抽象的な言葉の言語化

84

楽しめるのも才能、悩めるのも才能

人は皆、何かしらの「才能」を持っている。 すごく陳腐な表現かもしれない。でもそう思う。普…

「大丈夫」はこだまする。

「遊ぼう」っていうと「遊ぼう」っていう。 「馬鹿」っていうと「馬鹿」っていう。 「もう遊…

「何者」って何者?

「何者かになりたい」 そういった議論って最近結構されている。 自分自身もそのようなテーマ…

言葉はお守りのようなもの

「○○とは」なにか。 そういった議論ってあると思う。 特に抽象的な言葉に対して。 成長と…

「なにを言ってるかじゃなくて、なんで言ってるかを考える」

岸田奈美さんの書かれる文章はどれも言葉選びが素晴らしい。 変にかしこまった感じじゃなく、…

泣きたい時ってあるよね。

なんかタイトルだけ見るとものすごく病んでるみたいだけど、そんなことではない。 病んでる、…

「優しさ」と「正しさ」の間に揺れる。

最初に保険をかけておくと、今日は綺麗に文章をまとめられる自信がない。 なぜなら今、揺れて…

僕はまだ、悩んでいないのかもしれない。

「○○さんって、悩むことあるの?」 人づてにそう言われているのを聞いたことがある。 最初…

「よく考えるっていうのは、相手のことをリスペクトしてるってこと」

束の間の休日に、読書をして過ごしていた。 今絶賛読んでいるのは「ぼくはイエローでホワイト…

「面白そう」が僕を突き動かす

「自分の人生における選択の基準」みたいなTHE 壮大なテーマは、これまで何度か書いてきた気が…