誰かに相談をするとたまに解決のその先に行けることがある

「相談をすると相談のその先に行けることがある」

本当にそう思うから、今回はおととい行った【当事者研究】について簡単にレポートしてみたい。

今回で2回目となるsoarさんの#やってみよう当事者研究 に参加したのだ。今回ももちろんオンラインである。

趣旨説明の後、5~6人ほどのグループに分かれて各自が持ち寄った「今の困りごと」を共有する。

・ずっとパソコンに向かっているので、目や首がとにかく疲れる。

・今眠い(笑)


という長野的ユーモアに溢れた悩み(・・・でもこれが当時の真実だからね!)を自薦するわけはなく、僕がみんなで考えたいテーマとして推薦したのは、「相談職ゆえに(他者から相談されることが多く)自分の相談ができなくなってしまった」というこちらのテーマ。


画像1

↑ここからはファシリテーターとなったスタッフがインタビューアーとなり、本人から丁寧に言葉を引き出していく。

現状にフォーカスする10分間が終わった後は、我々参加者も寄り添いながら質問を重ねていく。

僕は「最近の気分転換方法は?」とお聞きした後、それに関連したこんなエピソードを披露した。


画像2

*これについてはまた、別の機会にお話ししたい。


今回のグループワークでは正直、解決策は出ていない。

それでも印象的だったのは、相談者のどこかスッキリしたような笑顔だ。


画像3

それを見ていて、思い出したことがある。

「答えを出さなくても、誰かのためになるんだ」


僕がトラちゃん(Try chance!)の構想を打ち明けた時、仲間は皆、ただただ話を聴いてくれた。

しばらくして「ここはどうしたいの?」と本根を引き出してくれた。

「何かできることはない?」と寄り添ってくれた。

「一緒にやっていこう!」と勇気づけてくれた。

けれど、その後「どうするか?」を決めたのは自分だ。

それができたのは「(困った時には)彼らが確実に背中を押してくれる」という安心感があったから。


「聴いてもらえるだけでいい」

「答えは出さなくても、答えは出る」

今回の当事者研究でも、そんなことを教わりました。


彼女の日常に光が差すことを願いながら、僕は今日も解決のその先へ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長野 僚

いただいたサポートは『Try chance!』の活動費や著者の交通費として、大切に使わせていただきます。

あなたの優しさ、受け取りました♡
2
「障害を忘れられる瞬間」を大切にする執筆家・講演家。~挑戦すれば道は拓ける!~の姿勢で2年前に本を出版。2020『Try chance』を立ち上げ。唯一無二の参加型コミュニティを目指し、月に1度【Ryo室空間】を運営。各地を旅しながら多くの子どもたちに寄り添う活動をするのが夢。