見出し画像

心療内科医は、心を動かしていいのか?

メンタルヘルスに関わるプロの医療従事者が、自分の真のこころや感情というものを動かすことは、是か非か?

私は心療内科1年目のときに、この問いにぶつかりました。
自分としては、いいんだろうなということは分かっていたのですが、プロである教授はどう考えているんだろう、ということにとても興味を持っていました。

わたしが悩んだ背景には、医師たるもの、常に平静に、問診のなかで正しい診断を下さなければならない、という前提観念とのコンフリクトがありましたし、自分のこころを守る、という必要性もあったからかもしれません。

あれやこれや悩んだ上、ズバリ聞いてみたことがあります。

「ほぅ。いいんだよ。それとね、、」と教授は切り出します。

それから、「第三の眼」の話をしてくださいました。

大変そうだなーとか思っていいんだょ、思うょ。
その時にね、あの辺(診療室の右角)くらいから、患者さんと自分の2人を眺める眼みたいなものをもつといいんだよねぇ。第三の眼っていうのかな。
心が引っ張られすぎてないかなー、距離が近すぎないかなーってね。

このエピソードが、私の診療スタイルの礎です。

いまから考えると、これは世間で「メタ認知」という言葉、ノウハウとして使われているものですね。ですが、私にとっては、大切なストーリーの中での、"ブレイクスルー" かつ "再発見"だったので、単なるノウハウという感じではありません。医師としての在り方であり、マインドセットです。

なぜ、再発見だったか?というと、
受験生の頃から、「心痛することのできる医師」がわたしの理想像だと据えていたからです。
これは、自然にそう悟ったのではなくて、小論文をレクチャーをしてくださった先生が紹介してくれた一節の中にありました。

人は、相手の痛みそのものを分かることはできない。
しかし、心痛することはできる。

書いているだけもいい言葉。
というわけで、教授とのエピソードは、この考えを追認するようなエピソードでもあり、とても嬉しく、希望と自信を与えてくれるものでした。
その日のことは、一生忘れません。しみじみ。深謝。

「第三の眼」の話に戻りましょう。
これは、日々トレーニングする中で、自問自答する中で、身につけていける能力だとも思っています。段々と、無意識でやれるようにもなります。

ただし、メンタルヘルスには、完璧も正解もありません。うまく結果を出せない時も、共に悩む時もあります。
そんな時にこそ、戻るべき原点、支柱となってくれます。

自分の心はどうなのか?、そんな「自己モニタリング」にもなりますので、とてもサポーティブです。

医療従事者でなくても、たとえば、面談をする機会が多い方も、育んでいけるといいものですよね。自分の助けにもなりますので。

心療内科診察でも、産業医面談でも、根本は変わりません。
いつも、このマインドセットでやらせていただいています。

今日もあなたに笑顔がありますように。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😌
9
心地よく生きるために、心身を整え、自分を見つめること、楽しく働くこと、を医師としても個人としても、日々考えています。 心身は繋がっている、それならばとメンタルケアとボディケアどちらもができる施設を表参道にオープンしました。その他、企業の産業医や企業研修なども実施しています。