見出し画像

polcaおじさんの2018年振り返り。心に残った12選と、支援履歴(支援数・合計金額、種類)--公式"元祖"polcaおじさん-

まもなく2018年も終わりですね。今年もpolcaおじさんとして色々活動してきました。8月はpolca1周年で公式のpolcaおじさんとして任命していただき嬉しかたっです。よく考えてみたら1年間は非公式だったのですねw

polcaおじさんとしての2018年を振り返ってみようと思います

polcaおじさん的「2018年心に残ったプロジェクト12選」

ベスト10とかにしようと思ったのですが、ランキングをつけるのも何か変だなーと思ったので、各月で心に残ったプロジェクトをまとめてみました。

支援一覧をバーっと眺めて、パッとプロジェクト内容が思い出したものがメインです。

1月。心温まるプロジェクトですね。おしゃれすることで人は心が豊かになるので、こうやってどんな人にも温かくなるプロジェクトってなんだ好きです。

2月。やっぱりこれはすごい印象的でしたね。当時中学生の楽くんがpolcaを使って成長のために一人旅をするプロジェクト。中学校の時、そんなんできなかったですもん。3月、5月のpolcaMeetupに連続で登壇してもらいました。今後、彼がどうなっていくかすごい楽しみです。

新しい形のリサイクルを作りたい!!!たまに道端で見かけるあの「ご自由にどうぞ!」をスタイリッシュにデザインできたら、捨てられてしまうはずだったものが地域で循環し、誰かにとってのゴミが誰かにとっての宝になるはず。オランダではバッグを使って行われているのを発見しました。ゆくゆくはバッグの開発を視野に入れ「ステッカー」を使って地域循環社会のプロトタイピングをしていきたいと考えています。そのイケてるステッカーの制作費をpolcaで集めたいんです!!!支援の輪が多ければ多いほど、バッグ開発のエビデンスにもなりますし、何より私の原動力になります!!!制作費の内訳は、概算ですがデザイン費50,000円、印刷費が10,000円です。デザインは私の事業パートナーで将来有望な腕利きのグラフィックデザイナーに依頼します。完成したら説明会を実施して、ステッカーの配布をしていきます。どうかご支援宜しくします!!! - polca(ポルカ)"説明会参加権、後日デザインプロセス公開"を支援のおかえしとして受け取ることができます。polca.jp

3月。社会問題をデザインという切り口で解決するすごいいい活動。田中さんもすごい印象的だったので、polcaMeetupに登壇してもらったり、polca広場に入ってもらったり、プロジェクトを支援した以外でも今でも繋がってます。

4月。そう、やっぱりこれは心に残りますw8月の1周年の時にお披露目式しましたね。campfireの受付にこの新パネルが今あります。このパネルの裏に支援者の名前が書いてます。

中学3年生の力で、地方を盛り上げたい! むかし多くの人が訪れた清里高原。しかし、僕が友人と訪れた際、そこには閑散とした風景があり、物悲しくなりました。清里はとてもいい街です。かつての活気を取り戻すヒントを、現地に行って見つけます! しかし中学生の僕達には車もつかえず、お金も少ないです。僕たち二人で、明るい清里の復活にむけて現地へ行くため、交通費だけでもお願いします! 現地の人に調査をしたり、大自然を肌で感じたり、見たりして、復活へのヒントを探したいです!帰ってきた後に、パンフレットの作成を通して、周りの人に伝えていきます!応援よろしくお願いします! - polca(ポルカ)"僕達の情報発信用facebookグループに招待し、パンフレットを差し上げます!清里が元気になります!"を支援のおかえしとpolca.jp

5月。こちらは楽くんがpolcaMeetup中に共有したプロジェクト。若い人の力は凄まじいのでこれからも若い子には色々挑戦して欲しいし、応援していきたい。

【21歳!個展の夢へ挑戦】今まで築き上げた作品を観てもらいたい!人に感動や影響を与えたい。 【はじめに】小さい頃から絵やデザインに興味があり、高校の美術部入部をきっかけに本格的に絵を描く事を始めました。最初はまわりと比べて自分の作品に対してネガティブで、観るのは好きだけど描くのは向いてないんじゃないか…。と思う事もありました。作品制作をしていく過程で個性の大切さや自分の世界観を表現する楽しさ、やりがいを感じ新たな自分を発見する事が出来ました。 【企画について】 高校卒業後、絵を人に観てもらう機会はなく、不意に眠っている自分の作品を眺めていたらこの作品達はこのまま誰にも見てもらえずに生涯を終えてしまうのではないか…と悲しくなりました。クラウドファンディングを知って、もう一度人に観てもらいたい。観た人の生の声を聞きたい。という強い思いから憧れであった個展へチャレンジしようと思いました! - polca(ポルカ)"オリジナルポストカードに手書きでお礼を書いて送ります。イベントが決まったら招待状を送ります。"を支援のおかえしとして受けpolca.jp

6月。こちらはその後、場所探しに苦労していて、僕がCampfire社と繋げて、受付に数ヶ月飾ってもらうことになりました。何か困ったことがあれば、おじさんにご相談くださいw

【初海外!初日本!】 大好きなベナン人の友達をもてなしたい! 昨年11月に、西アフリカのベナン共和国に訪問した時にお世話になった友達ベルアンジュちゃんを日本に招待し、私が企画している小学生〜高校生向けの国際協力×リーダーシップキャンプで、ゲストスピーカーをしてもらいます! 無事7月22日に来日し、約1ヶ月間滞在します! ベナンと日本を繋ぐブランド、シェリーココの現地マネージャーでもある彼女は、日本の”カワイイ”にも興味深々! せっかくの初海外&初日本、少しでも日本を知ってもらう体験をしてもらいたいのですが、観光や滞在のお金があまりない為、今回polcaを実施しました。 リターンは、ベルアンジュちゃんがTwitterで皆様からのご支援で体験したことを呟いてレポートします! ベルアンジュのTwitter : ‪@belange_japan ‬ どうぞ宜しくお願いします! - polca(ポルカ)"Twitterアカウントで滞在の様子をベルアンジュ自身がレポートします"を支援のおかえしとして受け取ることができます。polca.jp

7月。おもてなしの気持ちがすごくよかったです。日本の色々なところに行って、体験したいとのことだったので、江戸川の花火をお誘いしいましたが予定が合わず。また、いらっしゃった時におもてなししたいなー。

【22歳女子大生!人生初の海外!1人でアメリカ🇺🇸に渡ります!】これまで1度も日本から出たことのない私が、ずっと憧れていたアメリカ留学を実現させます!これまで大学で英語教育を学びながら、独学で英会話とアメリカ文化の学習に取り組んできました。来年4月から英語の教員になる身として、私の留学経験を、日本の子どもたちの教育に活かしたい(^^)🗽留学計画と公約→2018年11月ロサンゼルスへ1ヶ月。語学学校へ通いながら、現地アメリカの文化をリアルタイムで日本へ発信します!(instagramにてライブ配信を予!)そして留学に行くまでの間、ここには書ききれない英語学習やアメリカに対する思いを、私のWordPress( http://rinam.s1006.xrea.com/ )に投稿していきます!このpassionを受け取って、サポーターとして一緒に夢を叶えてください✨応援よろしくお願いします♪ - polca(ポルカ)"支援者の方だけに向けて、LA現地からスペシャル✨な情報をメール配信します!(^^)お楽しみに★"を支援のおかえしとして受polca.jp

8月。僕も留学して色々な成長ができたので、応援したくなりました。あと律儀に留学が開始したこともDMをいただき、さらに応援したくなりました。

9月。シンプル過ぎてついつい吹いちゃったプロジェクトですwこういう面白系もたまに支援したりしてます。

【フィリピンの子ども達へクリスマスプレゼントを届けたい!】 今年で3回目、子ども達へプレゼントを配りにフィリピンへ渡航します。プレゼント代・イベント運営費のご支援お願いします! 「誰かが喜ぶこと・笑顔になる事」それが最高級の喜び ボランティアのあの暖かい雰囲気や空気感がたまらなく、これを多くの方にシェアしたいと想い、今年はCFを使うことにしました。 2016年・2017年の様子→ http://polca-tabi.com/phvolunteer/ph2018/ 一緒に配る仲間は、2013年にフィリピンを襲った巨大台風ハイエン以降ボランティア活動を続けている、主に台風被災地の若者達です。余ったお金はグループの活動に寄付させていただきます。 みなさま、よろしくお願いします! - polca(ポルカ)"5回の渡航で撮り溜めたフィリピンの写真7枚程&活動報告"を支援のおかえしとして受け取ることができます。polca.jp

10月。こちらも素敵プロジェクト。この後、彼がpolca広場に入ってもらって一緒にpolcaクリスマスをやりました。polcaつながりでご縁ってすごい広がった1年だなと。

11月。京都polca食堂で出会った彼女。プロジェクトを立ち上げてみたいけど、不安だと悩んでらっしゃったので、polcaの良さとそういう思いをすごい伝えて立ち上げてくれました。

【 20年間の感謝を込めて海外から母に花束を贈りたい 】こんにちは!私は海外留学中の今年ハタチになるものです!年明けには成人式がありますが帰国する飛行機代と振袖代を考え日本に帰るのは諦めることになりました。そこで振袖姿を楽しみにしてくれていた母に20年間の感謝を込めて大きな花束を贈りたいです。小さい頃は病気がちで沢山の苦労をかけたし、反抗期には毎日のように喧嘩になることもありました。決して裕福ではないながら海外留学までさせてもらい感謝してもしきれません。自分のお金で贈ることが1番ですがビザの関係でバイトはできません。そこで皆様の力を借りれないかと思いポルカに投稿しました!20歳の誕生日も成人式も母には会えませんが私の感謝を届けるために良ければご支援お願いします! - polca(ポルカ)"圧倒的感謝"を支援のおかえしとして受け取ることができます。polca.jp

12月。母への感謝がすごい伝わってくるプロジェクト。年末年始の帰省前にこれをみて、僕も何かやろうかなと考えさせられたプロジェクトでした。


12個ピックアップしてみましたが、一覧をばーーーっと眺めると色々思い出深きものが多いですね。振り返ることっていいなー。

ちなみに一番高額の支援をしていたのは

いつもお世話になってるジンさんのこのプロジェクト。すぐに達成して彼の普段からの信頼がすごく可視化されたプロジェクトでした。

たまに「全然支援金が集まらないのでどうしたらいいですか?」という質問をいただくことがある。

そりゃーあもちろんプロジェクトの見やすさ、写真のわかりやすさとかもあるんだろうけど、結局は

信頼されてるかどうか

色々なプロジェクトを今年もたくさん見てきましたが、達成してるプロジェクトはプロジェクトページだけで、その人の誠実さ、想いなどが伝わってきます。

意外と周りの人は見ています。

誠実な人ほど「for me」の精神ではなく、「for you」の精神です。

2019年、自分自身ももっと誰かのためにということ意識してきたいと思います。

polcaおじさん的「2018年支援履歴(数と種類とお金)」

多分、みんな気になってると思います。このおじさん年間どんだけ支援して、どれくらい使ったんだろうと。

おじさん、頑張って集計して見ました!ただし、支援履歴を目視でサーっとみてやったので、確実にあってるとは限りません。

ここから試験的に有料でやってみようと思います。ここで得た金額はまたpolcaで誰かに支援します。

①どんな種類?

②何回支援した?

③合計いくら支援した?

この3点です

この続きをみるには

この続き:638文字/画像2枚

polcaおじさんの2018年振り返り。心に残った12選と、支援履歴(支援数・合計金額、種類)--公式"元祖"polcaおじさん-

前田塁

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金は、これからのpolca/polca食堂の活動の資金に活用させていただきます。これからも、いっぱい頑張ります!!!

3
「株式会社サイバーエージェント/株式会社CyberZ」所属。200人を超える部員のCA料理部(部活)の部長。平日の夜/週末は主に料理活動。BASEPASTA公式アンバサダーなど。週末は恵比寿/六本木の飲食店運営。夢に向かって頑張ってる人を応援する"0円"食堂「polca食堂」運営
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。