スクリーンショット_2017-08-14_21.25.57

Robinhood: Investing in Materialの和訳要約

【要約】

Robinhood: マテリアルへの投資 -アニメーションと写真によって、onboarding(オリエンテーションに近い意味合い)におけるUXを向上させる

株式を観たり買ったり売ったりできる、すばやいフィンテックアプリを構築することはとっても難しい。そこでRobinhoodは、motionとimageを使うことで、滑らかなonboarding(オリエンテーション)を行い、UXを向上させた。

・アニメーションと写真によって、onboarding UXを向上させる。 もっとも複雑性があるところをシンプルにするために、滑らかなアニメーションと説明でユーザーに理解してもらう

・色を活用し、危機的な変化を伝える 株式の変動などは、いち早く変化を読み取れる必要がある。変化を大胆な色使いで伝えることで、一目で気づいてもらう。

・Cardsを活用して、より変化に気づいてもらう 情報をグループ化したり、アップデートした内容などをカード化することで、気づきを与える。


【学んだこと】

touch ripples はUserに自信を与えるので、いい! UX向上に繋がる!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1996年6月生まれ https://ryosukefujiki.design/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。