見出し画像

沖縄の伝統工芸、やちむんを探す旅|沖縄の思い出

”やちむん”という工芸品に出会って、心を掴まれたのは、たぶん6年前くらいの頃だったと思う。

22才くらいの時に初めて沖縄に行った時に
沖縄にどっぷりハマってしまってから、
年に4回ほどは足を運んでいた沖縄。

それから何度か沖縄へいくうちに、
青が鮮やかで温かみのある陶器に、心を鷲掴みにされたのが
わたしと、やちむんの始まり。


”やちむん”は、沖縄のことばで「焼き物」のことをあらわす陶器のこと。
沖縄がまだ”琉球王国”だった時代からある、伝統工芸のことだそうだ。

そんなやちむんの魅力に取り憑かれて、
私は毎年、12月か2月に開催されるやちむん陶器市にあわせて沖縄へ足を運んでいたけれど、
昨年の12月はうまく日程を合わせることができなかったし、今年2月は繁忙期もあったりと休みが取れないということがわかっていた。

うーん、どうしたものか。

12月も2月も陶器市にいくことが出来ない。けれど、

新しいやちむんとの出会いが欲しい。

と諦めきれず、

仕事が忙しくなる前、2月の陶器市を待たずしてまだ寒い冬の沖縄へ、
お気に入りの陶芸家さんや、工房や窯を巡る旅へ行こうを決めたのが、
この旅の始まりである。

そしてこの旅で出会ったやちむんの陶器がなんとも可愛くて
美しいものたちばかりで、本当にいい旅になったので、家に帰ってから
フィルムカメラでじっくり撮ったやちむんを、ひとつずつ紹介していこう。

ちなみに、結局今年の2月に開催予定だったやちむん陶器市は、
この”流行”(はやり)のできごとで、中止になってしまったそう...



深みのある青い器|井口工房


当日は那覇でレンタカーをピックアップし、
北谷(ちゃたん)でモーニングを楽しんでから、やちむん探しの旅をスタートさせた。

私と付き合うようになってから、
夫もやちむんのことが好きになり、この旅で夫が「一番、行きたい」と熱望していた井口工房さんである。

ちなみに、今回の旅はやちむんの里を中心とした読谷村エリアを巡る旅で、モーニングを楽しんだ北谷から、読谷村に向かうまでの間で一番初めに通るので、
那覇方面からスタートするのであれば、はじめに訪れるがおすすめ。


この日、初めて訪れる井口工房さんは、
ちょっと道が入り組んでいる住宅家にあるので余裕をもって出発した。

順調に車を走らせ、工房の近くまではくることが出来たけれど、
実はまだ工房がオープンされる10分ほど前だったので、
看板が出ていない。

グーグルマップやネットで検索しても、この辺りにあるということは確かではあるが、
なかなか入り口を見つけることが出来ず、うろちょろ。

うーん。この辺りのはずなんだけど。。。。

ここかな?通れそう?これ、車でいける?

なんてやりとりをしていたら、
ちょうど工房のご主人が看板を出し、工房まで案内をしてくださるという奇跡が。
さらには運転があまり上手とは言えない私たちの車のアテンドまでしてくれるご主人。
沖縄の暖かさを感じた瞬間だった。

ちなみに工房の前では、可愛い猫がお出迎えしてくれて、
工房の中では可愛いお子さんたちもお出迎えしてくれたので、
すべての癒しという空間がこの工房には詰まっていた。

やちむん1


私たちが悩みに悩んで購入したものは、全部で3点。

やちむん7

やちむん10


明るい白色と、深い沖縄の青のコントラとがかっこよく、
やちむんの中でもちょっと薄めのお皿が上品さを醸し出している陶器。

私がコレクションしているやちむんの中で、
一番この青が気に入っている。

どんな食材でも、どんな料理でも、”っぽい”雰囲気を出してくれるのが、井口工房さんの食器の魅力だと思っている。


重厚感のある、小さなお皿|北窯(やちむんの里)


井口工房さんを出て、次に向かったのは読谷村(よみたんそん)の中心にある”やちむんの里”。
ここは、いくつかの窯や工房が一体となっているエリアで、
それぞれ異なるやちむん作家さんの作品を一度に巡ることができる。

その中で、お目当てにしていたのが、北窯の器である。


やちむんの里の奥の方に工房を構えていて、
デザインや種類が豊富なので、いつでも何かしら欲しいものが見つかる。

やちむん3

取皿サイズの小さなお皿だけれど、かなり重厚感のある2皿。
深みはないので、汁物を入れてしまうとこぼれてしまいそうだけれど、
例えば、取り分けたカットケーキなんかもきっと合う。

他にも、ほうれん草の煮浸し、かぼちゃの煮物なんかも、きっと合う。


諦めていたコーヒー豆柄のお皿|読谷村共同販売センター


やちむん陶器市が開催されると、オープンと同時にほとんどの商品が売り切れてしまうほど人気な、やちむん作家の作品がある。

コーヒー豆柄の食器で有名な、工房十鶴さんのやちむんもその一つ。

工房十鶴は、販売工房をしていないこともあり、
やちむん陶器市ではない今回の旅では
購入することがむずかしいなと諦めていたのだが、
ダメ元で調べてみると、やちむんの里からすぐ近くの
読谷村共同販売センターで作品が置いてあるかもしれないという情報を入手。

期待しすぎては、ダメだぞと自分に言い聞かせながら向かった先には、
工房十鶴さんのコーヒー豆のお皿が残り1枚。

こればっかりは、夫よ!よくやった!と感謝してもしきれないほどの感動!

そして夫も、大事そうにその残り1枚となっていたお皿を胸に抱えて、
店内を見て回るという、ちょっと不思議な夫婦になってしまったのは、
今思うとすこし恥ずかしい。

やちむん5

それにしても、陶器市でさえなかなか手に入れることが出来ないのに、
ここにきて購入することができることに、運命的な出会いを感じる。
さらには工房十鶴さんの、他の作品にも一目惚れしてしまい、結局大物のお皿を追加で2枚購入した。


旅は何があるかわからないから面白いな

と、改めて愉悦を味わった。

やちむん6

余談ではあるけれど、
読谷村共同販売センターの隣にあった、
沖縄料理屋のゆいまーるが、閉店してしまっていた。

美味しくて、量も多くてお気に入りだったお店がなくなってしまって、淋しい気持ちも一緒に連れて帰ってきた気がする。
いつもあると思っていても、ずっとということはないのかなと。


おまけに


やちむん8

実は、工房の名前を忘れてしまったけれど、
小さくて可愛い、蓮根の箸置きも我が家に連れて帰ってきた。

ひとつひとつの形が異なり、それぞれいい味を出している蓮根。

他のやちむんの食器とよくあっていて、お気に入りの一つである。

今回の旅のように、
直接作家さんの工房へいくことで、
じっくり作品と向き合うことができ、悩む時間だったり、今あるお皿との相性、
どんな料理をのせようかなんて、ゆっくりイメージしながら選ぶことができる。

また、この”流行”が落ち着いた頃に、
やちむんを探す旅に出たいなと、思っている。

そして、来年はやちむん陶器市が開催されることを祈って。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後の活動費として使用させていただきます。もし良ければ、よろしくお願いいたします。

わーい!嬉しい!励みになります!
111
泊まることを目的に、旅にでたい。旅の記録や、泊まりたいはホテルなどを自由に綴ります。(WordPressからnoteへ引っ越し中) フィルムで暮らしを写す人。ホテルエッセイストになりたい。〜誤字脱字は個性〜

こちらでもピックアップされています

旅のキロク
旅のキロク
  • 4本

見た景色、食べたもの、感じたことなど

コメント (4)
ステキな器たちですね!
手に取りながらじっくり選ぶのは楽しいですよね ^ ^
玉城さん
ありがとうございます!
陶器市も好きですが、工房でじっくりと器と向かい合う時間もとってもよかったです♡
沖縄のご出身なんですね^^/羨ましいです〜!
味わいのある器ですね。眺めているだけでも楽しくなりますね。
成田さん
ありがとうございます!嬉しいです☆なんてことない料理も、華やかに見せてくれる魔法の器です♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。