見出し画像

待ち合わせ。

キクチリョウタ

2022.09.17 someno kyoto 5th Anniversary
「キクチリョウタ ワンマンライブ〜いまならいまから〜」
photo by 横田光亮(Twitter:@yokota_kosuke)

たくさんのご来場本当にありがとうございました。
デモ発売とワンマンを無事に終えてひと段落したので、書きたかったことをつらつらと綴ってみようと思います。

2年半ぶりのワンマンライブは、正直不安でいっぱいでした。
ソメノキョウト5周年の記念イベントにとお誘い頂いた時はとても嬉しくて「是非お願いします。」と言ったものの、延期に延期を重ねていたのでみんな来てくれるだろうか、もうライブはやらない人みたいに思われているんじゃないか、とか、そもそも2年半ぶりにステージに立ってちゃんと歌えるのかな、ちゃんと日本語喋れるのかな、とかそんなことばかり考えていました。

結果、満員のお客さんが駆けつけてくれてステージに上がった瞬間からその光景に少し涙腺が緩みかけたのですが、PA(音響)さんにスタートの合図で手を挙げた時、後ろのほうに見に来てくれていた小学校からの同級生(ありがとう)が自分に手を振っていると勘違いして手を振り返していたのが個人的にツボに入ってしまい、涙どころか危うくプルプルと笑いを堪えながら歌うはめになるところでした。

冗談はさておき。
ライブを再開出来た時は1曲目に歌うと決めていた「待ち合わせ」をようやくステージの上で、みんなの前で歌う事が出来て良かった。
ようやくあの曲が完成したような、そんな気がしました。

ほんとうにあっという間に時間が過ぎて気付けば物販に立ってました。
感染対策の兼ね合いでサインや握手は出来なかったのだけれど、それでもたくさんの人がCDやグッズを手に並んで下さって、本当に嬉しかった。
聞くと関西をはじめ、東京、千葉、神奈川、愛知、熊本、などなど本当に遠方から来てくださっている方がたくさん居て、台風も来ている中で不安だっただろうなと、本当にありがとう、という気持ちでした。
みんな満足してもらえたかなーと気になりつつも、Twitterやインスタグラムで感想を呟いて下さっている方もたくさん居て、こっそり読みながら胸をなでおろしています。

写真を撮りに駆けつけてくれた横田光亮くんにも感謝です。
ワンマンの4日前くらいにふらっと連絡をくれて、かっこいい写真をたくさん撮ってくれました。いつもほんとにありがとう。
ライブ中もなんだか一人じゃないみたいで、心強かったよ。

終わってみると、2年半ぶりのワンマンライブはただただ、最高の時間で
ミュージシャンとしての活力を存分にもらい、音楽の細胞が活性化するようなそんなひと時でした。
「ああ、これからまたライブができるんだ。」と思うと嬉しくてたまりませんでした。

コロナ渦以降、毎年作りすぎなくらいたくさんのデモを作って、それでも手に取ってくれる人が居て、こうしてライブを再開した時に駆けつけてくれる人が居て、恵まれているなーと痛感しています。
本当にありがとう。

ここ数か月でとても充実した音楽活動をさせてもらっているので、この活力をまた次の作品やライブに還元していきたいと思っています。
次回は東京の方でのライブを検討しているので、詳細が決まったら追ってお知らせしますね。

改めて、「キクチリョウタ ワンマンライブ〜いまならいまから〜」ありがとうございました!
そしてソメノキョウト5周年、おめでとうございます。

RyotaKikuchi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!