新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

バリアフリーeスポーツの広報を通して学んだ「弱者のためのPR」

こんにちは。株式会社パンダビジョンの佐野と申します。

バリアフリーeスポーツ「ePARA」

私は、昨年創立されたバリアフリーeスポーツ「ePARA」で広報周りやSNS運用、企業様への広報(営業)などを担当しています。

「ePARA」はもともと裁判所で働いていた加藤さんが、障がい者雇用の現実と向き合うために、eスポーツに着目して設立した、独立系のeスポーツイベント/団体の名称です。まず第一に、障害者雇用の促進を目的としている点が特徴です。

画像1

同じく運営に携わっている共通の知人を通じて関わらせていただきました。当初は出演者のキャスティングの手伝いだけだったのが、気がつくと多方面に携わっています。

「ePARA」をもっと知ってもらいたい

昨年の11月後半に「ePARA」の第1回大会に参加しての感想は、社会的に意義のあることだと確信すると同時に、障がい者も健常者も和気あいあいとしていて、純粋にゲームイベントとして楽しかったです。

ただ、スタッフのみんながイベントを成立させるために半ば手弁当でやっているのに、世間の認知度はとても低かったです。HPやSNSもGoogle検索でなかなか見つからず、「ePARA」を紹介しているメディアの記事が見つからないのはとても勿体無いなと思いました。

私は、前職の吉本興業で広報プロモーションの部署に配属され、約3年間、見よう見まねでなんとか業務をこなしていました。

せっかくのイベントを世間に広く知ってもらうために、何かできるのでは。頑張ってアプローチすれば必ずメディアにも取材してもらえるし、広く世の中に知ってもらえるであろうと思いました。

大手マスコミに狙いを絞ったわけ

2020年は本来は東京オリンピック・パラリンピックの年。「ePARA」も前年の経験と反省をもとに、より積極的に活動する予定でした。

しかし、皆様も知っての通り、新型コロナウイルスの影響もあり、人が集まるオフラインのイベントは行うことができなくなりました。

それでも、障がい者雇用がなくなるわけではありません。障がいを持つゲームプレイヤーがいなくなるわけもありません。日々協議を重ねた結果、参加者にもスタッフ、出演者にもリスクのない方法として、オンライン大会の開催を今後予定しています。

「ePARA」の目的は、ただゲーム大会で盛り上がって終わりではありません。障がいを持ちながら活き活きと働ける場所を見つけるきっかけを与えること。

そのためには、受け入れ先となる企業の方にも、もっと知ってもらいたいです。また、我々「ePARA」を企業の担当者に信頼してもらう必要があります。

そして継続的にイベントを開催するためには、「ePARA」をスポンサードしていただく企業様の存在も必要になります。

諸々ひっくるめて、信頼性のある歴史のあるマスメディアに取材してもらうのが早道だと考えました。

「弱者のためのPR戦術」

しかし、大手新聞社やテレビ局といった大手マスコミに無名の団体を取材してもらうことは、とてもハードルが高いです。リリース配信サービスでは日々本当にたくさんのプレスリリースがメディアに届けられます。しかし、記者さんの手元にはなかなか届きません。たくさんの情報の中に埋もれてしまいます。

私がとったメディアへのアプローチ方法は「郵送」です。とてもアナログです。手間も費用もかかります。それでもこれが有効だと思ったのは、他のPR担当があまりやらないだろうと思ったからです。つまり目立つのではないかと思ったのです。

画像2

郵送したのは

①「ePARA」の概要資料(パワーポイント8枚分)
②「取材依頼書」(宛名は手書き)

パワーポイントの概要資料も文字量は控えめにして、情報を盛り込み過ぎないように、分かりやすいように心がけました。記者さんは忙しいです。パラパラ見て、用件がわかるようにしました。

送付先は以下のように考えました。

新聞・通信社は、①社会部 ②運動部 ③eスポーツ事業担当
テレビは、①報道番組 ②eスポーツ番組 ③eスポーツ事業担当

大手マスコミだと社員は軽く1000人は超えてきます。1通送っても担当者にたどり着かない可能性もあります。それを考えて、実際はHPの会社概要から組織図を見つけて、ここだろうという担当部署を細かく指定しました。テレビだと関係ありそうな番組担当者全てに送りました。

合計で50通以上になりました。取材依頼書も一人一人少しずつ文面も変えたので、封筒入れや郵便局への持ち込みも含めると、土日合わせて10時間ぐらいかかったと思います。

50通郵送した取材案内の結果

では、結果はというと…

現在、産経新聞さん、そして今後掲載を予定されている大手新聞社の計2媒体が決まりました。

本当はテレビ局も含めてもっと取材を取れると思いましたが、テレビ局や新聞社もリモートワークが増えていたりなどといった状況から考えると、まずまずの結果だったのではないかと思っています。

我々「ePARA」は、代表の加藤さん含め全員が他に本業を持ち、隙間時間や本業の仕事が終わった後にオンラインMTGやオンラインチャットを通じて日々業務をこなしています。まだまだ弱小集団です。

そんな「弱者のためのPR」という意味では、人がやらない手間のかかる作業をあえて選んだり、担当記者さんのもとに届くよう思いを込めて宛名を書いたりしたのが良かったのかなと思っています。

PRには、王道のやり方はありません。トライアンドエラーを繰り返す泥臭い仕事です。だからこそやりがいのある仕事なんです。

「ePARA」にジョインしませんか?

もし、これをお読みの方で、「ePARA」を取材したい、スポンサードしたい、運営の一員として手伝いたい、プレーヤーとして「ePARA」に参加したいと思ったら私佐野までご連絡ください。本当に楽しいイベントを今後も考えていきますのでよろしくお願いします!!

私が代表を務めている株式会社パンダビジョン HPはこちらです。
お気軽にお問い合わせください。


PS:いつも僕はノートにその記事を書いていた時に聞いている作業BGMを載せています。完全に自己満足ですが、最近はこの曲をよく聞いています。

Hi-Standard: Wait For the Sun 

今は皆んな苦しい時だと思いますが、必ず太陽が昇ってきます!

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、日本一小さなスマホ動画広告会社、株式会社パンダビジョンの佐野と申します。

♡ありがとうございます!
70
吉本興業をスピンアウトして、令和元年6月にWebCM制作&広告会社「株式会社パンダビジョン」を創業しました(https://panda-vision.co.jp/)。吉本興業で広報PRや制作(TV、デジタルコンテンツ)などお笑いに関わる仕事を経験しました。元漫画編集者&ライター。

こちらでもピックアップされています

eスポーツ広報について
eスポーツ広報について
  • 4本
コメント (2)
初めまして!沖縄で障がい者スポーツ支援の仕事をしています。
記事を見て、私たちもeースポーツ活動を考えていたので
興味を持ちました。いろいろと情報交換できたらと思います。
よろしくお願いいたします。
手登根様。
こんにちは。コメントありがとうございます。我々もまだ手探りですが何かお役に立てることがあればご連絡くださいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。