見出し画像

セイルーロの帰還

フランシスコ(パコ)・セイルーロは、2013-14シーズンを最後にバルサのトップチームのフィジカルコーチを離れて現在まで、FCバルセロナ全体のスポーツメソッド部門のディレクターをしていた。

バルサのフットボールの育成年代がうまく機能をしていないということで、ヨハン・クライフが監督の時から、ライカールト、グアルディオラ、その他の監督たちと21年間トップチームのフィジカルコーチを務めていたセイルーロが、バルサのフットボールの育成年代のメソッド部門に帰ってくることになったのだ。

やはり、チームスポーツのための「構造化トレーニング」の先代者である、セイルーロの力が、バルサに、特に育成年代(カンテラ)のコーチや選手にとって必要だと、バルサの幹部は再認識したのだろう。

私は、このセイルーロの「構造化トレーニング」を日本に根付かせたいと思っている。そのためには、パラダイムシフトが必須。

「個人スポーツ」と「チームスポーツ」とでは、トレーニング方法論が違う。

以下バルセロナのスポーツ新聞である、Mundo deportivoの記事を翻訳したものである。

================================

新しいフットボールの育成年代の鍵となるのは、パコ・セイルーロ

彼には、カンテラの教育方法論と、バルサのスタイルを維持するために、コーチ達の先代者としての責任があるだろう。

バルセロナはフットボールの育成年代の再編成の過程にある。
ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長のガイドラインの下、何人かの幹部や役員が参加している新しい構造のなかで、秘密裏に取り組んでいる。その中で、確認された最初の決定は、教育方法論の責任者として、パコ・セイルーロの帰還である。

カタルーニャのクラブは、全てのカテゴリーで同じようにプレーをするために、バルサの哲学と人に影響を及ぼすことに、力を入れたいのだ。

なぜなら、戦術および技術の両方の面で、トレーニングが不足した状態でフベニール(ユース年代)に上がってきた選手の複数のケースが、検出されたからである。そのため、現在までバルサのスポーツ全般のメソッド部門にいたセイルーロに、組織図の中で重要な役割を果たしてもらい、グラウンドに足を踏み入れ、コーチ達の責任者になってもらいたいのだ。

Mundo deportivo: 執筆者;Ferran Martínez 16/7/2019



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。次の投稿をする意欲が湧いてきます。このお金はサッカーを深く知ることに使いたいと思います。

スキありがとうございます!
14
スペインサッカーコーチングライセンス・レベル3(S級相当)取得。2016-2017シーズン CF Badalona (2部B)で試合分析を担当。FC バルセロナアカデミー品川大井町校でコーディネーター兼コーチ2019 4月-12月。フットボリスタ・ラボ。

こちらでもピックアップされています

マエストロ・セイルーロの構造化されたトレーニング
マエストロ・セイルーロの構造化されたトレーニング
  • 7本

FCバルセロナで長年フィジカルコーチとして、クライフやペップ・グアルディオラとともに働き、現在はFCバルセロナのメソッド部門ディレクターや大学教授をしているセイルーロの「構造化されたトレーニング」について、彼の論文を引用しながら、このトレーニング理論を説明していきたい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。