見出し画像

3月23日(2014年) 涙の選手入場

sansanzizo

Jリーグ初となった処分による無観客試合。いつも真っ赤なスタンドと割れんばかりの大きな声援で選手たちをサポートしてきた選手入場がテレビから悲しく曲だけが鳴り響く。
涙が出た。
そして、誓った。二度と、決して二度とこのようなことが起こってはいけない。そのために自分が何ができるか考え続けていこうと。
試合については、選手たちは集中しきれていない感じがした。長沢に先制弾を許し、その後、攻めるもなかなか追いつけない。元気をウィングバックに配置する超攻撃的布陣で、後半から入り、この日がデビューとなった関根がゴリゴリに切り込み、チャンスを作る。元気の得点で追いついたが、勝ち越しまでは至らなかった。
現地にいつもサポーター・ファン、そして相手方の観客もいれば、きっと結果は違ったはずだろう。しかし、浦和レッズの最も悲しい日として、それを知っている我々は後に伝える大事な役割を背負っているのだと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!