三陸芸能つなぐ声

東日本大震災から10年目を迎えようとしている今、私たちは三陸の郷土芸能人のもとにうかがって声を聴き、三陸の芸能のこれまで・今・これからを、ここに記していきます。そして、より多くの方が郷土芸能の魅力に触れ、いつか三陸に足を運んでいただくことを願っています。by三陸国際芸術推進委員会

”やっぺしさ” 郷土芸能を未来に手渡す

Episode 01|第一話 語りつなぎ人:大槌町虎舞協議会 会長 菊池忠彦さん(岩手県上閉伊郡大槌町) 聞き書き人:坪井奈穂美  大槌町(人口約10,700人)には19もの郷土芸…

“なんとしてもやんねばなんね”、から10年

Episode 0|語りはじめ 聞き書き人:三陸国際芸術推進委員会 三陸芸能マッピングチーム  2011年3月11日金曜日、東日本大震災発災。  この日のことはだれもが記憶に残っ…