#13_「わびさび」とは何か? What is "Wabi-Sabi"?

#13_「わびさび」とは何か? What is "Wabi-Sabi"?

皆さんは、以下2つの考えを読んでどのように思われますか?

What do you think when you read the following two thoughts?

わびさび(詫(び)寂(び))とは、
「本物」を知った人が最終的ににたどり着く「最上の贅沢」
それは、"無駄" を極限まで削ぎ落とされあらわになった "姿" である
ゆえに「本物」を知らなければただの「詫びしい、寂しい」になってしまう
若いときはたくさんの「本物」に触れることがとても大切である
What is Wabi-Sabi?
Wabi-Sabi is the highest form of luxury that those who know the "real thing" will eventually reach. It is a form in which "futility" has been cut down to the absolute minimum. Therefore, if you don't know the "real thing," you'll end up just feeling sorry and lonely. When you are young, it is very important to experience a lot of "real" things.
わびさびとは、「時間の経過の中」に美しさを見出すことである
新しく新鮮なものはもちろん美しい、しかしながら、時間の経緯とともにその姿を変えていく自然のさまは、何よりも美しい
これは人の生きる道にも通ずる美学である
Wabi-sabi means to find beauty in the passage of time.
Of course, new and fresh things are beautiful, but the way nature changes its appearance over time is more beautiful than anything else.
This is an aesthetic that also applies to the way we live.

前者は貴族のお遊び事として発展してきた「茶の湯」、後者は「茶道」の土台となっている「武士道」からくる考え方かもしれません。

The former maybe the idea of "chanoyu," which developed as an aristocratic pastime, and the latter may be the idea of "bushido," which is the foundation of the tea ceremony


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています