月の始まり

決まって思い出す子どもの頃のこと

友達のお父さんが運転しながら

今日の月
爪の切りカス見たいじゃね

とこぼした

顔は見えなかったので
冗談だったのか
真剣だったかは
思い出せない

その日から
私には新月が見えなくなった

でも
たとえそう思ってしまっても
不思議とまだ美しいと思えるのだ

なんとも言えない鋭さ
白さ
冷たそうな感じ

周りの星に配慮していそうな謙虚さすら感じる

そして
何もかも忘れたふりをして

無責任に
あーこれから全てが始まる
と噛みしめる

とっくにハタチも過ぎたくせに何者にもなれていないし
明日すら来なければいいと思っている

のに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
そのしま・たな 1993年生まれ。小説や詩を書いたり、時々絵を描いたり。