見出し画像

生活の楽しみ展とどうぶつの森

土曜日に、ほぼ日の「生活のたのしみ展」に行ってきた。生活のたのしみ展はこれで2回目なのだが、第1回の4〜5倍くらいの規模になってたのではないだろうか。とにかく、ものすごくもりあがっていた。

ぼくが行ったのは開始直後の11時すぎなんだけど、それでも混んでいた。すごいのは、会場にいるひとがみんながほんとうに楽しそうなことだ。お客さんはもちろんだけど、売り手の社員さんやアルバイトのひとたち、レジの人達も含めて、全員の表情が晴れ晴れとしている。こんな場所はなかなかない。

会場をめぐりながら、すごいなあ。いちばん似ているのは、音楽のフェスかな。でもちょっとちがうな。なんでこんなことができるんだろう……なんてことを考えていた。

火曜日に、どうぶつの森のスマホ版がはじまった。ぼくは立場上、調査しなくてはいけないので、ちょっとだけプレイしていまレベル13だ。まったくハマってないけどすげえおもしろい。UXと世界観が非常にすぐれている。一言で言うと、どうぶつやプレイヤーとともだちなっていくゲームだ。

どうぶつの森をしていて、ああ、そうかと思った。生活の楽しみ展にいたひとたちは、みんな「ともだち」なんだ。お客さんも社員もアルバイトも。だからあんなに、肯定的な、楽しそうな、やさしい雰囲気があったのか。

そういえば、いつか糸井さんがそんなことを言っていた。でも、やっと意味がちゃんとわかった気がする。そういえば、「マザー」もともだちが大きなテーマだよね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

「スキ」って「いいね」よりもエモくないですか?
60
noteやcakesを運営する会社の代表です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。