2020年からのIngressを振り返る―Ingress9周年に寄せて
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年からのIngressを振り返る―Ingress9周年に寄せて

RuinDig

Ingress9周年 - Ingress Year 9

Ingressは2012年11月15日にAndroid版の招待制テストプレイが始まり、2021年11月15日に9周年を迎え、2018年11月6日に配信開始したIngress Primeは2021年11月6日に3周年を迎えた。

Ingressが9周年を迎えた事に合わせて、ここでは、2020年以降のIngressについて、順不同になるが、様々なイベントや機能の実装などを紹介しながら振り返っていく。

※筆者はNiantic, Inc.の社員ではなく、Niantic, Inc.やIngressとIngress Primeとの提携関係はありません。

新型コロナウイルスの流行下とNianticのリアルワールドゲーム

2020年、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行によって、世界中の人々の外出機会が大幅に減った事で、リアルワールドゲームを取り巻く環境は大きく様変わりし、Ingressもその例外ではなかった。

2020年2月、沖縄県那覇市で開催予定だったイベント「ペルペトゥア・ヘキサスロン那覇」「ラック・ザ・ボックス那覇」中止となった。「ミッションデイ那覇」は延期になった。

また、イタリアのミラノで開催予定だった「ペルペトゥア・ヘキサスロン・ミラノ」中止になり、イタリアのミラノでの「ミッションデイ・ミラノ」と日本での「ミッションデイおうめ」「ミッションデイ呉」延期になった。その他にも、グローバルチャレンジやアノマリーイベントなど世界規模でのイベントが延期や中止になった。以下のファンサイトの記事には2020年3月18日時点のイベントの延期・中止の情報が載っている。

2020年3月30日、世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)の流行に伴い、「野外で楽しむ、探索する、運動をする」を基本とするNianticのアプリであるIngress、ポケモンGO、ハリー・ポッター:魔法同盟に自宅で楽しめる工夫が施される事になった。

ドローンネット

2020年6月、Ingress Primeに「ドローンネット」が導入される事が発表された。

ドローンネットの挙動としては以下の動画を見ると分かる。「ドローンの映像」を表示して、周辺に見えるポータルを選択してそのポータルへ飛ぶようになっている。ポータルではハックとグリフハックができるようになっているが、ポータルへの攻撃、レゾネーターやMODアイテムの設置はできない。

後に、ドローンネットの外観が一新されて、レジスタンスエージェント、エンライテンドエージェントが操作するドローンネットに見た目の違いが現れる、他のエージェントのドローンを表示できるなどのアップデートが行われた。

バーチャルファーストサタデー

これまで、世界各地で現地のIngressエージェントが企画・運営を行い、現地でエージェントが集ってきたファーストサタデー(毎月第1土曜日開催)は、オンライン会議ツールを通じて自宅で楽しむイベント、バーチャルファーストサタデーになった。

第1回を迎えたバーチャルファーストサタデーについては、Ingressエージェントでもあるフリーライターの深津庵さんがファミ通Appに記事を書いているので詳しくは以下を読んでもらいたい。

セカンドサンデー

任意のミッションを6個クリアする事に取り組む、セカンドサンデーというイベントが2021年7月から行われるようになった。

セカンドサンデーについては、Ingressエージェントでもあるフリーライターの深津庵さんがファミ通Appに記事を書いているので詳しくは以下を読んでもらいたい。

ブライアン・ローズさんとのQ&Aセッション

これはイベントではないが、Ingressに関する様々な情報を発信する有志のTelegramチャンネル「Ingress Updates [ENG]」で、NianticのIngressシニアプロデューサーであるブライアン・ローズさんへの質問が募集され、それに基づいたオンラインでのインタビューが有志によって行われ、以下の通りに、その様子を収録した動画が公開された。
動画の下側に映るのが、NianticでIngressシニアプロデューサーを務めるブライアン・ローズさん。(※動画は英語の自動生成字幕あり)

概要欄より、動画の構成は以下の通り
0:00 イントロダクション
1:20 ゲームバランスの変更と決定過程
3:44 エージェントアバターとアーキタイプ
8:22 余談
9:25 コミュニティレベルでのイベントにおけるパスコード利用の要望
17:05 ミッション作成ツールとミッション評価の振り返り
18:45 初期のIngressの思い出
25:27 コミュニケーションの問題とスキャナーでの特殊なエラーメッセージ
34:54 Ishiraの失念
35:14 ヴァンガードプログラムと拡大計画、ベータ版の開発、イベントPOC
44:51 感染症の世界的な大流行(パンデミック)、オンラインイベント、リアルイベントの再開と発展
57:39 将来の展望
1:07:16 エンディング

動画の内容そのものについては書き起こされていないが、2020年10月3日にブライアン・ローズさんがIngressフォーラムに文書形式で回答を公開している。

日本語訳は以下の通り。

XM Ambassadors:XMアンバサダー

XMアンバサダー(XM Ambassadors)はIngressフォーラム上でIngressに積極的な姿勢を見せるエージェントから構成されるアンバサダープログラムである。
2021年2月にXMアンバサダーの募集が行われて、2021年3月にXMアンバサダーに選ばれたIngressエージェントが発表された。

NL-1331X USサマーツアー

アメリカでは2021年8月4日から8月29日にかけてNL-1331X USサマーツアーが行われた。これまでの新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行下では数少ないミートアップのイベントであり、エージェントが現地に集う形式の公式イベントになった。

NL-1331X USサマーツアーの様子は以下の一連のツイートから窺える。

カリフォルニア州サクラメント

オレゴン州ポートランド

アイダホ州ボイシ

ユタ州ソルトレークシティ

コロラド州デンバー

テキサス州ダラス

テキサス州オースティン

テキサス州マルファ

アリゾナ州フェニックス

カリフォルニア州マリエータ

カリフォルニア州サンフランシスコ

バトルビーコン

2020年7月にバトルビーコンの出現が確認されて、2020年8月1日には新たなアイテム「バトルビーコン」として正式なテストプレイが台湾とオーストラリアで行われた。台湾でのテストプレイの様子は現地の有志によってTwitchで配信された。

バトルビーコンは、累積取得APが4000万APを超えたエージェントが任意のポータルにバトルビーコンを設置する事で、レベルを問わず全てのエージェントが15分間で小規模のポータル争奪戦を行えるアイテムになっている。

バトルビーコンを使った数少ない取り組みとして、日本では2020年11月7日に、愛知県西尾市にある愛知こどもの国でバトルビーコンを使った有志による非公式イベントが行われた。

愛知こどもの国のアカウントからツイキャスでのライブ配信も行われた。

キネティックカプセル

2020年10月、指定のアイテムを投入して8km歩く事で特定のVery Rareアイテムを生成するカプセル、キネティックカプセルが登場した。

キネティックカプセルは、Very Rareアイテム1個の生成につき8kmの徒歩移動(1日合計40kmまで)をしながら、Rareポータルシールド3個+レベル4以上のXMPバースター3個+レベル4以上のレゾネーター3個でVery Rareポータルシールド1個を生成したり、Rareヒートシンク3個+レベル4以上のレゾネーター3個でVery Rareヒートシンク1個を生成するアイテムになっている。

キネティックカプセルを使った一連の流れについては以下のファミ通Appの記事が詳しい。

なお、その後のアップデートとして、ハイパーキューブが新たに生成可能になった。

キネティックカプセルの生成アイテム5種類
1.
Very Rareポータルシールド1個: Rareポータルシールド3個+レベル4以上のXMPバースター3個+レベル4以上のレゾネーター3個+8kmの徒歩
2. Very Rareヒートシンク1個: Rareヒートシンク3個+レベル4以上のレゾネーター3個+8kmの徒歩
3. Very Rareマルチハック1個: Rareマルチハック3個+レベル4以上のレゾネーター3個+8kmの徒歩
4. SoftBank Ultra Link1個: Rareリンクアンプ3個+レベル4以上のXMPバースター3個+レベル4以上のレゾネーター3個+8kmの徒歩
5. ハイパーキューブ1個:L4以上のパワーキューブ10個+4000XM+8kmの徒歩

ポータルスキャン

2020年2月、ポータルスキャン機能が発表された。このポータルスキャン機能は、現実世界のポータルを自らのスキャナー(スマートフォン)でスキャンし、Nianticが手掛ける既存のポータルのダイナミック3Dマップの生成と、Nianticが更にリアルな拡張現実(AR)機能を将来的に構築できるように準備するためのものになっている。

2020年3月にアメリカにいるレベル16またはリカージョン済みのエージェントに対してポータルスキャン機能が先行して実装された。

ポータルスキャン機能は、最終的にレベル8以上のエージェントが使える機能として実装された。後述するGIFアニメーション画像は、Ingressフォーラム上でNianticのブライアン・ローズさんによって公開された、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ、Niantic本社があるフェリービルディングの裏に建つマハトマ・ガンジーの像をポータルスキャンした点群データである。(GoogleマップIngress Intel Map)

画像7
Intel Map:The Gandhi Monument at SF
画像1
GIFアニメーション画像:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ、Niantic本社があるフェリービルディングの裏に建つマハトマ・ガンジーの像をポータルスキャンした点群データ

GIFアニメーション画像の出典
ポータルスキャニングに関するお知らせ - Ingress Community Forums
https://community.ingress.com/jp/discussion/10653
"We have now started the opt-in roll out of Portal Scanning." Comment by NianticBrian - Portal Scanning - Ingress Community Forums
https://community.ingress.com/en/discussion/comment/72815/#Comment_72815

ポータルスキャン機能の実装後、ポータルに対するスキャン回数の多さに応じたポイントを競う要素になるスカウトコントローラーが導入された。

ポータルヒストリー機能

これまでに自分自身が過去に訪問してハックしたポータルやキャプチャーしたポータルの情報を確認する機能はなく、有効な方法は自分でメモなどをして控えておく事だった。そんな中で、2021年2月にポータルヒストリー機能がIntel Mapに実装されて、Ingress Primeにはver.2.65.1から実装された。ポータルヒストリー機能は訪問済み、キャプチャー済み、スカウトコントロール済みのポータルを表示する機能になる。

2021年7月にはポータルヒストリー機能の開発日誌がIngressフォーラムに公開された。

以下のブログでは開発日誌の日本語訳を記している。ポータルを訪れたデータを実装していく過程や処理にかかるコスト削減の工夫などが窺い知る事ができる。S2セルについても触れられている。

ニュースフィード

スマートフォン用のアプリで展開する多くのゲームタイトルとは違い、これまでIngressにおける様々な最新情報は主にアプリの外、すなわちSNSなどで情報を受け取る事が多かった。そんな中で、2020年12月にCOMMの画面にニュースフィードのタブが追加された。最新情報をはじめ、イベントの概要など、これまでアプリ内だけでは気付きにくかった情報へアクセスしやすくなった。ニュースフィード上のトピックによってはタッチするとIngressフォーラムの投稿などの詳細情報に移動する。

2020年の年末には、カウントダウンパスコードがニュースフィード経由で配信された。

C.O.R.E.サブスクリプション

2021年2月、Ingress史上初の月額課金システム、C.O.R.E.サブスクリプションが開始した。AndroidアプリのGoogle PlayストアiOSアプリのApp Storeを経由した月額課金で、日本円での価格は1ヶ月550円になる。

C.O.R.E.サブスクリプションの特典内容
・最大インベントリ容量が500個拡張されて、ポータルキーを含むアイテムを最大2500個保有できるようになる
・C.O.R.E.エージェントプロフィールメダル
・C.O.R.E.エージェントコードネームエンブレム
・毎月2500CMUボーナスの付与*
・毎月1セットのC.O.R.E.ロードアウトキット(リカージョンしたエージェントはC.O.R.E.ロードアウトキットに追加アイテムが付属)
*C.O.R.E.サブスクリプションのリリースから最初の30日間で登録した場合は7000CMUを付与、2ヶ月目以降は毎月2500CMUを付与
※CMU=カオティックマターユニット、Ingress Primeでのアプリ内通貨の名称

なお、Ingress Prime以外で月額課金システムを導入しているスマートフォン用ゲームの例としては、WFS『アナザーエデン』のプレミアムサービス「星天の導証」と「大地の導証」やスクウェア・エニックス『星のドラゴンクエスト』の「星の冒険者パスポート」になる。いずれもAndroidアプリのGoogle PlayストアやiOSアプリのApp Storeを経由した月額課金になる。

Niantic Lightship

Niantic LightshipはNianticが開発・提供するスマートフォン用アプリケーションを動かす一連のツールやサービスを含めたNianticのプラットフォーム全体をカバーしたり、スマートフォンで高度な拡張現実(AR)を使うアプリを開発するためのプラットフォームの名称。Niantic Real World Platformから改名した。Niantic Lightship ARDKは開発者用キットの名称になる。

2021年11月8日には、AR開発者向けプラットフォーム「Lightship」の正式リリースと、UnityベースのARアプリ開発キット「Niantic Lightship ARDK」の正式な提供開始を発表した。

【Niantic Lightshipグローバル発表会の配信】

【Niantic Lightshipグローバル発表会の配信・日本語字幕版】

以下の開発日誌に記されているが、Ingress Primeでは特徴点を視覚化したポータルスキャンNianticプロフィール、NianticフレンドとのNiantic ChatのクローズドベータテストNiantic Wayfarerで審査されたポータル(ウェイスポット)の毎日の同期などがNiantic Lightshipの機能として導入されている。これらに加えて、いつでも冒険モードやポータルスキャンのメッシュ表示が新たに追加される機能として公表された。詳しくは以下を参照。

日本語訳は以下の通り。

また、アメリカのカリフォルニア州サンタクララで開催されたAugmented World Expo 2021(AWE2021)では、IngressとNiantic Lightshipの統合について、Nianticのブライアン・ローズさんとアンソニー・マースさんの講演が行われた事が有志によって報告された。詳しくは以下のファンサイトを参照。

ストーリーライン

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行下では、Ingressの長大なストーリーラインにも影響した。

まず、Ingressのストーリーラインは2019年7月から「ネメシス・シーケンス」と題する新章が展開されていて、ネメシス・シーケンスの開始に際して、以下のトレーラー動画が公開された。

そこからしばらくして、2019年の10月から「テッセレーション」と呼ばれる、オンラインでの暗号解読(デコード)と外部ページの画像や動画などにアクセスできるメディアというアイテムをポータルハックで取得する行動を組み合わせて進行するパズルゲームのイベントが行われた。「テッセレーション」は以下のブログに記載したルールで進行していた。

ファンサイト「Lycaeum Wrap-Up」での解説は以下の通り。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行によって、2020年3月からルールが変更され、ポータルへ訪問する必要がなくなり、オンラインでの暗号解読(デコード)のみになった。変更されたルールについては以下のブログを参照。

テッセレーションはルールが変更になった上、日程も大きく遅れていた。

日本の沖縄県那覇市で開催予定だった「ペルペトゥア・ヘキサスロン那覇」とイタリアのミラノで開催予定だった「ペルペトゥア・ヘキサスロン・ミラノ」はテッセレーションに絡む事が想定されていたが、いずれも中止になり、代わってオンラインでの暗号解読が遅れながらも行われた。

以下は、「ペルペトゥア・ヘキサスロン那覇」に絡めて出題される予定だったと推測される、スタイン・ライトマンのテッセラとその手掛かりになるが、「ペルペトゥア・ヘキサスロン・ミラノ」絡めて出題される予定だったと推測されるテッセラは不明である。

ネメシス・シーケンスのフィナーレとして、ドイツのミュンヘンでレクイエム・アノマリーが2020年5月に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で延期になった。

テッセレーションの進行スケジュールが変化する中、ストーリーラインは進んでいった。

本来はレクイエムアノマリーが開催される2020年5月で終わるはずだったネメシス・シーケンスも、日程が大幅に遅れて、2020年7月にネメシス・シーケンスの幕は閉じた。

ネメシス・シーケンスとテッセレーションが終幕した以降も、ストーリーラインに進捗が見られた。

ネメシス・シーケンスの幕は閉じたと思っていたのだが、公式には「保留」となっている事が発表された。まだ完結していないのだった。

タブラ・ラサ事件に関連してカレンダーを使った謎解きが行われたり、エーオース・プロトコルに関連して新たな情報が明らかになる事もあった。

ストーリーラインの進行が滞る中、P.A.シャポーがIngressエージェントのコミュニティ「Behind The Scanner China」(ビハインド・ザ・スキャナー・チャイナ、BTSC)からのインタビューに応じながら、暗号を通じて未解決事件に関わる新たな文書を明らかにするという事もあった。

未解決事件【M.A.N.I.A.】についてはファンサイト「Lycaeum Wrap-Up」の以下の解説を参照。

時には、P.A.シャポーがストーリーラインに興味を持ち始めたIngressエージェントに向けて、自らの素性とXM(エキゾチックマター)に関する秘密を明らかにするという目的を改めて説明する事もあった。

ストーリーラインの登場人物の1人であるビクトリア・クレーゼがIngressフォーラムに現れた事で新たな情報がもたらされる事もあった。

P.A.シャポーがIngressのストーリーラインの調査コミュニティ「Project Lycaeum」(プロジェクト・リュケイオン)からの質問に回答する事もあった。

今日まで、Ingressのストーリーラインに関するP.A.シャポーからの投稿はなく、最後に確認できたP.A.シャポーからの投稿はアメリカ・テキサス州オースティンにあるブーロック・テキサス州歴史博物館の前に建つローンスターの写真が最後になっている。(テキサス州は一つ星が描かれた州旗からLone Star Stateとも呼ばれる。)

画像10
Intel Map:The Lone Star Plaza (Lone Star Plaza=ローンスター広場)

Ingressのストーリーラインの進行が停滞する現在、ファンサイトの「Lycaeum Wrap-Up」では、時を遡って2012年からストーリーラインを振り返る企画が進行している。Ingressは2012年11月15日にAndroidアプリの招待制テストプレイを開始したが、前触れはそれ以前に始まっていた。

Niantic Project(ナイアンティック計画)のTwitterアカウントは「秘密はもうすぐ明らかになる」と、IngressがAndroidアプリの招待制テストプレイを開始する約5ヶ月前の2012年7月12日に最初のツイートを投稿している。

IngressがAndroidアプリの招待制テストプレイを開始する約3ヶ月前の2012年8月16日にナイアンティック計画(Niantic Project)を「不吉なもの」とツイートしたのは、『トランスフォーマー』などを手掛けた脚本家・ゲームデザイナーのフリント・ディルさん。Nianticの一員でもあり、2018年にフジテレビ系列で放映されNetflixで現在配信中のアニメ『イングレス』ではストーリーコンサルタントを務めた(オープニングクレジットを参照)。

FictoでのIngressオリジナル作品配信

2020年2月にアメリカのモバイルストリーミングサービスのFicto(フィクト)はIngressのオリジナル作品の配信に関するNianticとの提携を発表した。その後の2020年3月に第1話、第2話、第3話が公開されて既に1年以上が経つが、2021年11月4日時点では第4話以降の新しい物語は全く追加されていない。

画像8
画像9
画像10
2021年11月4日時点でのFictoで配信中の『Ingress: The Series』の第1話から第3話まで。

その他の各種イベント・キャンペーン・機能など

2020年以降のIngressは、エージェントが集う形式の有志・公式イベントは限りなくゼロに近くて機会が少ないものになっている。その一方で、これまでに以下のようなアプリ内イベントやキャンペーンなどが行われてきた。

書籍

2021年、Ingressに関連する内容が掲載された書籍は2つある。

Google在籍時にはGoogle Doodle(ホリデーロゴ)を手掛けた事で知られ、現在はNianticで副社長を務める川島優志さんの著書『世界を変える寄り道 ポケモンGO、ナイアンティックの知られざる物語』(日経BP社)がソフトカバー(紙)とKindle(電子書籍)で読める。IngressとポケモンGOの開発・運営に関するエピソードはもちろん、川島さんの幼少期や学生時代、Googleへの入社、社内スタートアップだったNianticへの参加、Googleから独立したNianticに加わる多士済々の社員の方々、Ingress・ポケモンGOでの各種イベントでの川島さんの視点など、多くの出来事とエピソードが記されている。

【ソフトカバー(紙)・Amazon】

【Kindle(電子書籍)・Amazon】

【ソフトカバー(紙)・honto】

【電子書籍・honto】

画像2
帯が付いた『世界を変える寄り道 ポケモンGO、ナイアンティックの知られざる物語』の表紙
画像3
帯を外した『世界を変える寄り道 ポケモンGO、ナイアンティックの知られざる物語』の表紙

『世界を変える寄り道 ポケモンGO、ナイアンティックの知られざる物語』を読んだ感想は以下のnoteに記した。

雑誌『アイデア』の第395号では、Nianticで副社長を務める川島優志さんと、同じくNianticでユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーを務める石塚尚之さんを交えたIngressとポケモンGOに関するインタビューが掲載された。

【Amazon】

【honto】

画像4
雑誌『アイデア』395号の表紙
画像6
雑誌『アイデア』395号の裏表紙

Nianticの川島さん・石塚さんのインタビューをはじめ、『アイデア』の第395号を読んだ感想は以下のnoteに記した。

―Ingressはこれからも続く―

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
RuinDig

読んだ後はよろしければサポートのほどよろしくお願いします。

The🌏around u is not what it seems.
RuinDig
Ingress/Resistance PokemonGO/Instinct Amazon.co.jpアソシエイトメンバー Work at IBM Japan. Posts are my own. 在職エントリ:https://bit.ly/yuchibmjp