ。

「六甲おろし」!


関西には15年住んでたし、これまたいったい何百回歌ったことか。


関西から東京に転勤になったあとも、2003年に星野監督の下で優勝したときに「星野仙一の個人広告」をボクの部で制作したので、あの年ももう数えられないくらい歌ったなぁ。

スクリーンショット 2020-06-04 19.48.49

ちなみにこの新聞広告、優勝の翌日の朝刊に掲載されている。
前日の夜遅くにならないと優勝が決まらないのに、翌日朝刊に全面広告を5紙で打つとか、当時としてはほんとウルトラDだった。。。

ま、それはともかく、古関裕而の曲は、ボクの人生の大事な彩りなのである。


そして、古賀政男(役名は木枯正人)。

そりゃもう、もうもう、名曲だらけの怪物みたいな作曲家なんだけど、これもボクの人生の大事な彩りだ。

幼稚園・小学校時代、父親が古賀メロディばっかり聴いていた。

ボクじゃなくて、父親ね。


特にこれ。

「影を慕いて」!


幼稚園生のボクが完コピできたくらい耳タコだった。

いったい何百回歌ったことか。

↓古賀政男自身が歌っている珍しい動画。


いやー、古賀政男〜! 
ボクにとっては幼稚園時代の思い出の唄〜!

※ちなみにもう一曲、父親がしょっちゅう歌っていた歌があるんだけど、それは服部良一作曲の「湖畔の宿」。



さて。

最後が、山田耕筰!(役名は小山田耕三)

山田耕筰を演じているのは志村けん。
これがはからずも遺作になった。


ボク、実は、この大御所中の大御所が校歌を作った小学校に通っていたのですね。

つまり、彼が作った校歌を、それこそ何百回と歌っているわけ。


品川区立鈴ヶ森小学校校歌!


ついでに言うと、作詞は藤浦洸だ。これまた名作詞家。

画像1


この曲、いいんだよなー。

そして、一番感性豊かな時代に何百回と歌ってる。
もちろん今でもソラで歌える。
歌い慣れていることもあるけど、校歌として名曲だと思うなぁ。


鈴小のサイトに、現在の校長先生がこんな投稿をしていた。

 本校は、大正9年4月荏原郡鮫浜第二尋常小学校として開校しました。大正12年4月には鈴ヶ森尋常小学校と校名を変え、歴史を積み重ねてきました。しかし、太平洋戦争が起こり、昭和20年の空襲によって校舎が全焼し、翌年の卒業式を最後に廃校になりました。
 しかし、卒業生や地元の方々のご努力により、昭和25年4月南浜小学校として新設され、同年11月に鈴ヶ森小学校と改名されました。その後地域の方々は「校歌」作成に向けてご尽力されました。有名な山田耕作先生に何度も何度もお願いをし、その熱意に打たれた山田先生は、素晴らしい曲を作ってくださいました。作詞は、藤浦洸先生が引き受けてくださいました。そして今年度は、開校70周年を迎え、11月14日(土)には、式典・祝賀会を予定しています。


あの、大御所中の大御所に、何度も何度もお願いしたんだねー。



てな感じで、朝ドラ「エール」がやけに人生に絡んでおり、そしてボクの人生をわりと彩っている、というお話でした。

コロナ禍のせいで撮影がストップし、6月27日(土)<第13週>をもって、一時放送が休止されちゃうらしいけど、再開後も楽しみにしているよ。スタッフの方々、がんばってください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さとなお(佐藤尚之)

古めの喫茶店(ただし禁煙)で文章を書くのが好きです。いただいたサポートは美味しいコーヒー代に使わせていただき、ゆっくりと文章を練りたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
さとなお(佐藤尚之)
コミュニケーション・ディレクターです。 さとなお名義で食やエッセイの本、佐藤尚之名義で広告関係の本を書いています。最新刊は『ファンベース』(ちくま新書)。 1995年から個人サイト「さとなお.com」を運営しています。