見出し画像

[カンボジア-01]カンボジア到着!さっそくアンコール・ワットへ!

(龍論 2012/09/09 - 15:32)

ハノイホーチミンと訪れたベトナムを後にし、次の目的地はカンボジア!

ベトナム航空でアンコール・ワットを擁するシェムリアップに到着です。

ホテルのチェックインまでちょっと時間があったので、空港で早速アンコールビア。

画像1

無事にチェックインを済ませいざ観光へ繰り出します。

今回の旅全体のテーマが「住める・住みたい街探し」なので、基本的にはどの街も自分の足でじっくり歩き回るようにしているのですが、カンボジアだけは回りたいところがたくさんあるのでトゥクトゥクをチャーターしました。

相棒のロム。よろしく頼むぜ。

画像2

さて何はともあれまずはアンコール・ワットへ行かねば!

堀を回って、

画像3

画像4

到着っ!

画像5

画像6

画像7

画像8

じわじわと中へ入っていきます。

画像9

壁画がめっちゃ精細。

画像10

画像11

画像12

画像13

細部まで一切ぬかり無し。ホント凄い!

画像14

画像15

画像16

画像17

さあいよいよ中央祠堂。

画像18

画像19

本日はクローズ!

画像20

掃除日(?)のため中央祠堂には登れませんでした。。ので眺望は次のプノンバケンで望むことに。

いやーしかし圧巻でした。今回の旅の中で各地で寺やパゴダを見てきましたが、アンコール・ワットが一番凄い!細部に渡る徹底したこだわりが凄まじいまでの存在感を醸しだしてます。いやー凄い。

イタリアのミラノで巨大なドゥオーモを見た時の衝撃にちょっと近いものがありました。

と、いきなりのアンコール・ワットに打ちのめされつつ、ちょうどいい時間になってきたので夕暮れの景色を眺めるべく次はプノン・バケンへと向かいます。


【2021/02/18 追記】
また行きたい。2~3日かけてゆっくりまわりたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムダが大嫌い。 整理整頓、効率化が大好き。