見出し画像

音楽の上手い、下手という価値観が変わる時代

フィールドを毎瞬、色とりどりにクリエイトする皆さま、こんにちは。

今、世の中のあらゆる価値観が変わりつつあります。

そんな中で、音楽を表現の一つにしてきたものとして、「音楽」そのものが変わってきていると感じる話を少し。。。^ ^

今、音の在り方そのものが変わっていく時代の入り口だと思っていて、実はすごいことが起こっていると思う、という話です。


音大を出た私たちのことを、世間では
「再現芸術家」と呼びます。

例えば、モーツァルトとか、ベートーヴェンが作った音楽の楽譜を、何も損なうことなく再現することが一番に尊重される音楽だからです。

モーツァルトの「夜の女王のアリア」を、オペラの最中に、勝手に自分なりにアレンジして歌うことは許されていないし、
聴きに来た人も、誰も求めていない。


モーツァルトの楽譜の音で、もしくはその時代の楽譜で一番本人が主張したであろう旋律、音を、再現することが求められているのが、再現芸術だからです。


これはこれで、同じ枠の中で、人や時代が入れ替わりながら、限界までの音色の違い、表現の違い、技術の音色の幅を広げ、高め、
それを楽しむもので、面白いし、醍醐味があるのですが、

わたし個人は昔から、

「究極の音楽とは、
意識もせずに、ほがらかな気分が鼻唄になって、
自然に何か口ずさんで出ている音や歌」

だと思っています。


なので、上手い、下手ではなく、
本来、時代も関係なく、心から自然に溢れた音、

みたいなものが音楽の元で、

誰でも、こういうものを表現することが許されて、当たり前になればいいのに、と思っていました。

そんなことを思いながら何十年も音楽をやってきて、即興演奏をやるようになったのですが、

そんな中、今回のコロナのことで、回ってきたある動画がありました。


https://youtu.be/PvqWYkNTgyM

ケルティックハープオーケストラという、何十人ものハープ弾きが一堂に会して、演奏をするという珍しい団体の演奏です。

ハープが好きで、YouTubeで観ていたのですが、今回コロナでロックダウンしても世界を超えて一緒に演奏しましょうと呼びかけて、ネットで繋いで同時演奏をこの動画で演奏したようでした。

昔なら、演奏を世界に配信する時は、特に

プロと呼ばれる人は、完成されたものを届けるべきである、

というのが常識でした。

でも、今は、

なぜ、それをやるのか、
が、何より大切で、
それによって、音の良し悪しで喜びが溢れるのではなく、
その想いを届けるための技術に、想いに、
感動して、心が揺さぶられるのです。

各地から、タイムラグがある、編集もされていない、音のタイミングのずれた音楽を配信することは、昔では考えられないことでした。


今日では、トラブルのある空港の中で、オーケストラの団員がバイオリンを弾いて、みんなが和やかになる、とか、

街角でピアノがあればみんなが弾いて、上手かろうが、下手だろうが、みんなが笑顔になる。

そういうことが、自然に配信されて、みんなの心が温まる。

ロックダウンで外出できなくても、ベランダから演奏して、みんなでベランダ越しに歌ったり、喜び合う。


ほんとに、すごいことが起きている。


ジャッジのない音の世界が、どんどん当たり前になっている。。。



昔、楽譜がなく、手を叩き、足を鳴らし、
声を出し、踊りながら歌い、

労働の時も歌い、
子どもを寝かしつける時に歌い、

楽譜通りに上手く歌わなければ、ということは全くなかった頃の、自由な音楽が、私たちの手に返ってきていると思いました。

(ちなみに、ケルティックハープオーケストラの皆さんは、すごくキレイな演奏です。
編集されていない、という意味での引用です
^ ^)


学校の講義をしていると、子ども達が、
西洋の音楽や音の並び以外の音が存在することすら、想像もしていないことに驚かされます。

情報が断絶されています。

ドレミファソラシド以外の音の組み合わせがあり、

そのヘルツに種類があって、
決まったヘルツの音しか聞いていない音の世界の中にいる話をすると、皆キョトンとした顔をします。

もっともっと、音楽とは、
音とは自由なもので、

でも、実は数字で表すことができ、
深遠なもので、
知らないところで思わぬ作用を受けていて、
でも、それを、自分の声で、どのようにでもコントロールできることは、
皆が享受しないといけない大切な情報だと思います。


今回、こんなことがないと、絶対に聞くことも見ることもなかったであろう、ハーピスト、ハーパー達が見られて、音楽が聴けて、感激でした。

個人的に、ケルティックハープが昔から大好きだったので。。。(^^)

いろんなコミュニティや団体が、いろんな暖かい発信を世界中でしてくれていて、ありがたいです^ ^


想いの方が、音楽の上手い下手の次元を超える時代に入った、そんなお話でした。



ありがとうございました。



今日も皆さま、安心の夢と音に包まれて眠れますように。。。


戸張碧月







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

thank yoooooou!
7
クリスタルボウル、クォーツフォン、ソプラノ演奏家、教師。光る絵ステンドグラスアート、製作販売。絵本製作。「日常から非日常の楽しく彩り豊かな時間を体験できる空間と時間を」と活動しています。instagram 戸張碧月 https://root88.thebase.in/

この記事が入っているマガジン

カルチャーとサブカルチャーの隙間から
カルチャーとサブカルチャーの隙間から
  • 14本

カルチャーとサブカルチャーの隙間から、徒然ます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。