見出し画像

【ちょっと高級なUSBDAC】Soundfort DS-200 レビュー

先日紹介したデジタルアンプAS-100+が、入力がアナログ1系統のみとあまりにシンプルだったため、うっかり(?)同時購入したUSBDACを使って、ハイレゾ楽曲を聴いたり、テレビやDVDレコーダーの音声をアナログから光デジタルに変更したところ、これまた感動のあまりレビュー記事を書きましたので、お読みください。


【紹介】

Soundfort DS-200」は、USB(192kHz/32bit, DSD128(DoP)対応)、S/PDIF(光デジタル、同軸デジタル)の3入力を持つ小型USBDACです。

同社のデジタルアンプAS-100+同様、日本人エンジニア設計・中国製造ですが、価格は32800円と、初心者が最初に買うUSBDACとしては1ランク上の機種です。
※私はY!MobileユーザーのためYahoo!ショッピングで、直販サイトのセット割(4千円引き)より安く買えることから、うかうかとセットで買ってしまいました。

発売が2015年ということで、最新機種に比べるとカタログスペック的に古さは否めないですが、最新機種でないと再生できない音源も持っていなかったり、比較対象がアナログ出力だったりしますがご容赦ください。

また、USBDAC単体でヘッドホンアンプとしても使えるよう、3.5mm ステレオミニジャックとボリュームも備えています。


【レビュー】

・使用機材:
 ・アンプ:Soundfort AS-100+

名称未設定

 ・スピーカー:FOSTEX GX100 BASIC

画像1

 ・PC(USB出力):MacBook Air (13-inch, 2017)(再生ソフトはVOX(無料版)、iTunes)

画像2

 ・DVDレコーダー(CDプレーヤー):Panasonic DMR-BR585

画像3

※DVDレコーダーの上に乗っているのは2016年に広島カープがリーグ優勝した時の黒田投手と新井さんの抱擁写真ですが、今回は関係ないです。

・ハイレゾ音源(PCで再生):
 ・ポップス:「PANDORA/Blueprint」

・CD音源(DVDレコーダーで再生):
 ・クラシック:「清水靖晃&サキソフォネッツ/ゴルトベルク・ヴァリエーションズ」(AVCL-25869)

 ・ロック:「木村至信BAND/君だった/これで終わる」(MCCM60002)

画像5

・比較対象:それぞれ以下のように比較しました。
 ・USB出力:ハイレゾ音源およびそれをiTunes(AAC256kbs)で取り込んだものを、どちらもUSB出力で。
 ・DVDレコーダー:CDを光デジタル出力およびアナログ出力で。

・比較結果:
 ・音質:
  ・USB出力:ハイレゾとAACとを比較すると、ハイレゾでは左右だけでなく上下からも良く音が聴こえます。これは自分の感覚だけでなく、家人に背中越しに比較させた時も同様の感想を述べていたので、ある程度は信憑性がありそうです。
  ・DVDレコーダー:CDを光デジタルとアナログ出力とで比較すると、こちらは出力レベルも歪みもノイズも空間の拡がりも、何もかも段違いにデジタル出力が良いです。(まあ、これは当たり前かも知れませんが)
※尚、アンプ(AS-100+)のスペック上はハイレゾ対応していない(周波数特性が20Hz〜20kHz)ので、USBの聴き比べは単なる気のせいの可能性もありますが、この周波数特性でもハイレゾとAACで違いが分かるとか、実はAS-100+にハイレゾ再生能力があるならば嬉しいですけれど…

 ・パワー感、スピード感:
  ・USB出力:この観点では、ハイレゾとAACの違いは、正直、分からなかったです。どちらもメリハリというよりは、空間の拡がりが印象的で、ハイレゾの方が上下からの音も感じられたのは、前述した通りです。
  ・DVDレコーダー:CDのゴルトベルク変奏曲は、光デジタルではコントラバスのピチカートやサックスの高速トリルでも音が濁らず、録音会場で自分一人で演奏を聴いているかのようでした。また木村至信BANDでは、「君だった」でのハイハットやベースの高速フレーズのピッキングのニュアンスや、「これで終わる」での間奏終わりのシンバルとスネアのフィルインが、細かくきちんと聞き取れるのに気が付き、感動を新たにしました。

【購入方法】

こちらも私自身はYahoo!ショッピングで購入しましたが、メーカー直販やAmazonでも購入できます。

※メーカー直販だと、アンプと一緒に購入すると、セット割引で合計額が4000円ほどお安くなるようです。

尚、本記事はAS-100+のレビューの姉妹記事です。

次回は、スマホをBluetoothで光デジタル入力しようと購入した、Aukey Bluetoothトランスミッター&レシーバーBT-C6をレビューしたいと思います。

#買ってよかったもの



この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」していただきありがとうございます!
1