菜インテリアスタイリング

株式会社 菜インテリアスタイリングの公式アカウントです! からだにやさしく、ステキな空…

菜インテリアスタイリング

株式会社 菜インテリアスタイリングの公式アカウントです! からだにやさしく、ステキな空間をトータルプロデュース。 インテリアの残布をアップサイクルする「ZAMPUプロジェクト」はじめました。 https://www.nino-interior.com/

マガジン

  • ZAMPU "残布"プロジェクト

    インテリアでアップサイクル。サステナブルな社会へ!

  • カラダにやさしい◎インテリア

    健康とインテリアをキーワードに インテリアコーディネーターがセレクトした アイテムを揃えるオンラインショップ"NINO" 読むと、欲しくなっちゃいます♪

  • インテリア健康学|ACTIVE CAREブログ

    ACTIVE CARE(アクティブ・ケア)とは これまで心身の健康に重要なのは、食生活や運動など「生活習慣」の改善だと考えられてきました。 「インテリアデザイン×医療」の視点から生まれたアクティブ・ケアでは、「インテリア=生活環境」と捉え、日々の暮らしの中の「刺激」に着目。 人が過ごす「生活環境」を整えることで刺激によるストレスを軽減し、人を健康へと導く、空間創造のための新メソッドです。

最近の記事

●ZAMPU最新情報●社会福祉法人善光会様での手芸レクリエーション

オーダーカーテンや特注家具など、インテリアの制作過程でうまれた「残布」。 「小さいけれど、まだまだ役立つ道があるのでは?」 「インテリアのファブリックロスを減らしたい。」 そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。 ZAMPU プロジェクトの詳細はこちら↓ すでにご紹介している、座布団やバスケットなど プロダクトとして、お届けすることはもちろんのこと、 福祉施設や介護施設でのレクリエーションに「ZAMPU=残布」を 活用いただくことにも取り組んでいます。 そして、

    • ●ZAMPU新商品情報●上質なインテリアファブリックでやさしく包む、風呂敷の新しいカタチ

      オーダーカーテンや特注家具など、インテリアの制作過程でうまれた「残布」。 「小さいけれど、まだまだ役立つ道があるのでは?」 「インテリアのファブリックロスを減らしたい。」 そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。 ZAMPU プロジェクトの詳細はこちら↓ そして、先日開催された「森、道、市場 海編」にて  はじめてお披露目させていただいた、新商品がこちら! ZAMPU FUROSHIKI = 風呂敷 です。 リバーシブルなデザインで、帯のようなヒモ付き。 両面

      • ●ZAMPU新商品情報●残布でつくる、世界でひとつだけのバスケット

        オーダーカーテンや特注家具など、インテリアの制作過程でうまれた「残布」。 「小さいけれど、まだまだ役立つ道があるのでは?」 そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。 ZAMPU プロジェクトの詳細はこちら↓ 第一段として商品化したのが、残布を有効活用することができる、 コロンとしたカタチが特徴の座布団「ZAMPU OZABU」 すでに、ニュースタアギャラリー東京さんにて お取り扱いいただいております◎ 詳しくはこちら↓ そして、そして~ 第二弾として、企画して

        • ●ZAMPU最新情報● 福祉施設でのレクリエーションがスタート

          オーダーカーテンや特注家具など、インテリアの制作過程でうまれた「残布」。 「小さいけれど、まだまだ役立つ道があるのでは?」 そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。 ZAMPU プロジェクトの詳細はこちら↓ 昨年末よりスタートしたZAMPU プロジェクト。 この残布を使い、社会福祉法人 善光会さまにて、レクリエーションが始まりました! 細くした布を三つ編みにして、手を動かしていただいたり… ひな祭りには、可愛らしい布を使ったレクリエーションに◎ また、嬉しい出

        ●ZAMPU最新情報●社会福祉法人善光会様での手芸レクリエーション

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ZAMPU "残布"プロジェクト
          菜インテリアスタイリング
        • カラダにやさしい◎インテリア
          菜インテリアスタイリング
        • インテリア健康学|ACTIVE CAREブログ
          菜インテリアスタイリング

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ●ZAMPU OZABU最新情報●お取り扱いがスタート!@ニュースタアギャラリー東京

          ニュースタアギャラリー東京さまにて お取り扱いがスタートいたしました! 公式サイト↓ 中野富士見町駅よりすぐ、 緑がいっぱいで、ほっと落ち着く、素敵空間です! OZABUはベンチに置いてありますので 実際に生地の風合いに触れたり、座り心地や使い心地を体験していただけます◎ お客さまからは、そのまま座るだけでなく 壁との間に挟んで、背もたれにしたり 膝の上に置いて、読書やPC作業の肘置きにしたりと ご使用になられてのお声も続々といただきました! スタッフさんも、それぞ

          ●ZAMPU OZABU最新情報●お取り扱いがスタート!@ニュースタアギャラリー東京

          新しいZAMPUが届きました!

          スタートしたばかりのZAMPUプロジェクトですが ありがたいことに、続々と新しい残布のご協力をいただいています! こちらは、ほんの一部。 どの生地も素敵なものばかりで、毎回封を開けるのが楽しみです♪ さてさて、今週は第2弾の試作へと、 少しずつではありますが、歩みを進めています。 さらにninoオンラインショップにて、商品も入荷いたしました◎ 商品一覧からご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 ひとつ、ひとつ受注制作でお作りしますので お届けまでお時間

          新しいZAMPUが届きました!

          ZAMPUプロジェクトとは?

          オーダーカーテンや特注家具など、インテリアの制作過程でうまれた「残布」。 こだわりのインテリアのために選ばれた、クオリティーの高い生地のラインナップ。 わたしたちは、その残布に着目しました。 「小さいけれど、まだまだ役立つ道があるのでは?」 そんな想いからこのプロジェクトは始まりました。 当初の役目は果たしたけれど、こだわりの生地だからこその品質は、捨てるにはまだ早すぎます。 新たないのちを吹き込むため、これらを「ZAMPU」と名付け、インテリアデザイン事務所ならではのコ

          ZAMPUプロジェクトとは?

          ninoリニューアルオープンのお知らせ

          この度、菜インテリアスタイリングの運営する “健康に配慮した”インテリアセレクトショップ 「nino」がリニューアルオープンいたしました! テレワークの増加や働き方の多様性により、 ご自宅での時間が増えたことをきっかけに、 家を見直したい!と考える方は多いのではないでしょうか。 オンもオフも過ごすような環境だからこそ、こだわって考えたい。 家と向き合うようになり、改めて環境の大切さを感じた方。 カラダとココロの健康も、自分にとって快適な環境があってこそ。 毎日をもっと快

          ninoリニューアルオープンのお知らせ

          「ZAMPU ”残布”プロジェクト」展示会へ出展しました!

          2020年 2月3日~6日、EXTRA PREVIEW#22 @TOLOT(東京・東雲)に 「ZAMPU "残布"プロジェクト」によるプロダクトを出展しました。 「インテリアの残布でアップサイクル、サスティナブルな社会へ」というコンセプトに、 ご来場いただいた多くの皆さまが興味を持ってくださいました。 ・デザインがいい! ・まず自分が欲しい! ・コンセプトに共感します! など、嬉しいお言葉をいただきました。 ninoが目指す、健康に配慮したインテリア提案として、 アップサ

          「ZAMPU ”残布”プロジェクト」展示会へ出展しました!

          新プロジェクト始動!インテリアでうまれる “残布” をアップサイクル!

          こんにちは! にいにです♪ さてさて、私は昨年末に鎌倉へ引越しまして 年越しをはじめて過ごしました。 神社や仏閣がほんんんんっとにたくさんあって回り切れないほどです汗 これからのライフワークになりそうです。 そんな鎌倉には、古道具屋さんがちらほらと、結構たくさんあるんです。 そんな、「古いモノ」は「お古」とか言って あまり良いイメージではなかったかもしれませんが 最近よく言われるようになったSDGsやサステナブル、エコ といった観点でも、改めて注目されているように思い

          新プロジェクト始動!インテリアでうまれる “残布” をアップサイクル!

          照明とは距離(distance)が大切

          テレワークで住まいが仕事場になることが一般的になりつつある。 しかし、住まいとオフィスでは、環境が大きく違う。 そのひとつが、「照明との距離」だと思う。 照明は空間を素敵に演出し、広がりを与え、暖かでやさしい雰囲気をつくる。 ただ扱い方によっては、「刺激」になる場合がある。 光が刺激?と思い浮かぶのは、昭和の刑事ドラマのワンシーンである。 (昭和世代の方、共感いただけたら…笑) 薄暗い取調室での「アメとムチ」。 差し入れのカツ丼が、“アメ”の定番だったように、 デスクの

          照明とは距離(distance)が大切

          移住の強い味方

          この秋、私は鎌倉に移住した。 移住、というほど心の中にハードルはなかったが、 コロナ禍で「地方への移住」がトレンドといわれる今、あえて「移住」といってみた。 正直なところ、終の棲家となるかはまだわからない。 ただ、今の自分にとって大切なもの、必要としているものが この場所にあるように感じて、暮らす場所を変えてみるという選択をした。 これまでの私にとっての住まい選びは、 ある意味「さまざまな住環境の実体験」のためにあったように思う。 幼少期を過ごしたのは、第二次世界大戦

          ACTIVE CARE|blog ココロのスイッチを切り替えるには?

          テレワークで自宅にいると、 オンオフの切り替えが難しい、という方が多い。 テレワーク場所に、ダイニングを利用する方が多い状況を考えると、 これからのダイニング、椅子の選び方にも、視点の変化が必要だと思う。 とはいえ、まずは同じ空間に居ながらにして、 オンとオフ、ココロのスイッチを切り替える方法はないだろうか。 ​ テレワーク環境のインテリアアドバイスをさせていただいた、ある方は ワンルームの部屋の照明を、電球色からあえてオフィス仕様に白くすることで、 仕事モードに気持ちを切

          ACTIVE CARE|blog ココロのスイッチを切り替えるには?

          和紙から透ける、ほのかな灯りでリラックス

          みなさん、こんにちは! にいにです♪ 冬の寒さも深まってきて ほこほこ、ぬくぬくしたい、今日この頃です~ 暖房をしっかりかけたお部屋で暖まるのはもちろん! ココロもほっこり温まりたい~ そんな時は、照明の色にこだわるといいですよ♪ 光にも温かさの概念があり これを表すものを「色温度」といいます。 (そのまま!ですので覚えやすい(`・ω・´)b) 光の場合、温度が高いほど白っぽく、低いほど、温かい色になります。 ※下図参照 同じ「明るさ」でも、こんなにも印象が違うんで

          和紙から透ける、ほのかな灯りでリラックス

          やさしい家の理由

          一歩足を踏み入れると、やさしい空気に包まれるような家に出会った。 場所はロサンゼルス郊外のマリブ。 海辺に建つ元建築家の自邸は、最高の心地よさを追求したようにも思えて、 その理由はどこにあるのかと思いながら、じっくり見学させていただいた。 やさしい空気の理由は、カーペットにあった。 玄関ドアを開けると、半円を描いたような広いリビングが広がり、 一面にベージュのカーペットが敷き詰められていた。 海を眺める最高のロケーションと、心地よい自然光、そしてカーペット。 ふわっと

          自然が育んだ流線美。ふたつとない、木の根スツール🌳

          みなさんこんにちは! にいにです! 私はレトロな家具や古着など リサイクルショップを回って宝探しをするのが好きで よく、下北沢や高円寺などをウロウロするのが趣味なんです。 そんなとき、「これだ~」っていう、ボロさではない いい感じに古く(アンティークとまではいかない昭和感とか) いい感じに使用感のあるものに愛着を感じてしまいます♡ 年月の流れというか、その歴史(親しみやすい、数十年単位の)を 捨てずに繋いでいくっていいな、と思うんです。 時の流れを感じるものは他にも色

          自然が育んだ流線美。ふたつとない、木の根スツール🌳