見出し画像

野点2.0

茶の湯の黎明期から楽しまれている野点(のだて)。野点は屋外で自然を楽しみながらお抹茶を頂くことの総称ですが、茶室での茶会と違って、明確な決まり事が無いという特徴があります。
現在、野点というと、朱の傘の下で緋毛氈を敷き、風炉を使って行う上品なものを思い浮かべるかと思いますが、野点が誕生した当初は、石を組んで炉を作り、木の枝から釜を吊るして湯を沸かすという、かなりワイルドなものだったそうです。
一品更屋は、野点が誕生した頃の自由な思想に立ち戻った上で、技術の進化から生まれた現代の道具を積極的に導入し、現代人が必要とする進化した野点「野点2.0」を完成させました。
このノートでは、「野点2.0」の概要から実践方法、道具の解説までを行なって参ります。

野点2.0十則
野点2.0 理念


#茶道 #茶の湯 #野点 #野点2_0

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!ありがとうございました。
2
茶の湯とアート。丸の内朝大学「丸の内野点クラス」講師。「茶ガール ® 」主宰。著書:一品更屋の現代茶湯 「わび、さび、かわいい 茶ガールの休日」。noteでは、茶の湯や野点のことを書いていきます。 sara-ya.com

この記事が入っているマガジン

野点2.0
野点2.0
  • 3本

野点の進化版「野点2.0」の魅力を伝えるノートです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。