情報商材に課金するどころか、無料でノウハウを吸収した上に、noteまでリリースしてしまった男の物語
見出し画像

情報商材に課金するどころか、無料でノウハウを吸収した上に、noteまでリリースしてしまった男の物語

これは、今まで情報商材など見向きもしなかった男が、とある情報商材で課金一歩手前まで進みながらも、なんとか踏みとどまり、逆転の一打によって無料で情報商材の中身以上のノウハウと成果を手に入れた物語である。


◆ことの発端

突然ですが、みなさんは「情報商材」ってご存じですか?

要するに「情報の内容自体が商品となるもの」のことなんですけど、よくあるものとしては、

・投資必勝法
・副業マニュアル
・恋愛指南

なんかが挙げられ、実際にどんな内容が書かれているのかは購入するまで分からないというのが特徴です。

これで多くの人がピンときたと思いますが、この手のものって、

まぁ、胡散臭いことこの上ないですよね?

実際に、ほとんど無意味な情報を高額で買わされてしまうといった被害が相次いでいるので、そんなものと無縁な人の中には、

「だまされる方も悪い」

なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、情報商材のランディングページ(集客ページのことで、情報商材においては無料で見れる範囲を指します。以下「LP」。)を一度でも見たことがある人なら分かると思うんですが、情報商材って課金への誘導の仕方がメチャクチャ上手いんです。

金融商品のマーケターとしての顔も持っている私の目から見ても「商品への導線が秀逸だなぁ」なんて感心することもあります。実際、マーケティングの高等技術が使われている場合もあるくらいです。

とは言え、十中八九課金する価値がないものばかりであることは分かり切っているため、これまで、LPこそ面白可笑しく眺めてはいたものの、中身については一切興味がありませんでした。

しかし、そんな私がついに出会ってしまったんです!課金してでも見てみたい情報商材に!!

その内容とは・・・


「奨学金の返済をゼロにして金融商品の販売につなげる方法」


これ、凄くないですか?
しかも、LPによると「合法」で「誰でも条件なくできる」らしいんです!

そりゃ、そんな裏技があったら、それをネタに金融商品を売ることなんて簡単にできますよね?

普通に考えれば、奨学金300万円を背負ってる人なら、その方法を教えてあげる代わりに最低でも合計300万円までなら金融商品を買ってもらえるはずです。

「し、知りたい。なんとしてでも知りたい!じゃないと気になって眠れない!!(※深夜0時)金額によっては、おじさん課金しちゃうよぉーーー♪」


50,000円


「高ぇーよ!!!!!!!!!!」

その時、私の中でナニかが切れた音がしました。

「上等だゴラァーーー(# ゚Д゚)『奨学金についていろんなことを調べまくった』だぁ?合法なんだろ?だったらお前にできて、俺にできないわけがない!自力で辿り着いてやろうじゃねぇか、その5万円の情報によぉ!!!」


結果:15分で辿りついたwww


何のことはない。その方法は普通に無料ブログに書かれていた上に、「問題行為」として新聞記事にまで取り上げられていたという…(ノД`;)

「確かに、この方法なら理論上は返済をほぼゼロにすることも可能そうだけど、おそらく実際にやることは不可能だな。」

というのが、その方法を見た瞬間に浮かんだ感想です。

「これ、5万は普通に詐欺じゃね?追加特典に多少価値があったとしても割に合わないわ。あー、スッキリした!寝よ♪」

一件落着!

そう、ここで終わりなら「私が勝手にイキり立って、勝手にスッキリした話」に過ぎません。

しかし、この物語、ここで終わりではないんです。それどころか、この翌日に驚愕の事実が発覚します!

何を隠そう、その事実が分かったからこそ、私は「なぜ、情報商材のLPがこれほどまでに課金への誘導が上手いのか」を解き明かすことができたのです。

そして、この情報商材のLPを丹念に分析することで、マーケティングスキルの更なるレベルアップまで達成してしまいました!(∀`*ゞ)テヘッ

この物語の続き、気になりませんか?


◆このnoteの価値とは?

ここで、この記事のポイントを整理します。

この記事で得られる知識は以下の5点です。

①奨学金の返済をゼロにする方法(※実際は不可能)
②「なぜ、人は情報商材に騙されるのか?」の理論的な根拠
③情報商材に騙されないために注意すべきたった1つのポイント
④情報商材から学ぶ「人を商品・サービスの購入へと動かすテクニック」
⑤奨学金の返済を軽減する正攻法

①は間違ってもFPである私が推奨できる代物ではないのでおまけです。
せっかくなので、どうやって私が自力でその方法に辿り着いたのかを実況したいと思います。

②と③はセットです。
原因が分かれば対策が立てられます。自分や自分の周りの人が情報商材への課金を悩んでいるなら、この知識を得る(伝える)ことで、課金を踏みとどまる(踏みとどまらせる)ことができます。

④はこの記事のメインディッシュです。
実はこのLP、文字数にして3,000文字程度あったのですが、金融商品の販売員でもなければ、奨学金の利用者でもない私が読みふけってしまう程の完成度でした。
これ程の魔力を秘めたマーケティング教材を活用しない手はありません!
マーケターとして、私、ムササビ親分がこの魔力を解き明かし、「人を購入へと動かすためのテクニック」について徹底的に解説します。

最期に、⑤はFPである私の矜持として、①のような詐欺まがいの方法ではなく、正当に奨学金の返済を軽減する方法を紹介したいと思います。
日本学生支援機構に直接問い合わて裏を取った情報も公開しているので、これだけでも相応の価値があると思います。

以上、5点がこの先で得られる情報です。
「FP×マーケター」という異色の肩書を持つ私にしか書けない記事、ぜひ堪能してもらえればと思います。

そして、この記事は上記ポイントに興味がある人なら誰でも損はさせない自信がありますが、特に以下のような人にはより価値が高い内容だと言えます。

・FPや金融営業マン
・奨学金を借りている人や、借りてる知人がいる人
・有料noteの販売をしている人、販売を検討している人

なぜなら、上記の人達は④や⑤の知識を活かすことで“実益”を得ることが可能だからです。ただし、⑤は奨学金を借りている全ての人が実益を得られるわけではないので、そこのところは十分に留意してください。

「FPがFP業務だけで食っていくためにはマーケティング能力が必要不可欠」と私自身が痛感しているので、個人的には、同志であるFPが④でファイナンシャル・プランニングというサービスを売り込み、⑤で信頼を勝ち得るための武器を手に入れてもらえれば嬉しい限りです。

さあ、お待たせしました!これら知識を得るための値段を発表します。
気になるお値段は・・・


500円


5万円とは一体何だったのかwww
ぜひ、あなたの手でこの物語を完結させてください👍


さぁ、準備はいいですか?

OK?

それでは少し遡って、私がこの情報商材にブチ切れた後、「奨学金の返済をゼロにして金融商品の販売につなげる方法」に自力で辿り着くべく、本格的な推理を始めたところから再開しましょう。


◆発見!奨学金の返済をゼロにする方法(笑)

一呼吸して冷静さを取り戻した私は、もう一度そのLPを読み返えすことにしました。すると、その方法に繋がるキーワードがいくつか隠れていることに気が付いたんです。

そのキーワードとは・・・

この続きをみるには

この続き: 13,369文字 / 画像3枚

情報商材に課金するどころか、無料でノウハウを吸収した上に、noteまでリリースしてしまった男の物語

ムササビ親分

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
資産運用を中心にお金の作り方を発信する「資産運用の伝道師」。元ファンドマネージャー/アナリスト/トレーダー、現マーケター(金融機関所属)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士 兼 日本証券アナリスト協会認定 アナリストの資格を保有。好きな動物はもちろんムササビ。