見出し画像

[マレーシア-06]魅惑のコタキナバル その1〜街中散策と衝撃のタンジュンアルビーチ

(龍論 2012/09/25 - 21:09)

こよなく愛するAirAsiaでペナン島から東へ1700km。やってきましたコタキナバル。

これだけたくさんの街を回ってると、流石にその街が自分に合うかどうか直観的に分かるようになってくるのですが、その直感がささやきます。ここはイイぞと。

宿に荷物を置いてさっそく街へ繰り出します。

幸い宿のすぐ裏が高台になっていたのでそこへ登って街の全景を確認。

画像1

僕にとってはこれがまさにコタキナバル。

写真の左の方は、木が写っていることから分かるとおりジャングルです。そしてちょっと分かりづらいですが、写真の右端は海です。

つまり、ジャングルと海の間を海岸線に沿って細長く開拓して造られたのがコタキナバルの街。

海からジャングルまでは徒歩10分ほど。市街地のみに限ればとてもコンパクトな街です。

街中は写真でも分かるとおりかなり開発されており、大型のショッピングセンターから飲食店、海辺のマーケットなど何不自由なくモノが揃います。

海と山と都会がコンパクトに集まっているところが僕から見たコタキナバルの魅力です。

翌日、満を持して街中を散策。

まずは市街地の東北の端にあるフェリーターミナル。

画像2

ダイビングショップがあったので早速翌日のサピ島ダイビングを予約(≧∇≦)

画像3

桟橋はこんな感じ。

画像4

フェリーターミナルを出て、ここから南西へ海岸沿いに歩きます。目的地は空港近くのタンジュンアルビーチ。

フェリーターミナルの近くには大型ショッピングセンター。便利です。

画像5

この辺はビーチではなく商船ばかり。

画像6

マーケットがありました。

日用品に、

画像7

食料品、

画像8

そして海産物となんでも揃います。

画像9

ふと陸側に目をやると高層マンション群。

画像10

もちろんホテルも。

画像11

海を右手にずんずん進みます。少し中心部から離れてきました。

画像12

海岸沿いにゴルフ場が。

画像13

Stera Harbour Golf Clubでごわす。おうおう。

画像14

ゴルフ場の隣にはマリーナが。

画像15

船いっぱい。

画像16

帆船。かっちょいい!

画像17

こちらの先進的なスタイルもなかなか。

画像18

更に進んで、シャングリラホテルへ潜入。うん、場違い。

画像19

ホテルのプールに、

画像20

プライベートビーチ。優雅ですな。

画像21

更に南西へ進みます。完全に郊外。空港もだいぶ近くなってきました。

画像22

空港からの客を歓迎&見送るゲートかな。

画像23

本日の目的地タンジュンアルビーチに到着!

画像24

ドリアン始めました。

画像25

タンジュンアルビーチがこちらっ!

画像26

画像27

このビーチ、かなり衝撃でした。

なんていうか、果てしなく浅いんです。まっ平らな砂地の上に波がなだらかに押し寄せて、鏡面のようになってる感じ。

いままで白い砂浜はたくさん見てきましたが、こういったタイプのビーチは初めて。良いところを見付けました。

動画でもどうぞ。

夕日も絶景。

画像28

ビーチにあるフードコートでそのまま夕食。

画像29

美味。

画像30

 以上、フェリーターミナルからタンジュンアルビーチまでコタキナバル散策でした。

フェリーターミナルを出たのが朝10時で、タンジュンアルビーチに着いたのが16時頃。あっちゃこっちゃ寄り道しながらよく歩きました。

次回は今回紹介しきれなかった、街中の写真をもうちょっと紹介します。


【2021/03/04 追記】
散策しててテンションあがった街、1,2を争うコタキナバル。また行きたい、てか住みたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムダが大嫌い。 整理整頓、効率化が大好き。