見出し画像

クックパッドに入社して一年がたちました 〜変えたこと、変えていくこと、変わらずにいること〜

クックパッド株式会社 VP of Design/デザイン戦略本部長の宇野です。

去年の2月に入社をして気がつけば1年が経っていました。あっという間。
その間に肩書を作り、部を作り、様々なプロダクトに関わり、うまく行ったこともあり。うまく行かなかったこともあり。

そんな1年を振り返るポエムです。オチはありません。あしからず。

ちなみにそんな1年前に書いたエントリーがこちら👇

変えたこと

僕自身が変えたこと、組織を変えたこと、いろいろあります。

1. たくさん自分でデザインをするようにした🎨

前職では信頼するメンバーにデザインを任せ、できるだけ後方支援をする典型的な管理職でした。

デザイン:マネジメント = 2:8

デザインとマネジメントの割合は2:8。ほとんどデザインで手を動かしてない!これはもちろん信頼できるメンバーがたくさんおり、彼らに挑戦の機会を多く作ることでより事業の成長につながるという確信があったためです。あとは世に出す際にちゃんとしたクオリティのものになっているのか、なし得るべき目標に向かっているのかを判断すればOK。デザイナーだけで30人超の部だったのでそれだけでも大変ではありましたが💦

もちろん自分でモノづくりをしたいという欲求と、まだ成長したいという気持ちも強くあったので、そこは全社のUIフレームワークを作るチームに参加し発散をしていました。(「UIデザインの黒帯」というエバンジェリスト的ポジションだった)

でもクックパッドに入社してからはそのスタンスを真逆にとりました。

デザイン:マネジメント = 8:2

デザインとマネジメントの割合は8:2。本部長とか言いながら、ほぼマネジメントをしていない!(どうやっていたかは後述)デザインばっかりしてました(楽しい!)
まず体験設計からUIデザインまで自らでやってみるということに強くこだわりました。そこには「事業の背景を理解せずにデザインなんて語ってはいけない💪」という気持ちが強くあったためです。

そして何より大事だと思ったのが「どのように考えてどういうモノを作る人間かを知ってもらう」こと。外から入ってきて会社のことをよくわかってない人に、いきなり「ここダメだからこうしよう」とか言われるのイヤですよね。

過去の経験だけでやっていっていいのは最初の数ヶ月。いつまでも外様大名ではいらません。なので良い部分も悪い部分もみんなに知ってもらうためには、現場で手を動かすことがとても大事だと考えました。
デザイナー1人の状態で始めたプロジェクトもつい先日リリースし(これは別途記事を書きます)、1人のクックパッドのデザイナーとして世にモノを出せたことを嬉しく思っています。

もちろんこれだけで社内からの信頼を完全に得られたとは思っていません。しかしこれらが見えることで、作ったものに対しての意見が出てくるようになったことは大きな意味がありました。

2. 「会社のデザイン」を語るようにした🏢

「クックパッド株式会社のデザイン」を社内外でたくさん語るようになりました。

クックパッドのデザインの良いところや、まだまだなところ、色々とたくさんありますが、これらは残念ながら外には知られていないことも多い。ミッションとビジョンに紐付いたデザインをもっと広めるべきだと考えて会社のデザインを広める語り部として発信を増やしました。

こういう語りをするのは得意では無いのですが、だからこそ発信することに意味がある。どうしてもミッションやビジョンは言葉だけなので形骸化しがちですが、それを実際の取組みとともに話すことでもっと身近に感じてもらいたいし、そこに共感できる人を増やしたいという思いからです。

昨年のDesignship 2020で話したことは、きちんと会社のミッションやビジョンを踏まえた良い内容になっていると我ながら思ってます😊

今年はこの語り部を更に増やしていく年にしていきます。

3. 会社のデザインを支える仕組みを作った🔧

僕がプロダクトにかかりきりだと「会社のデザイン」を支えることができません。
僕は入社当初から「クックパッドに今はデザイナーの横断組織を作らない」という宣言をしていました。しかし、一方で会社のデザインを強くしたいという思いを持っていたため、以前からデザイナー統括マネージャーをしていた倉光が育休から復帰したタイミングで、「デザイン戦略部」という部署を一緒に作りました。

これは「デザイナーのための組織ではなくデザインのための組織」です。なのでいわゆるデザイナーではないメンバーも所属していますし、一見デザインとは関係がないものも「デザインの力で解決する」ための組織。

CEO直轄の部署としてこの機能を持ち、会社全体を俯瞰してデザインを作り上げる。時としてプロダクト全体のルールを統制し、時としてプロダクトから良いエッセンスを吸い上げ全社に浸透させる。こういった組織を作り部長の倉光が実現の手段をたくさん考えてくれることで、僕はそれに対しての要望と最終ジャッジをするだけに留め、プロダクトにコミットすることができる体制にしています。


変えていくこと

一方でまだできていないことや、新たに課題として気づいたこともたくさんあります。

1. デザインをもっと強くする💪

「クックパッドのデザインを強くする」。これが僕が入社したときにCEOの岩田に宣言をしたことです。一方でこれはまだまだこれからの段階。社内のデザイナーに対して多少は影響を与えられたかもしれませんが、これが全社に行き届いているかというと全然です。

僕の思想の大前提として「デザインはデザイナーだけでやるものではない」というものがあります。様々な職種やロールの人たちが交わり作り上げていくものなので、社員全員がこの「デザイン」について考えるようにならなければいけません。

画像1

そして、それが浸透した結果、社内外から強いデザインハウスだと認識され、そのような会社で働きたいと思う人が自然と集まってくるような会社にしたいのです。そのためには対象をデザイナーだけに絞らず会社全体でデザイン課題に取り組む必要があります。

2. 「クックパッド」らしさを考える🤔

クックパッドはこれから更に新たな事業に対する投資を進め、レシピサービスだけではなく「毎日の料理を楽しみにする」というミッションにフォーカスした会社になっていきます。

その際にとても大事にしたいのが「クックパッドらしさ」です。事業間でデザインテイストが違っていても「クックパッドがやっているなら安心」や「クックパッドのこういうところが好き」と思ってもらえるようなモノづくりとそれを支える文化を作っていきたい。クックパッドが生み出すプロダクトによって毎日の楽しみを増やして欲しい。

画像2

それは見た目だけのデザインではなく、それ全体をとりまく期待値や振る舞いにも現れます。会社のミッションやビジョンに合わせて、デザインでそれを体現するようなものをこれから考えていくべく体制を整え取り組みを始めています。

3. デザインで事業にコミットする💰

これは言うまでもないことなのですがこれを強めていくのが前提。どうしてもデザインの責任者となると「このクオリティで出してはいけない」というような門番になりがちです。実際にこの一年間で幾度か施策のストップをしたことがあります。
しかしそれによって事業の成長を止めてしまっては意味がありません。できるだけ中長期の視点を持ちデザインの投資をしつつ、短期的な売上などもデザインの力で成長を加速させることができると考えています。

デザインは事業を支える力です。

この1年間で作り上げたのは土台に過ぎないので、その土台を積み上げてデザインが絵空事にならないものに昇華をしていきます。


変わらずにいること

1. 変化を恐れず変え続けていくこと📈

この1年間でもクックパッドでは新たな事業が生まれ、大きく体験を変化させたものがありました。多くの人は変化を嫌います。しかし、クックパッドのデザインはその変化を恐れません。なぜなら現状維持をしようとすると、それは緩やかに下降をしてしまうからです。

・現状維持のリスクを知り未来のために恐れず変えること
・素早く失敗をして素早く次の変化を起こし続けること
・これらをデザインの視点から支えること

これらが僕の仕事です。

2. デザインは手段であること🔨

クックパッドで提供している様々なプロダクトは担当のデザイナーが魂を込めたデザインによって作られています。しかし、それらはあくまで作り上げたい世界がそこにありそのためにデザインという手段で貢献をしているのがデザイナーです。

たまたま持っている武器の中で「デザイン」が最強なのがデザイナーと名乗っている人たち。でもその「デザイン」という武器以外の方がうまくいくならばそれを鍛えるべきです。

デザインとは何かを伝えるための手段でしかなく、その手法に固執をする必要がありません。広義の意味で捉えればデザインしないことがデザインということもあるでしょう。

人に触れてもらうためにあるのがデザインであり、
そこから得られる体験を作り上げるのがデザイン

僕はこう考えています。

3. 仲間を増やしていくこと👨‍👧‍👦

現在クックパッドには約25名のデザイナーがいます。しかしまだまだまだまだ足りません!単純な頭数が足りないわけではなく、デザインの力で「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」がどんどん拡大しているためです。そのため、今のクックパッドにはいないタイプの仲間をどんどん集めています。これはいわゆるデザイナーだけでなく、エンジニアやコーポレートメンバーもです!
新卒・中途を問わず強い仲間を増やしていくことが、会社のデザインの成長を支える手段の一つだと信じています。

これからも変化を続けるクックパッドのデザインを一緒に作り上げていってくれる方、ぜひこちら👇からご応募ください!気軽な相談などTwitterのDMなどでもOKです!


また、毎週クックパッドのデザイナーが持ち回りでnoteからの発信をしています。ぜひこちらフォローしていただけますと幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは次なるUIデザインやその記事に役立たせて頂ければと思います!

(*´▽`*)
75
クックパッド株式会社 VP of Design/デザイン戦略部 本部長/UIデザイナー。 近著に「フラットデザインで考える 新しいUIデザインのセオリー」http://amzn.to/1wAZlpH